2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト
無料ブログはココログ

« 清明 | トップページ | USJ未遂 »

2011年4月 6日 (水)

新年度の出会い

今週の月曜日の4/4からボクの職場は実質、新年度のスタート。職場もしばらくは会議の連続で、ボク自身の仕事の準備など、バタバタしてしまいました。
新しく転勤されて来た方がたくさんいてました。毎年、この時期は、新しく来られた方に興味津々なんですが、年々このテンションが下がってきているような気がします。なぜ?

さて、人との出会いって大切なことだと思います。ボクがランニングを始めたのも、出会いがあってのこと。かつてよく行っていた飲み屋の大将が走っていたのがランニングを本格的に始めるきっかけ。これが無ければ、走っていなかったでしょう。そこからも様々な人と出会いで今のランニングライフがあるのですから“人生の出会い”って重要なものですよね。当然、ボクの今の仕事もある人の出会いがきっかけですし・・・・。

先日、脳の研究者で有名な茂木健一郎さんの著書『脳を活かす仕事術』という本を図書館で見つけたので借りました。

512m2bvetlhl_bo2204203200_pisitbsti

1時間程度で読める本ですが、出会いについて印象的なことを書かれていました。それは“セレンディピティ”という言葉。著書からボクなりに引用し、まとめると・・・

セレンディピティとい言葉は、18世紀のイギリスの作家、ホラス.ウォルポールが作った造語です。セレンディプとは、いまのスリランカを表す古い言葉です。ホラスが子どものころに読んだ童話『セレンディップの三人の王子』にちなんで名付けられました。この話の中で、三人の王子たちは旅の途中で様々な「本来、自分が求めていなかったもの」に出会います。しかし最終的には、その偶然の出会いが王子たちに幸運をもたらすという話です。
最初は、この話を読んだウォルポールが「偶然の幸運に出会う能力をセレンディピティと名づけよう」と、友人に宛てた手紙の中で提案したものだったのですが、それが広まり、今日まで使われるようになったのです。
セレンディピティの「出会い」とは、人との出会いだけではありません。自分の人生を変える出来事や、のチャンスに巡り会うことも「偶然の幸運」です。もしこのセレンディピティを身に付けることができたら、人生の大きな助けになるでしょう。ただし、幸運に出会えるかどうかは、その人の能力によって左右されることではありません。まさに偶然で決まることです。こればかりは、人為ではどうしようもないのです。
しかし、偶然を幸運に結びつけられるかどうかは、実は考え方次第なのです。そのポイントは三つあります。それは

           「行動する」「気付く」「受け入れる」
まず「行動する」。「果報は寝て待て」ではなく、とにかく何か具体的な行動を起こすことが肝心です。
第二に、行動することによって偶然の出会いがあった時に、まずその出会い自体に「気付くこと」が重要です。気付くためには、自分の身の回りで起こっていることや、自分が心の中で感じていることに対し、よく観察していなければなりません。この二つは、「日ごろの準備」です。普段から何も考えずにボーッとしていたり、人生を変える「幸運」を待っているだけでは、絶対にセレンディピティを養うことはできません。
そして、第三のポイントは、意外なことに出会った時や、アドバイスなどに「これは自分の思っていたことと違う」などと拒否せずに「素直に受け入れること」です。頭の中で「これは違う」と一方的にはねつけるのではなく、「ちょっと待てよ」と柔軟に、自分の中に受け入れてみることです。
偶然の出会いは、こうした出来事だけではありません。「ある人との出会い」というのもあるでしょう。まずは自ら行動を起こし、様々な出来事に遭遇する、いろんな人に出会うことが大切です。偶然はコントロ-ルできません。しかし、偶然を幸運に結びつけるための行動や意識は自分でコントロールすることができるのです。

うまいこと、出会いの大切さが書かれています。ボク自身、頭の中でなんとなく、漠然と思っていたことですが、いざ、きちんと文章で書かれていると納得できるものですthink

本日の早朝ジョグ11km。少しペースを上げ気味でgood

« 清明 | トップページ | USJ未遂 »

読書」カテゴリの記事

コメント

またまた読みたくなる本ですねぇ・・・・book

私自身この年齢の割りに受け入れはいい方ですし、行動もします。気づきもまぁまぁでは・・・・
と自己分析していますが、ただ自分がまったく興味のないものに関してや、嫌いなものへの行動や
気づきはない様に思います・・・・そんな分野へも頑張りを持っていけたらもっと活力ある人生が
開けていけるのかもしれません。
私も図書館に足を運んでみます。

調子が少し戻り走りに出かけたものの・・・・咳止めの飲みすぎか・・・やっぱり風邪のせいか
体が重く・・・・思うように走れず・・・たったの5キロを歩きも入れながら走るのがやっとでした・・・・
17キロ走れていたのに・・・・ショックです。
日曜日に体のダルさが治っていればいいのですが・・・・
咳止めの乱用によりかなりの便秘なのも原因です。強い咳止めなのでコデェインが多く入っているので
ものすごく便秘になります。それにあわせてかなり量の下剤(酸化マグネシウム)を飲んだのですが
ビクともしません・・・・
色々な不運が重なるしんどい大会になりそうです・・・・リベンジは11月一庫です!!

マーチ様

やっぱり風邪や咳の影響は大きいですね。薬の副作用も結構あるみたいで大変ですね。不運が重なることってよくありますね。こらえて欲しいものですが・・・・。
日曜日の大会までにまだ少し日にちはあるので、とにかく体調の回復に専念してください。
次は、一庫ですか?ボクは個人的に好きな大会の一つです。地元の大会なので、なるべく出走するようにしているのですが、今年は仕事の予定が未定で、?です。            

一庫はいつも同じ職場の人たちが10キロに出場しています。
だから私も今年は出たいなぁと思っています。ただ10キロかハーフかはたまた5キロかは
まだまだひと夏考えます。
大阪マラソンに通れば次はいきなりフルマラソンになりますが・・・・
まぁあの倍率では無理でしょうcatface
このまま走らず日曜日のハーフに挑みます。
今日は咳止めを飲まずで過ごせました。咳は出ますがしんどくない程度でした。
徐々に体調は戻っています。日曜日に普通の状態になっているように
体を休ませます。

マーチ様

ひとまず小康状態というところですか。今日からの雨も日曜日には大丈夫のようですし、気温もそれなりにいい感じですので、あとは走るだけでしょうgood。とにかく無理は禁物paper。レースも練習の一つと考えていきましょう。

ボクは次の週4/17に福井の小浜でハーフを走る予定です。どうなるか未知数ですが、ハーフは昨年の一庫マラソン以来です。ボクも来週に向けて体調を上げていきたいところですが・・・・。ボクも体調はいまいちweep

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1347620/39507008

この記事へのトラックバック一覧です: 新年度の出会い:

« 清明 | トップページ | USJ未遂 »