2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト
無料ブログはココログ

« 尼崎NR 5000m TT | トップページ | 父の日前日 »

2010年6月11日 (金)

鵞足炎のあとさき

故障は絶対にしてはいけない。過去に何回も苦しめられていたけど、のど元を過ぎればなんとやらで、また繰り返してしまう。

気のゆるみか?慢心か?人間は忘れるものというが、今回の故障について再び繰り返さないために反省文(?)をpaper

直接の原因は練習のやり過ぎでしょう。

そのそも別大が終わり、大きな目標を達成したが、さらに“その上のレベルで”という妙な切迫感があった。本来なら一度リセットすべきなのにほとんど休まず、別大の2週間後の猪名川町彫刻の里マラソンにむけて練習した。

これは5kのレースだったが、このレースの後から左膝に違和感を感じる。この段階では違和感だけ。これを故障の黄色信号と受け止めずガンガン練習をこなす。

特にポイント練習の3日連続をやった後、2日間のジョグをはさんでさらに3日連続のポイント練習を行う。最終日の2km×4のインターバルは4本をこなせず、2本目の途中で右の腸頸靱帯がいたくなり歩くはめに。右の腸頸はすぐに回復したが、左膝の違和感はずっと続く。しかも、下りの走りの時に膝に負担がかかると踏ん張りきれなくなる。

そこからは、走る→痛くなる→走る→痛くなるの繰り返し。

3月は走行距離は638kmだったものの4/10から9日間は全く走らず。4/19から走り始めるもののまた中途半端に痛くなり5日で断念。

あまりにも回復しないので、整形外科で診断。予想通り『鵞足炎』。安静にしておくしかないらしい。念のためにMRIを撮っておこうということで、大きな病院で撮影。会計は7000円weep。故障はお金もかかることを痛感。当然か!

とりあえず4月は走らないでおこうと決めて、5月からジョグを始める次第に。

4月はドン底の時期だった。気持ちは落ち込み、焦りも出てきて、一方で2:40が切れたからもういいやんかという“あきらめ”の気持ちも出てきて生活自体もハリがなかった。

本来なら朝起きてジョグをしているはずの自分がいない。

こんなに自分の生活にランニングが大きなウェイトを占めていたのかということを改めて感じた。普段何気なく走っているときに気づかなかったことがいっぱいあった。

自分は市民ランナーだし、大会に元気に参加できること、楽しく走れることが大切だと改めて思えるようになってきた。もちろんタイムも大切だし、まだ数年はタイムというか走りを追求していきたいと思っているがgood

長かった。苦しかった。悔しかったdespair

でも別の考え方をすれば、福岡や別大の前のマラソンシーズンでなくてよかったとも言える。

また、癌や骨折など大きな病気やケガではなかったし、今回のことはなるべく前向きにとらえていこうと思う。

さらに、ランニングに対する自分の思いがよく分かるきっかけとなった。

これからも元気で走り続けていきたいscissors

本日も早朝ジョグを実施。左膝はかなりまし。水曜のTTの影響もなし。9割回復か。

しかし、ジョグ終了後、背筋に違和感有り。首が回らない。山有り、谷あり。

« 尼崎NR 5000m TT | トップページ | 父の日前日 »

故障」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1347620/35200461

この記事へのトラックバック一覧です: 鵞足炎のあとさき:

« 尼崎NR 5000m TT | トップページ | 父の日前日 »