2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト
無料ブログはココログ

« 第27回OTTYマラソン | トップページ | 尼崎NR 400×15 »

2010年6月15日 (火)

ワールドカップ雑感

昨晩は早朝ジョグのため、サッカー観戦は断念。

早朝のジョグ中(40分)のラジオで結果を知る。驚きとともに、サッカーのおもしろさ、不思議さを痛感。

さて、決勝のゴールを決めた本田選手。試合後の会見で次のようにコメントしたと新聞で読む。

「しっかり準備した結果、いいチャンスで決めることができてよかった。最近勝利がなかったが、くさらずに前向きにきょうに向けてやっていこうという気持ちがあった(13日は24歳の誕生日だった)きのう誕生日だったので、何か持っているな、と思った」

やっぱり準備は大切なことですね。マラソンはスタート地点にたった段階でほぼ決まっていると言いますが、マラソンに限らず、このことはあらゆるスポーツに共通していること。

もちろんスポーツに限ったことではないのですが。

ボクも冬のマラソンシーズンに向けて万全の(?)準備をしていきたいと思う。

その後ネットでオシム元監督のコメントを拝見する。かつて『オシムの言葉』を読み感銘を受けたのを思い出したのですが、このオシムさんのコメントがまた興味深い。

「今日の試合に限って言えば、本田はデリケートな役割を見事にやったし、褒美としてゴールも決めた。しかし、これは彼のキャリアの始まりでしかない。メディアの皆さんも、今日のゴールだけで本田をヒーローだと持ち上げないでほしい。もし明日の一面がすべて本田ということになれば、日本の未来は危ない。ヒーローは1人ではなく全員だ。もし本田がゴールしたことでヒーローになったとするならば、トラップ技術が巧みでGKの上にボールを浮かすキックができればみんながヒーローになれるということだ。しかし、そうではない。ヒーローは自分の一生と自分の命を懸けて何かを守る存在のことだ。

さすがオシムさん。言葉に重みがあります。

« 第27回OTTYマラソン | トップページ | 尼崎NR 400×15 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1347620/35276632

この記事へのトラックバック一覧です: ワールドカップ雑感:

« 第27回OTTYマラソン | トップページ | 尼崎NR 400×15 »