2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト
無料ブログはココログ

2017年4月20日 (木)

『ジャッジメント』 小林由香

41xphp8amjl__sx336_bo1204203200__2

amazon紹介文より

大切な人を殺された者は言う。「復讐してやりたい」と。凶悪な事件が起きると人は言う。「同じ目にあわせてやりたい」と。犯罪が増加する一方の日本で、新しい法律が生まれた。目には目を歯には歯を―。この法律は果たして被害者とその家族を救えるのだろうか!?第33回小説推理新人賞受賞。大型新人が世に問う、衝撃のデビュー作!!

» 続きを読む

2017年4月 4日 (火)

2017 大阪マラソン エントリー

今日は大阪マラソンの市民アスリート枠のエントリー日。12時か前からスタンバイをして、いざエントリとクリックするものの、混みあっているという内容の英語のメッセージが延々と続く。
続く・・・・・
続く・・・・・
続く・・・・・
続く・・・・・
続く・・・・・
続く・・・・・
続く・・・・・
続く・・・・・
続く・・・・・
続く・・・・・
続く・・・・・
続く・・・・・
続く・・・・・
続く・・・・・
続く・・・・・
続く・・・・・
続く・・・・・
続く・・・・・
続く・・・・・
続く・・・・・
続く・・・・・
続く・・・・・
続く・・・・・
続く・・・・・
続く・・・・・
 

» 続きを読む

2017年4月 2日 (日)

第7回 なにわ淀川ハーフマラソン

いよいよ、新シーズンのスタート。ここ数年参加している標記の大会に参加してきました。
ただ、調子はイマイチ。実は、昨日の土曜日に長女の大学の入学式に行き、京都で一人暮らしをするのでマンションを探し、バタバタしてしまいました。京都までの往復運転、渋滞。長時間の運転は腰痛持ちにはつらいです・・・・・・。
身体が、重い状態でレースを迎えることとなりましたが、みんないろんなことを抱えつつ走るものなのですよね。

18'36(173)-18'46(173)-19'26(170)-23'42(177)=1:20'30(平均心拍数172)

結構心拍数的には追い込めたと思います。
前半10㎞までは80分切りのいいペースでしたが、後半脚が動かなかったですね。昨年は80分を切れたのですが、今年はダメでしたね。加齢のせいにはしたくないですが・・・・。
まぁ、水曜日の5000mTTの結果からして妥当なところなんでしょうが、先を見据えて練習と体調管理をしっかりとしていきたいと思います。
 
体系関係者の皆様、本日はありがとうございました!

2017年3月30日 (木)

尼崎NR

いよいよ、新シーズンのスタート。暑くなるまでスピード強化に重点を置きつつ走る予定です。まずは現状確認のために久々に尼崎のトラックで5000mのTTをしてきました。
 
3'34-3'40-3'40-3'41-3'37=18’15(平均心拍数155)
 
 
最初、自重したつもりでしたが、全然余裕がなかったですね。ラスト1㎞は少し上げることができましたが、まだまだ力不足です。
あと何回かトラックで5000mTTにチャレンジです。どこまで底上げできるか楽しみですが・・・・。よろしくお願いします。
 

2017年3月26日 (日)

京都へ

週末の土曜日は高校3年の時の同窓会。担任の先生が退職されて塚口で居酒屋をやっているので、そこで久々に会うこととなり楽しい時間を過ごすことなりました。土曜ということを失念していて、帰りの最終バスを逃してしまうほど盛り上がってしまいました。(酒の量はちゃんと調整していますよ!)



翌実の日曜日は、長女と京都へ。春から京都の某大学へ通うのでその下見と「北野天満宮」へ受験の報告とお礼を。流石に日曜日なので境内は人で一杯でした。まだ、梅の花を残っていました。

Img_25121

結果はともあれ、なんとか長女も新しい目標に向かって大学生活を送れることに感謝です!

今回は長男の高校受験の為にお守りを買って帰りました。一番の問題はこの長男です・・・・・。さて、どうなることやら。


昼過ぎに四条烏丸についたので、新京極付近の少々しゃれた店で昼食を。おそらく町屋を改装したような大人の雰囲気のある渋い感じの店。ボクは好物の鯖煮定食を頂きました。

Img_25171

鯖はとてもよく煮込まれていて絶品でした。少し値が張るだけはあるわぁ。御馳走さまでした。


本日の早朝ジョグ8km。昨日のアルコールが抜けたかな?

