2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ

« 福岡からの招待状 | トップページ | 自分の感受性ぐらい »

2010年7月13日 (火)

「ゾーン」を知る

本日の神戸新聞の「兵庫アスリートトーク」に小林祐梨子さんと篠藤淳さんが「ゾーン」について語っていました。

「ゾーン」とは集中が極端に高まり、周囲が気にならなくなり、実力以上の力が引き出される状態を言います。

ボク自身、今年の別府大分毎日マラソンで感じた状態かなぁと思っています。別大は本当に後半はあまりバテず、目標のラップで悲願を達成できました。

さて、篠藤さん。彼は山陽特殊製鋼陸上部。今年の選手権の3000SCで2位。08年の箱根駅伝の9区で区間賞を取られています。

彼は「周囲の期待に答えたい」という思いと「活躍したい」という自分の意志を強く持つことと言う。彼自身大学3年で日本選手権に優勝し、どこか満足してしまったのかスランプに陥ってしまった。そんな時、大学の時監督から主将に指名されて、目が覚めたそうだ。監督から「主将は(精神的に)しんどいが、乗り越えることができれば、今より上に行ける」と言われたそうだ。それが箱根の快進撃につながった。

要するに『メンタル面』ということかthink。目標への強い動機付けがあるとメンタル的にも集中できますね。

次に、小林さん。言わずとしれた須磨学園のエース。1500の日本記録保持者。

高校総体の時の後半の伸びについて「理由はよく分からないけど、練習の量に関係があったかも。メリハリをつけるのが大切なんです。追い込む時は追い込み、抜くときはジョだけにするとか。・・・・・「ゾーン」を体験したら、走ることや追い込むことが楽しくて仕方なくなる。」

さらに、6月の日本選手権の途中棄権について。

「失速した理由はよく分からない。ただ今年から“いっぱいいっぱい”の練習をしてきた。スピードは付いたけど追い込んでばかりで、抜くことができなかった。今後に向けていい経験になったと思います。」

練習のメリハリは大切ですね。ボクは結構追い込んでばかりになる傾向があるり、故障につながった経験もありますので、参考にさせていただきますcoldsweats01

本日は小雨状態だったけど、気合を入れて朝にジョグを1時間ほど。

« 福岡からの招待状 | トップページ | 自分の感受性ぐらい »

ランニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1347620/35737358

この記事へのトラックバック一覧です: 「ゾーン」を知る:

« 福岡からの招待状 | トップページ | 自分の感受性ぐらい »