2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト
無料ブログはココログ

« 早朝30KmPR | トップページ | 1.2.3.4・・・ »

2010年8月16日 (月)

芋虫

ずっと前から気になっている映画がある。

『キャタピラー』だ。

『実録・連合赤軍 あさま山荘への道程(みち)』など独特の視点で問題作を発表し続ける若松孝二監督が、戦争の愚かさと悲しみを描いた反戦ドラマ。太平洋戦争のさなかに手足を失って帰還した傷病兵とその妻の姿を描く。四肢を失い、顔は焼けただれた姿となって戦場から戻る久蔵に大西信満。その久蔵を看病するシゲ子を寺島しのぶが演じ、第60回ベルリン国際映画祭で最優秀女優賞を受賞した。正義のための戦争などないという若松監督の痛切な思いが、過激な描写で語られていく。(以上yahoo映画より)

ボクの仕事にも関係しているし、寺島しのぶがベルリン国際映画祭で最優秀女優賞を受賞したとのことで、注目していた。

早く上映して欲しいとの声をよそに、全国的に8/15の終戦記念日を目指して上映するところも監督のポリシーが伺える。

しかし、ボクはいろいろと忙しいので映画館にはなかなかいけません。そこで、原作を読むことにした。

この映画の原作、知っていました?江戸川乱歩の『芋虫』という短編小説なんですよ。英語のcaterpillar(キャタピラー)は芋虫。意味がつながりましたね。

江戸川乱歩の小説は、小さい頃『怪人二十面相シリーズ』をたくさん読んだ記憶があるが、こういう系統は初めて。

感想は、一言で言うと“エロ・グロ”って感じかなぁ。戦前の小説らしいんだけど、当局から発禁処分もうけたそうだ。ただし、あまり反戦とかそんな思いは個人的には感じなかった。

若松監督はこの短編小説をどのように映画で描いたのかは非常に興味深いところであるeye

レンタルDVDになったら借りに行くことにしますweep

« 早朝30KmPR | トップページ | 1.2.3.4・・・ »

読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1347620/36189669

この記事へのトラックバック一覧です: 芋虫:

« 早朝30KmPR | トップページ | 1.2.3.4・・・ »