2017年3月19日 (日)

第19回 池田・猪名川マラソン

Img_24981

昨年は仕事の為に参加できませんでしたが、今年は参加することができました。

ここ数年、親子ジョギングに参加するために5kmを走っていましたが、今年から親子ジョギングもなし・・・・。次男は野球三昧。ボクは久しぶりに10kmを走ってきました。

気温もそこそこ高く、風も少なく(往路は向かい風、復路は追い風か)良いコンディションだったと思います。

個人的には36分台で走れたらいいか、とイメージしつつ、距離表示がないので、とにかく前だけ意識して走ってきました。


結果は36’05。


少し距離が短かったようですが、今の力からすると良く走れたほうでした。もう少し粘って前に付いていければよかったのですが、そこが今の自分の弱いところです。



中学の部で長男も5kmに参加していましたが、結果は思うようにいかなかったようです。学校でのTTで勝ってる子にも負けていることに、少し凹んでいました。どうしたらいいものやら???

まぁ、励ますしかないのですが、どこかに甘いところがあるような気がするのですが・・・・・。



今回、大会でお世話になったスタッフの方、ありがとうございました。地元のアットホームな大会で仕事など重ならない限り、参加したいと思っています。

また、会場でお声をかけて頂いた方、ありがとうございました。お互いこれからも頑張っていきましょう!!

2017年3月 5日 (日)

第37回 ABC篠山マラソン

今年も早春の丹波路を走ってきました。最高気温は14度。スタート時の風も少なく待ってる時間はのんびりと経過しました。

走りものんびりしたもので、年末年始のぎっくり腰の練習不足が頭の中にあったので、押さえ気味に入ったものの、押さえたことになっておらず、30㎞以降撃沈しました。悪い気象条件ではなかったと思います。ただし、篠山特有の30㎞以降の向かい風に心が折れました。

05km=18'50
10km=19'21
15km=20'08
20km=20'23
25km=20'32
30km=20'56
35Km=21'28
40km=23'16
ラスト=10'09

2:56’08


使い古された言葉ですが、やはり「マラソンはごまかしはきかない」ということですね。スピードはすれなりに戻った感覚はあったのですが、長い距離になると最後までもちませんでした。練習不足は走力だけでなく、メンタルの分にも大きな影響ありでした。走っていても、集中できなく、闘志も湧いてこず、何で走っているのか???という精神状態。ダメですね・・・・・。もう一度仕切り直しです。

でも、まずはレース前から痛かった右アキレス腱をなんとかせねば。最近故障だらけです・・・・・。右足を引きずりながら駐車場へ。帰宅してからとりあえずアイシング。

実際、年齢的に来シーズンが40分切りのラストチャンスかな?と今、痛感しています。

Image

2017年2月25日 (土)

ユーザー車検

2月は妻が乗っている軽自動車が新車から3年目の車検をする時期でした。今回は初めて以前から興味があった「ユーザー車検」にチャレンジしてきました。

「ユーザ車検」とは自分で軽自動車検査協会へ車を持って行って、そこで車のチェックをうけるというものです。以前、濱ちゃんさんから概要は聞いていたのですが、色々とネットで事前に調べてから神戸市東灘区の協会へ行ってきました。

1

受付で書類の手続きと済ませ、重量税・自賠責・手数料(1400円)を払い、車を検査コースへ持っていきます。受付の人に「初めてだ」と言うと初心者マークを頂きました。

2

検査場に車を持っていくと係員の指示でアクセルと踏んだり、ウィンカーを出したり、パッシングをしたりして、一定のチェックが終わると終了です。

タイヤは、3年間乗って一度も替えていない(まだスリップサインはOK)のでNGがでるか心配でしたが杞憂でした。拍子抜けするぐらいあっさり終わった感じでした。


今まで、近所のAでやっていましたが、ライトの角度がずれているだの色々と検査料や工賃、そして1万円弱の手数料がかかっていましたが、「ユーザー車検」はそれらのお金が要りませんでした。

