2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト
無料ブログはココログ

« あだ桜 | トップページ | 『復活の力』 長田渚左 »

2011年4月17日 (日)

第31回 若狭マラソン(ハーフ)

2年ぶりに若狭を走ってきました。

昨年もこの大会にエントリーしたものの、“鵞足炎”の故障のためDNS。一昨年は体重が少なすぎて(当時53kg台)体に力が入らず失速の1:21'26。ちなみに、この経験でベスト体重というものがあるということを痛感。軽すぎる体重も考えものだと学習をした。

さて、今回のレースは昨シーズン1度も達成できなかった80分切りがテーマ。なんとかこの時期にいいイメージで走り、これからのスピード練習につなげていきたい。

しかし、結果は1:21'12。

レースになったのは前半のみ。
ハーフの半分の地点を40分を少し切るタイムで通過。後半にペースアップして、ネガティブラップを刻むつもりが、折り返してから強烈な逆風。1kのラップが4分をオーバーするところも。
折り返しでボクのカテゴリーである“40歳以上”の人は多分前に4人ほどいると確認。この大会は10位まで入賞があるので、なんとか入賞圏内にいる。
折り返しからの逆風でタイムはあきらめ、極端な失速が無いように走る。そして、しっかり最後まで走りきることを心がける。

おかげで前方に見えていた黄色いランシャツの人に追いつき、粘りの走りはなんとかできたと思う。ラスト1kは3'29だったので追い込めたかなぁconfident

そして、結果は折り返しで確認した通り年代別5位入賞。この大会では初めて入賞することができました。

P1010053

P1010062

タイム的にはお恥ずかしいかぎりですが、この時期にレースを走りきれたこと。思い出すも辛い、昨年は4月は故障でほとんど練習ができませんでしたので・・・・。そして、5位入賞ができたことを思うと、ボクにとっては意味のあるレースでした。

今日のレースは、ランニングの先輩でもある、『大将』『濱ちゃんさん』とご一緒させていただきました。ボクの運転にお付き合いいただきましてありがとうございました。

P1010061

帰宅途中に妻から連絡。

実は本日ボクの住んでいる川西市では『源氏祭』http://azuhizi.cocolog-nifty.com/blog/2010/04/post-140c.htmlが行われていたのですが、祭に行っていた次女が抽選で自転車が当たったとのこと。帰る途中に祭の会場よって車に積んで帰ってきてくることに。

P1010063

しかし、昨年の夏の祭りに続いての大当たりhttp://azuhizi.cocolog-nifty.com/blog/2010/08/post-1d62.html。この先何か悪いことが起こらないか少し心配ですcoldsweats02

« あだ桜 | トップページ | 『復活の力』 長田渚左 »

マラソン結果」カテゴリの記事

コメント

さすがですね♪5位入賞おめでとうございますshine
今日は天気もよかったし、でも走るには暑いですね・・・・
なんかすごいレベルなので私なんかがコメントするのもおこがましいくらいですcoldsweats01

私も追いつきはできませんが、「市民ランナー」になるために頑張り始めています♪
今日は早朝5:30から8キロランニングしてから家族でひらかたパークに出かけてきましたsun
開園同時の10時から閉園の18時前まで満喫してきました♪

今日はおつかれさまでした♪春のレース入賞でいいスタートがきれそうですね♪

マーチさん

タイム自体はたいしたものではないのでお恥ずかしいかぎりです。世の中にはまだまだすごい人がゴロゴロいますしねぇthink

5:30に起きてジョグですか・・・・。いよいよ本格的になってきましたね。
ボクは朝にジョグをすると、その後の生活のリズムも良くなるので、ゆっくりのペースでも続けています。しかも、早く起きることができれば練習時間は確実に確保できますしね。そして、しばらくはボーとしていますが、だんだん目覚めてくると気持ちが良い。おまけに、朝食を食べずに走ることによってダイエットにもなるんですよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1347620/39645614

この記事へのトラックバック一覧です: 第31回 若狭マラソン(ハーフ):

« あだ桜 | トップページ | 『復活の力』 長田渚左 »