2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト
無料ブログはココログ

トップページ | 2010年4月 »

2010年3月の記事

2010年3月30日 (火)

宣告

日曜日に低速のペースランをするものの、ひざ横の痛みは相変わらずsad

だましだまし走ってきたが、だんだん心配になってきたので昨日は整骨院へ行ききちんと見てもらうことにした。

予想どうり鵞足炎と足の甲は関節炎と宣告された。決定的な治療法もないそうなので、しばらく休養することにする。

実際走れなくなるとつりもので、このことをどう表現したらいいのか難しい。思い出すのが黒木亮という人が書いた小説『冬の喝采』。以下amazonより

天才は有限、努力は無限」北海道の大地を一人で走り始めた著者が、怪我によるブランクを乗り越え、準部員として入った競走部には、世界的ランナー・瀬古利彦がいた。入部後も続く怪我との戦い、老監督との葛藤など、1年8ヶ月の下積み生活に耐えて掴んだ箱根駅伝の桧舞台で、タスキを渡してくれたのは瀬古だった。それから9年後、30歳になって自分を箱根路に導いた運命の正体を知る。感動の自伝的長編小説!

著者は高校・大学時代とケガで長く走れない時期が続く。練習日誌を読むとケガの葛藤の表現、走れない気持ちの描写がすごい。

  • 「こわごわと走ってみたが、宿痾(しゅくあ)となった痛みはとれていなかった」
  • 「左足はまだよくならない。一日中いらいらしてる。・・・・最近は夜も眠れなくなってしまった」
  • 「自分はもう悲しみに慣れてしまったのだろうか?去年の二月から、ほとんど毎日が悲しみばかりだ。このころは、何をしても楽しくない。いつもじめじめしたものが身体の中にあるような感じだ」

トップレベルの選手で、走ることが生活の中心の人にとって、走れなくなることがどれほどつらいかがよくわかるとともの非常に共感できる部分が多い。

それに比べると自分はまだましかと思うし(思うように言い聞かせているかも)、仕事も家庭もある身分だし、ここいらで一度リセットすべきかpaper

2010年3月26日 (金)

ウルトラマンを造った男

四人の子どもの一番下。次男の岳(がく)は4月から幼稚園に入学。

一番興味のあることはウルトラマンシリーズの怪獣。フィギュアがお気に入り。

おもちゃ売り場に行くとフィギュアをねだる。怪獣の図鑑を見て名前をひたすら繰り返す。お父さんにも怪獣の名前を何回も教えてくれる。

P1000010 写真にある怪獣で次男のお気に入りが『キングジョー』。左から四番目です。(念のため)

ところで、この怪獣の名前の由来をご存じだろうか?ウルトラマンのシナリオを作った金城哲夫氏。彼の名前“きんじょう”からキングジョー。ユーモアのある人ですね。

しかし、彼のウルトラマンやウルトラセブンのシナリオは結構シリアスなテーマが多いんです。その話はまた別の機会で!

足の甲の痛みと鵞足炎のため、本日の朝のジョグもなしsad

2010年3月25日 (木)

鵞足炎

2月の終わりぐらいから左足のひざの内側に違和感がる。アイシングとシップを繰り返すものの、突っ張ったような痛みはひかず。だましだまし練習を続けるが、先日から足の甲まで痛くなってきた。いずれも過去に経験した痛み。おそらく前者は『鵞足炎』だろう。

今朝は雨が降っていたのでいい休養と思いオフ。夕方から雨がやむものの、足の不安からこれ走る気持ちが切れる。

走れないというのは不安になり、ストレスが溜まります。特にボクのような才能のない、量を積み上げていくタイプのランナーは・・・・。

思えば昨年の春は『足底筋膜炎』で悩まされ、まともに走れない時期が続いた。

強くなるためには練習が必要だが、やり過ぎるとケガをしてしまう。レベルアップとケガは紙一重。練習メニューはこのさじ加減が大切なんだろうと思う。

そう考えると別大の疲れが抜けきらないうちに負荷をかけすぎたのかもしれないwobbly

昨年の二の舞にならないように、ひどくならないうちに、練習を抑えることに。マラソンンの本番まではまだ時間があるし、あせらずにやって行こうと自分に言い聞かせています。

痛いところがなく気持ちよく練習ができることが本当にありがたいことだと思う今日この頃です。

2010年3月24日 (水)

早朝ジョグ

昨晩は職場の部の解散飲み会。飲むのはそこそこにして、食べたかったのだが料理が少なく、あまりおいしくないcrying。帰ってからご飯を二杯たべるはめに。飲み会ではボクが一番食べていたと思う。他の人はどう見ているのだろうか?ボクより体のごっい人も食べている様に見られているが、ボクが一番食べていると自分では密かに思っている。たくさん食べるのがランナーの習性。

帰宅して、風呂に入ってすぐ寝るつもりが、今読んでる本がおもしろく、ついついはまってしまっていつの間にか12時をすぎていた。

いつもの時間に目覚ましが鳴るが、やはり体が重い。少し寝不足?外に出たら小雨!今日は休もうかと一瞬考えたが、一度目がさめてしまうと二度寝できないし、せっかく起きたので小雨の中走り始める。走るのにはさして影響のない雨。ただし、いつも走っているグランドは当然ぐしょぐしょで走行不可能。

さて?