検査そのものの時間は30分程度。東灘までの所要時間が片道50分弱。手間はそれほどかからないと感じました。

もちろん車検は車の安全性を確認するものですから、プロに見てもらうのがベストでしょう。しかし年数がそれほど経っていなくて、走行距離も少なければ自己責任のもとでアリかなと思いました。


本日の早朝ジョグ8km。ジョグの最後に流しを5本実施。それなりに脚は動いたのは驚き・・・・。

明日は東京マラソン。今年は新コースでタイムが出やすそうですね。スタートまで長時間の待機など、全く関心がありませんでしたが、このコースは面白そう?少し興味が出てきました。走られる方、いい走りができますよう願っています。

2017年2月19日 (日)

『再生』 石田衣良

Photo_5

amazon紹介文より

妻を自殺で亡くしたシングルファーザー、恋人から突然別れを切り出されたOL、不況に苦しみ、鉛のような心と身体をもてあます会社員…思うようにいかない人生に、苛立ち絶望しながら、それでも新たな一歩を踏み出そうとする勇気。苦しんでも、傷ついても、人は夢見ることをやめられない―。平凡な日常に舞い降りたささやかな奇蹟の瞬間を鮮やかに切り取り、かじかんだ心に血を通わせる感動の短篇集。

» 続きを読む

2017年2月12日 (日)

第44回 猪名川町彫刻の道マラソン

一番近場の地元の大会を走ってきました。昨年は仕事の都合で不参加。一昨年は雪の為中止。久々の参加でした。

知り合いもたくさん走っていて、地元の大会を走っているな~と実感できる大会でした。本来は中学生の長男も走る予定でしたが、足が痛いということでDNS・・・・。本当に残念ですが、自己管理が未熟です。

そういうボクも、年末から年始にかけてぎっくり腰をやってしまい、今なおリハビリ中の状態。2週間前のくみやまマラソンからどれだけ上がっているかの確認をするレースした。


心配していた雪も降らず大会は無事実施。ただ、かなりの低温とボクの加齢のため走る格好は「ロングスパッツ」「アームウォーマ」「Tシャツとランシャツの2枚重ね」というスタイル。ガチモードとは程遠いスタイルでしたが、走っていて暑さは感じなかったので、結果的には正解だったようです。


タイムは10km=37’32。心拍数計が途中で外れてしまい、心拍数が不明なのは残念でしたが、確実に心肺に大きな刺激が入りました。

時計は全く見ず、前の人について行くことだけを意識して走ったのであまりタイムは意識しなかったのですが、2週間前より前進した感じです。


一応、年代区分で3位に入賞できましたので、副賞を頂きました。

Img_24261

猪名川町の和菓子屋「照月堂」のおしるこセットです。寒い時期にほっこりさせてもらいます。ありがとうございました。

表彰式が終わりすぐに長男と帰宅。自宅で昼食を食べて、今度は次男の野球の試合観戦。守備はセンター。よく飛んできました。そしてたくさん走っていました。

Yakyu

高台で観戦していましたが、風が強いこと・・・・・。身体が冷え切ってしまいました。プレイしている次男もさぞ寒かったことでしょう。一足早く帰って風呂に湯を張っておきました。ちなみに1打席、サードフライ・・・・・。でもバットにボールが当たるようになってきました。

動き回った感じの日曜日でしたが、充実した1日でした。

2017年2月 4日 (土)

『森の中の海』 宮本輝

Photo_3

amazon紹介文より

阪神淡路地区を大地震が襲った日、36歳の仙田希美子の平穏な人生も崩壊を始めた。夫は地震の直後に愛人のもとへ行き、姑もその存在を認めていたのだった。離婚を決意した希美子は、両親や妹たちに支えられ再出発をはかる。やがて、学生時代に知り合った老婦人、毛利カナ江から奥飛騨の広大な森と山荘を相続し、息子二人と移り住むことに。現代に希望の光を与える大作。

» 続きを読む

2017年1月29日 (日)

