2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト
無料ブログはココログ

« 第60回 別府大分毎日マラソン | トップページ | 『栄光の岩壁』 新田次郎 »

2011年2月 8日 (火)

別大雑感

別大が終わって2日目。まだ膝の裏のハムの付け根やふくらはぎなどの筋肉痛が残るものの、昨年のジョグができないほどのダメージはなしconfident

昨年と同じぐらいのタイムだが、肉体的な耐性が向上したということか?

昨年はここから頑張りすぎて、故障につながったので、しばらくは強度を上げずに、練習には慎重に取り組みたいところ。

さて、別大が終わって今感じることは『マラソンの不思議さ』です。

ボクより10kmやハーフが速い人はいくらでもいるのに、そういう人たちが次々と潰れたり、後半ペースを落としたりしている。

ボクは今シーズンにハーフを10月・11月に2回走ったが、80分を切っていなかった。おまけに1週間前の10kのレースも37分半ば。(条件は確かによくなかったが・・・・)

それなのに、別大ではボクの目標である2:40を切ることができた。普通に考えたら40分切りは無理だと思うのだが・・・・。

なぜか?この辺りのことがもう少し解ってくるとマラソンの練習方法やアプローチの仕方も解ってくるかもしれないと思う。

ベテランのランナーさんに言われたことだが、「フルとハーフは別物だ」ということを痛感した次第です。

そして、必ずしもインターバルなどのスピードがフルマラソンに絶対に必要とは限らないということかもしれない。

« 第60回 別府大分毎日マラソン | トップページ | 『栄光の岩壁』 新田次郎 »

ランニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1347620/38790609

この記事へのトラックバック一覧です: 別大雑感:

« 第60回 別府大分毎日マラソン | トップページ | 『栄光の岩壁』 新田次郎 »