近くの高台寺というお寺のしだれ桜の偵察へ行くことがひらめく。このしだれ桜はなかなか立派な桜で毎年見に行っているのだが、今はどのぐらい咲いているか?

実際行ってみると、6分咲きって感じ。満開になる頃に子どもたちと見に行こうと思う。自宅に帰る頃には雨脚も強くなってきてよいタイミングで練習を終える事ができた。

ランナーを悩ます雨がしばらく続きそうです。

本日の練習:早朝ジョグ55分

2010年3月22日 (月)

ランナーズ雑感

今月号の『ランナーズ』を図書館で読みました。マラソンを本格的に始めた時は結構買っていたのだが、狭い家で、4人の子どものモノが多くなり、父の荷物は仕分け作業の対象にsad。おまけに小遣いの節約も含めて、最近は1月号のみ購入。この月の付録は「ランニングダイアリー」があるからだ。

さて、今月号で「アレクサンダー・テクニーク」という理論が書かれていた。この理論は走っている時に何を考えて走るか。無意識の走りからは「気付き」は生まれない。走力を上げるには筋肉や関節から発せられる信号に注意を傾けて、その情報を脳に伝達しようと意識しながらジョギングをすることが重要だとか。

たとえば「目線をまっすぐにして、首と頭の位置を正しいポジションに保つこと」をランニング中に意識する。目線が下がると首の付け根から頭も前方に傾く。頭の重さは4~5kgあるので、これが前方に傾くと肩や背中に不必要な緊張が生まれ、多くのロスが発生する。だから目線をまっすぐにすることが大事なのだ。

たしかに、ボクは走っていると目線がどうしても真下に近いところに行ってしまう。「下に100円でも落ちていないかなぁ」というわけではないのだけどeye

今日の早朝ジョグでは目線を意識しながら行いました。しかし、2.3分するとすぐに目線が下に向いてしまいます。意識することの難しさを実感しました。

そういえば、先月の別大の後半のしんどい時も目線は前方を向いていたと思う。あの時の走りは無意識だが、いいフォームで走れていたのだろう。フォームを意識する大切さを考えさせられました。

本日の練習:早朝ジョグ93分

2010年3月21日 (日)

坂ダッシュ 500m×10

昨日は久しぶりのポイント練習。久しぶりということで、一番ボクが嫌いな練習を選択。この練習中はラストで足と腕に乳酸がたまりまくる感じがあるのでどうしても避けたい練習なのですが・・・・。何回この練習をしようと思って、現地へ行くものの予定を変更してやめたことか。weep

でもきつい練習をしないとレベルアップもないし、スピードをつけるにはこの練習が一番だと思っている。

たしかこの練習は昨年の福岡国際マラソンが終わってスピードの底上げをはかるために実施して以来のこと。

タイムは2'23-2'16-2'15-2'14-2'14-2'15-2'15-2'16-2'12-2'10=22'33

ラスト2本は力を絞り出すことができた。特にラスト1本は気持ちの「リミッターをはずせ」と言い聞かせながら追い込んだ。

福岡国際マラソンのあとの日誌を振り返るとコンスタントに2'10を切っていたので、明らかにスピード不足。

まぁ、風が吹き荒れる日だったのでいまいちタイムは悪かったが、気温は4月下旬なみの陽気で、寒いときに比べて体はまだ動いた。これだけ風がきついと練習のやる気も下がりますdown。でもやり終えた後は爽快ですgood。春先からのスピード強化の基礎を造っていきたい。

夜は台風の様に風が吹き荒れ、夜中に目が覚めた後しばらく眠れないぐらいでした。

本日の練習:アップ4k、ダウン3k、坂ダッシュ500m×10(500m下りジョグ)

2010年3月20日 (土)

ブログ復活

ブログを閉鎖したのが2007年の12月のことだったと思う。走友の方や妻からの復活の勧めがあり、気分一新ブログを復活することにしました。

先月の別府大分毎日マラソンで悲願であった『2:40』を切ることができて、少しモチベーションも下がりつつあったし、もうすぐ新年度ということもあり、気持ち新たに書き始めようと思います。

とりあえず、当面の大きな目標は今シーズンの福岡国際マラソンか別府大分毎日マラソンで再び2:40を切ることと自己ベスト更新です。

そのためには春先から夏前まで自分の弱点であるスピードを磨いていくことです。故障せず、いかに練習を積み上げていくかをテーマに取り組んでいきたいと思います。

トップページ | 2010年4月 »