第27回 くみやまマラソン

久しぶりの更新です。

まずは近況。ぎっくり腰を発症してからずっとノーランの日々が続いておりました。これほど走らなかったのはいつ以来か??記憶にございません・・・・・。


1月9日に本格的に走りだしました。2週間という長い期間日常生活もままならず、当然走ることなど論外の日々でしたので「走れる」こと自体がうれしかった。

しかし、走りだしたといえども、走り終われば痛みが出るのでストレッチと湿布と整骨院でのケア。ペースを上げたくても痛みが出るのと、そもそも脚が動かない。ペースが上がっても心肺がついてこないという状態。

数日前は走れることだけで嬉しかったにもかかわらず、自分の過去の走りと乖離している状態をつきつけられると、自分の身体がもどかしいのと、悔しい思いがこみ上げてくる毎日でした。

そして、少し走れるようになったかな?と思ったら1月13日から3泊4日で某北国への出張&激務。なかなかリズムに乗れない1月でした・・・・・。

最近は私生活でも仕事でも色々と思うことが山積みで、精神的にも参っていました。


別大はDNSとしましたが、いつまでもうだうだしているわけにはいきません。3月の篠山はベストとまではいかなくとも次のシーズンにつながる走りをしたいと現段階では考えています。


さて、標記の大会はそもそも別大の最終調整としてエントリーしていたのですが、故障明けの走力を測る大会となってしまいました。

ペース設定もなし、行けるところまで行って苦しんで心肺に刺激が入ればいいと思っていました。かなり不安な気持ちで大会会場に行きましたが、何を不安がっているのか自分でも理解不能です???

気温も風も申し分なく、調子が良ければなぁ~、と変な考えがよぎりましたが自らのコンディションミス、仕方がありません・・・・。


結果は38’07(平均心拍数153)。前半19’04、後半19’03。

前半は久々のハイペースでリズムが掴みづらく初めは突っ込んで、抜かれまくる展開。折り返してから少し向かい風でしたが、リズムがとれてきた感じ。

ラスト3kmからはペースを上げることができ3'49-3'43-3'42と遅ればせながら追い込むことができました。

昨年より1分以上遅いのは覚悟していましたが、改めて現実を突き付けられるとキツイですね。でも、ランを再開してから3週間弱。そのうち仕事での空白期間もあったので仕方がないです。一歩一歩階段を上っていくのみです。


2週間走らなかったら、もとに戻すのには倍の最低4週間はかかると思っていますので、なんとか篠山には、って感じです。


今大会は長男と一緒に行きましたが、中学3kmの部、ボクと同様思い通りに走ることができなかったようです。長男もまだまだです・・・・。

2017年1月 3日 (火)

腰痛

防府マラソンが終わってから左膝に違和感があったので、3日間ほど様子を見るべく完全休養していた2日目の12月26日の夜から腰がだるくなり、27日にはそれが痛みに変わった・・・・。

昨年の防府マラソンの1週間前に発症したぎっくり腰の症状と同じ感じだった。重いものを持ったとか、ハードな練習をしたとか、思い当たる節はない。あえて言うなら26日は1日中パソコンと向き合ってデスクワークをしていて腰がだるかったと感じたことぐらいか????。

その後、整骨院で鍼をしてもらったが、改善の兆しなく、靴下をはくのも難儀するしまつ。さらに翌日、整骨院で電気鍼をしてもらい少しマシになるものの、長時間立ってたり同じ姿勢を続けると、腰に痛みやだるさが出る状態で年末の休みに入った。

年が明けてからもノーランの毎日。こんな時に限って天気は腹立つぐらいいい・・・・。1月1日恒例の服部天神への初詣ランも当然中止。今年は次女・長男と走る予定だったが、12月31日の夕方に中止を告げると、2人と残念が;っていた。一番残念なのはボクの方だが・・・・・。

そして、悶々とした気持ちで1月1日から1日3日まで駅伝を見ていた。


もう別大まで1カ月。走れることがいつから始められるかもめどがつかない状態なので別大は残念ながらDNSに決めました。年内に腰が治ればと一瞬考えましたが、神様が休みなさいと判断したのだと考えます。

まぁ、今年は1月半ばから北海道へ4日間の出張もあるし、別大の頃は長女の私立大学の入試もあるので、今年は自宅でじっくりと過ごすことにします。

防府でいい感じで走れたので、別大で勝負をかけるつもりでしたが、仕方が
ないです・・・・・。

ここ数日走れなくて、普通に走れることのありがたさが身に沁みて分りました。健康に走れる何気ない日常に改めて気付くことができました。

しかし、腰痛って日常生活がとても大変です・・・・・。

2016年12月22日 (木)

