2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト
無料ブログはココログ

« 夏の風景 | トップページ | 私の“マラソン履歴書” »

2010年8月10日 (火)

がんばる40歳台

先日の阪神・中日で阪神打線は山本昌ひねられた。今まで何度も見る光景だ。少し阪神の今後が心配になってくる東京ドーム・名古屋ドームの連戦だった。

それはさておき、その山本昌。今朝の朝日新聞のスポーツ欄に編集委員の西村欣也さんが興味深いことを書いていた。

要約するとこんな感じ。

山本昌は1983年ドラフト5位入団。あまり期待されずに入団し4年間勝ち星がなかった。88年には1Aベロビーチ・ドジャーズに野球留学。期待されてのものではなく、たまたま留学の枠があったから。

しかし、そこで出会いがあった。アイク生原という指導者だ。山本昌はここでスクリューボールをマスターし、帰国して初勝利を挙げる。(ここまでは、以前、報道ステーションで見たことがあった)

その山本昌は1枚のメモをずっと持ち続けたそうだ。

  1. 野球をやれることに感謝しながら投げること
  2. 低めに投げること
  3. ボールは前で離すこと
  4. 常にストライクを先行させること

このシンプルなメモを試合前には必ず見たそうだ。それから23年で206個の勝ち星を手に入れた。

2~4は野球の基本的なものだと思うが、1に野球ができることの感謝が書かれている点にボクはドキッとした。

最近普通に走れている自分。一方でしんどいなと思いながら走っている自分もいる。春先の走れなかったことを忘れている自分がいる。このしんどい時期。もう一度、走れることの感謝の気持を思い出したい。

11日で山本昌は45歳になるそうだ。阪神戦で活躍は遠慮してもらいたいが、彼の活躍する姿を見ると元気が出てくる。

今日も早朝ジョグを13km実施。雨が降ったためか暑くはないが、湿度は高め。少しダラダラ走った感がある。帰宅後、件の朝刊を目にして反省。

« 夏の風景 | トップページ | 私の“マラソン履歴書” »

ことば」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1347620/36103242

この記事へのトラックバック一覧です: がんばる40歳台:

« 夏の風景 | トップページ | 私の“マラソン履歴書” »