2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト
無料ブログはココログ

2007年 村岡ダブルフルウルトラランニング(44km)完走記

2007年の村岡44kはその年の年末の防府読売マラソンで2:45を切る試金石となった大会です。と同時に自分のランニング人生で一番の好成績である2位になった大会でもあります。

起床5:00。土曜からの雨は依然として降っている。しかし天気予報では兵庫県北部は曇りと出ていたので大丈夫だろうと思い、歯磨きと牛乳をコップ一杯飲んで出発。北近畿豊岡道経由で村岡には8:00に到着。受付時間ぎりぎり。駐車場付近では『大将』と『じゃんけんママ』が私を見つけてくれた。

途中篠山付近で雨脚が強くなり、DNSを考えてたりした。しかしぎりぎりついて受付にあせっている間にDNSの考えもどこやら小雨の中スタート地点に向かうバスに乗り込む。

山田グランドの体育館で着替えて、バナナを食べて・・・・といつもの儀式をすます。

10:00。雨も小降りになるが100均で購入したカッパを着てスタート。先頭はいつものようにK原さん。市民マラソンの優勝の常連さん。今回も多分優勝するでしょう。その後に2人ついていってる。私は4位集団。後ろには3人。ということは4~7位集団ということです。6kmぐらいまでは快調に集団を引っ張る。そんなにしんどくない。夏の妙見山練習が効いているのか?昨年は5km付近で戦意喪失したはずだが、今年はちがうぞ!

しかしトラブル発生。右足がしびれてきた。痙攣ではない。正座したときに足が痺れるかんじのやつ。なぜ?今まで経験したことがない事態。とりあえずだましだまし走るが、このままでと完走もままならない。でもどうしよう?しばらく考えていると、雨の中走っていたので、足がふやけて血行が悪くなったんだと考え、靴のマジックテープを緩める。そしてまた走る。これを3回繰り返す。この間に併走していた人からは離れる。まぁ、これ以上無理するのはもたないと体のリミッターが働いた。登りの頂上のエイドで止まった時に痺れがひく。すでに併走していた人はいなく、現在7位。このエイドで1回目のBCAAを補給。

ここからは急な下りが始まる。ペースが上がる。しばらくすると10k(52'52)。昨年より4分ぐらい早い。このペースでいいと自分に言い聞かせているうちに一人抜く。

2回目の登りに入るところで前に2人いるのがわかる。登りのはじめで一人とらえる。ここで5位。20k(46'49)。丸見のエイドでBCAA2回目の補給。そしてマルチビタミンも。昨年と同様あけぼの山荘のエイドでおにぎり1つと梅干・塩を食す。

2回目の上りも終盤に近づき、折り返し地点が近づく。案の定トップはK原さん。順位を確認しながら走るとやはり5位。昨年よりペースも早いし順位を上がっているし、このままのペースを維持することを心がける。単独走だし、マイペースで走りやすい。2回目の下りを終えるとここから3k(?)ほど平坦な道が続く。ここでも単独走。30k(45'18)。

小北保育所のエイドで最後のBCAAを。ここから最後の登りが始まる。3回目の登りが全体の中では一番標高差がないが、やっぱりここまでくると≪そんなのか関係ねー≫・・・。思わず歩きたくなるが、絶対歩かないで思うと決めていたのでゆっくりでも歩を進める。昨年はここで少し歩いたんですよね~。そのことも考えながら走る。そうすると前に一人いるではないか!追いつき、すぐに追い越す。かなりばててはるみたいで、ついてくる気配がない。4位だ。そして登りももう少しで終わる。登りの終盤はランナーの名前とゼッケン番号が書いたプラカードが順番に並んでいる。

ラストのエイド。あっエイドに一人いる。抜かせると思いこのエイドをさっとパス。3位に浮上。40k(49'02)。ここから下りのみと思いペースアップ。やっぱりこの人もついて来る気配がない。

と、思うやまた一人発見!H脇さんだ。私が行く大会でことごとく前を走られている方。過去この大会を優勝されているランナー。まだ余力を残してはるんかなぁ?と思いながら追いつく。ついてこられるか?自分の頭の中のスイッチが入った感じだった。スパート。もはや私にとっては爆走?と同時にしばらくやんでいた雨も降ってきた。でももうどうでもいい最後までこのペースで走りきるのみ。ラスト2kで後ろを振り返るが人の気配なし。

ゴールの村岡小学校が見えてきた。2位を確信。小学校のグランドに入りゴール。今年の篠山マラソンと同じように吼える。そしてコースに毎度のことのように一礼。ラスト4k(14'22)。

3:26’25でゴールでした。

今までマラソンをしていて一番よい順位。信じられませんでした。同時に春先から取り組んでいたスピード練習。夏場の走りこみの成果かもしれません。

そしてはじめの登りで無理をせず自分のペースで走れたことがこのレースでは吉と出た感じがします。

でも40km付近からのごぼう抜き。マラソンレースの醍醐味を存分に味わうことができました。今シーズンにに向けていい弾みになるレースでした。

本日の走行距離44km 9月月間走行距離511km。