防府天満宮

今回の防府読売マラソンの参加にあたって、ボクには2つのミッションがあった。1つは2時間40分切り。これはfailedだった・・・・。

もう一つは防府天満宮へ行き「学業成就」のお守りをもらってくること。そう!防府天満宮は日本三大天満宮の一つなのです。

防府天満宮HPより

防府天満宮は日本で最初に創建された天神さまです。道真公は、九州大宰府への西下の途中、時の周防国(山口県)国司である土師氏(道真公と同族)を頼り、本州最後の寄港地となる防府の勝間の浦に御着船になり、「此地未だ帝土を離れず願わくは居をこの所に占めむ」(解釈:この港を出発すれば次はいよいよ九州であるが、この防府の地は天皇のいらっしゃる京の都とまだ地続きである。願わくはここ松崎の地に住まいを構え「無実の知らせ」を待っていたい。) と願い九州へと旅立たれました。大宰府にて薨去されたちょうどその日、防府勝間の浦に神光が現れ、酒垂山(現・天神山)に瑞雲が棚引き人々を驚かせました。国司を始め里人たちは道真公の御霊魂が光となり雲となって「此地」に帰ってこられたと悟り、翌年の延喜4年(904)道真公の願われた通り、御霊魂の「居」を「この所」である松崎の地に建立して「松崎の社」と号しました。道真公をお祀りした神社は全国に約1万2千社ありますが、当宮創建をもって「扶桑菅廟最初」日本で最初に創建された天神さまと称しています。

学問の神様・合格祈願で有名なのが京都の「北野天満宮」と福岡の「太宰府天満宮」ですが、意外と知られていないのが「防府天満宮」なのです。「防府天満宮」は一番伝統がある天神さまなのですね。

ちなみに、「北野天満宮」のお守りは我が家の子どもが小学校に入学する際必ずボクが京都に行きお守りをもらってきます。長女が高校入試の時にもお参りに行きました。

この高校入試の際、長女の中学校の担任の先生は入試直前に「太宰府天満宮」のお守りをクラスの生徒全員に買ってきたそうです。まさに教師の鑑!

そして、今冬は長女の大学受験。ということで三つ目のお守りをもらうことが今回の防府遠征のもう一つのミッションでした。

夕方6時のホテルにチェックインして、ホテルから10分弱のジョグで防府天満宮に到着。

Img_23441

もうすでに日が暮れていて、少々幻想的な雰囲気。

H2

しっかり合格祈願をしてきました。そして、翌日のマラソンの無事完走も!

H3

その後、お守りを購入!ほかの天満宮と少し趣向が違うような気がする・・・・。これで三つそろいました!こういうのはどう言うんですかねぇ~?トリプルスリー?三冠王?いずれにせよ道真公の強力な神力があると思います。


娘へ・・・・。
「お父さんは、そういうことでしかサポートはできません。あとはあなた自身がやるだけです!頑張れ!」


本日の早朝ジョグ6km。膝の痛みは少しましか?でもまだ不安・・・・。バランスの悪い走り方だったのかなぁ??

2016年12月19日 (月)

第47回 防府読売マラソン

今年は福岡国際マラソンを走っている予定でしたが、資格引き上げのため師走は防府で勝負することとなってしまいました。2年連続5回目の防府。コースベストは、2007年の2:44'05でした。この記録は何とか更新したい。もちろん狙うは2:40切り!11月の福知山はボロボロでしたが、何とかこの防府に間に合うように調整をしてきました。

不安材料は1週間前の西脇の10kmのタイムが芳しくなかったこと、福知山以降左膝の違和感が続いている事でした。西脇以降は練習量を落として調整に専念してきたので、膝の違和感は消えたかに思えましたが、マラソンは長丁場の闘いですね・・・・。

スタート位置に並んでいると川内選手も登場。
気温も少し高めか?風も緩やかで悪くないコンディション。川内選手も登場。先々週に福岡を劇走したのに、タフだなぁと感心。スタートで並んでいるとユニオンと遭遇。久々に直に会話を交わす。


