2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト
無料ブログはココログ

« 東京マラソン雑感 | トップページ | お守り »

2011年2月28日 (月)

『ダイイング・アイ』 東野圭吾

昨晩は妙に温かくて3時頃に目が覚める。隣で寝ている長男・次男をみるとあついのだろう、布団をかぶっていない。すかさず布団をかぶせて、ボクはトイレへ。最近トイレがちかいです・・・・coldsweats01

そこから、寝ようと試みるものの寝れないcoldsweats02。これも最近よくあることpaper

仕方がないので、枕元の電気をつけて読書をbook

金曜日から読みだした東野圭吾の『ダイイング・アイ』。たまたま図書館で返却されていたのをゲット。

そのまま、一気に読んでしまいました。

31lk8mmg2vl_bo2204203200_pisitbstic

誰もが少しずつ嘘をつき、誰かを陥れようとしている。記憶を一部喪失した雨村慎介は、自分が交通事故を起こした過去を知らされる。なぜ、そんな重要なことを忘れてしまったのだろう。事故の状況を調べる慎介だが、以前の自分が何を考えて行動していたのか、思い出せない。しかも、関係者が次々に怪しい動きを見せ始める……。俺をみつめるマネキンの眼。そいつは、確かに生きていた。 (引用終わり)

前回読んだ『プラチナデータ』よりミステリー度は上かなぁという気がした。最後の方で何となく展開が解りそうになるのだが、クリアーになりきらない所が良い。

今日は少々寝不足ですが、妻が泊まりの仕事の為に朝のジョグはOFF。そのため体はいたってフレッシュ。かなぁ?

もっと睡眠時間を取らないといけないのだが・・・・。

« 東京マラソン雑感 | トップページ | お守り »

読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1347620/39046536

この記事へのトラックバック一覧です: 『ダイイング・アイ』 東野圭吾:

« 東京マラソン雑感 | トップページ | お守り »