始めの1kmは3'44。スタートの混雑を考えるとこんなものか?慎重に走っている割にはいいペース。2kmも3'36で通過。少し速いかと不安に思いペースを落とし気味に。

5kmが18'22。予定の設定ペースより23秒の貯金!このペースでいい感じで走れているのと、いい集団ができているのでこれについて行くことにした。

10km=18'28 15km=18'48 20km=18'40 25km=18'41
30km=18'58 35km=19'42 40km=20'54 ラスト=09'12

ハーフの通過が1:18'40。

絶妙のペース。ハーフを過ぎても集団がばらけることなく、余裕もある。すでに頭の中では40分切りの青写真が写り始めていた(これがいかんかったか?)

あとで日記を見返すと今年の2時間40分切りをした別大より30kmまでは良かった。

しかし、折り返してからが悪かった。急に脚が動かなくなり、集団から離れ始めた。ずっと気になっていた左膝の違和感が痛みに変わり始めた。30kmからは3'48の設定ラップだったが、4'00近くかかり始めてきた。30km通過時点で設定スピリットより45秒貯金があったのが、貯金を使い始めると減るのが早いのは、実生活でもマラソンでも同じ。みるみる間に貯金がなくなり、35kmで貯金はゼロ。ただ、ここから3'55で走れば2時間40分切りが可能であったが、キロ4'00をオーバーし始めた身体にはもはや4'00を切って走ることは肉体的にも精神的にも不可能であった。

次の1kmの距離表示の長いこと長いこと、もう記録やタイムなんか考える余裕も全くなく、早くこのレースから逃れたい一心で競技場を目指しました。


2:41’47。


コースに一礼。スタッフに一礼してレースを終わる。

タイムは決して悪くないが、80%悔しさ、20%安堵、って感じのレースでした。30kmまであのペースでいけば2時間40分切りを執念で達成するべきなのに、できなかった自分が悔しい。

マラソンはやはり30km以降の走りが勝負ですね。35km以降が4'00以内でまとめることができるかでしょう。


別大までなか7週間。昨年は年末年始は長い距離の走り込みをしっかりと取り組めたが、今は左膝が痛くて職場の階段の上り下りも難儀する始末。こんな状態ではまともな練習が再開で来るのはいつになる事やら・・・・・。1月は仕事も忙しくなり走れない時期御続く・・・・。タイム的には別大で勝負したいところですが、難題が山積みって感じです。


本日は完全休養。左膝が歩いていても痛い・・・・・。

2016年12月18日 (日)

第47回 防府読売マラソン 結果速報

2時間41分47秒…。

40分切りを狙っていましたが、30キロから潰れました。 今は、走る前から気になっていた左膝が心配です…。 只今帰りの新幹線の中。もう少しで新神戸。 詳細は後日に。

2016年12月16日 (金)

『13階段』 高野和明

Photo

amazon紹介文より

47回(2001年) 江戸川乱歩賞受賞

選考委員が満場一致で選出!

無実の死刑囚を救い出せ。期限は3ヵ月、報酬は1000万円。喧嘩で人を殺し仮釈放中の青年と、犯罪者の矯正に絶望した刑務官。彼らに持ちかけられた仕事は、記憶を失った死刑囚の冤罪を晴らすことだった。最大級の衝撃を放つデッド・リミット型サスペンス!

» 続きを読む

2016年12月11日 (日)

第39回 西脇子午線マラソン

防府に向けて最終調整のつもりで10kmを走ってきました。

ただ、福知山以降、右膝周辺の違和感があり、慎重に練習をしてきました。よく考えるとこの症状、昔故障した鵞足炎と同じ感じ。あの時は重症化し、1カ月以上走れなかったことを思い出し、かなり心配でした。防府も近づいているし、練習もしないといけない、でも故障がこじらすと後が怖い・・・・。心労は尽きませんでした。

まぁ、湿布とアイシングの毎日で症状は一進一退。可もなく不可もない、って感じでした。湿布の毎日でかぶれてしまい、。違和感なのか?かぶれなのか?分らなくなってしまいました。レースでスピードを出して、症状が悪化しないか?心配しつつ昨晩は床につきました。

レースのプランは3'40でどこまで行けるか?それが防府の設定タイムの目安となる。気温は低め、風は1mから2mぐらいでいいコンディションの天気予報でした。が、実際は風がきつく感じてしまいました。



走りだしてすぐに身体が重く感じ、気持ちはすでにネガティブモード・・・・。さらに向かい風に苦しみましたが、折り返しで追い風になる、と粘っているつもりでした。

折り返して、ラスト2kmの表示。ここからは下り基調の追い風のはず。ラストスパートだ!と思い脚を動かすものの、1kmのラップを見ると3'55(160)。ラスト1kmが3'53(164)と全くペースが上がらず。体感的にスピードが上がっている感じがしたのだが、実際の時計の表示とかなり乖離していることに唖然としてゴールした。


37’25(平均心拍数164)


昨年は前日にぎっくり腰をやってしまい。鍼治療をしての出場で37'40だったことを考えると、このタイムは・・・・・。防府に向けて暗雲が立ち込めた感じのレースでした。

だが、帰りのシャトルバスを待っている時に、何と虹が!

Img_23401

暗雲の後には虹が出る!今日が一番の底だとポジティブに考え、後1週間しっかりと疲労を抜いて調整をするのみ!鵞足に痛みが今のところ出ていないのが唯一の収穫だった。


長男も5kmに出場。タイム的にはボクと同じくパッとしませんでしたが、今日はいい練習ができたと考え、来週の市内ロードレースで結果を残してほしいと父は願っています。しっかり!


本日の大会でお会いした皆様方、そしてボランティア、スタッフの方々寒い中お世話になりました。

2016年12月 6日 (火)

作文

学期末恒例の懇談があり小学校へ妻が行ってきました。

担任の先生から渡されたのが次男の作文帳。帰宅するとリビングのテーブルの上に置いてあったので読んでみた。母親の立場になって担任の先生へ手紙を書く設定らしい・・・・!?

読んで笑ってしまった、と同時に子どもはよく親のことを観察しているなと感心。丁寧に赤ペンで先生のコメントも書いてもらっており、担任の先生の人柄がよくわかる。

Photo

いつもお世話になっております。うちの子は、野球の服ばっかり着て学校に行っています。いつも、学校から帰ったら、宿題を1つやってから行きます。毎日毎日遊びに行ってきます。友達が家に遊びに来るとおかしのかすや、ゴミが残ったり、マンガを読んだままにしています。たまには家で勉強をしたほうがいいと思います。でも、夜になったら急いで残っている宿題をやります。そして、友達の家で遊ばない日は「かべ当てする」と言って宿題からにげています。そして夕方になると勉強を急いでやります。本当に宿題がきらいな子で、困っています。でも、最近は宿題を半分やってから遊びに行っています。でも、ゲームばっかり頭に入っていて、宿題がぜんぜん進みません。字がどんどんきたなくなるので、そこも困っていますが、最近はきれいに書いています。


親が言うのもなんですが、本当に面白い子です・・・・・。



本日の早朝ジョグ6km。まだ、左ひざに嫌な痛みが続く・・・・。先週から湿布とアイシングの毎日。ジョグするものの怖々脚を運ぶ。

2016年11月30日 (水)

『チーム・バチスタの栄光』 海堂尊

Photo_2

amazon

東城大学医学部付属病院では、心臓移植の代替手術であるバチスタ手術の専門チーム「チーム・バチスタ」を作り、次々に成功を収めていた。ところが今、三例続けて術中死が発生している。しかも次は、海外からのゲリラ少年兵士が患者ということもあり、マスコミの注目を集めている。そこで内部調査の役目を押し付けられたのが、神経内科教室の万年講師で、不定愁訴外来責任者・田口と、厚生労働省の変人役人・白鳥だった……。

(バチスタ手術とは)
バチスタ手術は、学術的な正式名称を「左心室縮小形成術」という。一般的には、正式名称より創始者R・バチスタ博士の名を冠した俗称の方が通りがよい。拡張型心筋症に対する手術術式である。肥大した心臓を切り取り小さく作り直すという、単純な発想による大胆な手術。(本書より)

» 続きを読む

«近畿高校駅伝