2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ

« 第93回 錦蘭会春季品評会大会 | トップページ | 1歳刻みランキング »

2011年5月26日 (木)

10年

先日、らんちゅうの品評会に行ったのだが、その後らんちゅうに関するあるHPを見ていたら、らんちゅうのを見る鑑賞眼があるレベルまで達するには10年かかると書いておられた。確かにボクが品評会で見たらんちゅうは一体どこが美しいのか具体的には解らなかった。ただ、何となく“すごい”“きれい”っていう感じconfident。やはり10年という期間は必要なのかと実感。

ボクもマラソンを始めて10年を越えるが、だんだんレースの走り方が解るようになってきた。まだまだ、解らないことも多いのですが、あるレベルには達したような気がする。

仕事もそう。初任者のころは毎日がバタバタしていて悩みの連続だった。しかし、10年ぐらいたった時期は一通り仕事をそつなくこなせるようになったし、仕事に対する自信みたいなものも出てきた。

翻って、今の職場に転勤してからはや8年目に突入。最近いろんな意味で、職場が大きく変わろうとしている。その変化が、一部の人間の恣意で動いているような、そして、人間関係がギクシャクしているような、息苦しい雰囲気が漂っている。昨日の長い、不毛な会議もそう。なんか、違和感を感じざるを得ない。もしかして、ボクの考えがおかしいのかもしれないが、納得できない意見も多い。この職場もそろそろ10年を区切りに、転勤を考えないといけないのかもしれないthink

本日の早朝ジョグ11km。夕方から明日・あさってと雨模様・・・・。さて、どうしましょう

« 第93回 錦蘭会春季品評会大会 | トップページ | 1歳刻みランキング »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

らんちゅうが綺麗に見えるようになるのに10年・・・・・shine
ランニングも10年・・・・・shine
私はまだまだランニングは1年半くらいフルもまだ一回も走っていないので何も見えてこないのが
現状で・・・ただひたすら毎日走っているだけです・・・・
仕事は以前の職場で12年今の職場で5年目・・・・・
今は中学生たちのクラブ活動や先輩関係もずいぶんちがうと聴いています。
先輩が厳しいクラブは人気がなくなり新しい後輩が入部しないので先輩たちは怒ってはいけない。
今の職場も毎年新しい人が入ってきますが、若い子たちを怒ってはいけない。質問しては
いけない。辞められたら困るから大事にしなさいと。
そしてその一年生職員たちが先輩たちの悪口を上司に言い、
私達先輩は上司に「みんなで話し合い、これから自分たちがどうしていくべきか
かんがえましょう」と・・・・・
何年・何十年この職場に貢献してきた人たちよりも昨日今日入ってきた
二十歳そこそこの人間関係や・社会のいろはも解っていない一年生の愚痴に
私たちが毎日のように時間をとられ話し合いをする。
まったく理解できないことですがこれが現状です。
私の子供たちもこんな弱く、どうしようもない大人になってしまうのだろうか・・・・
と母親目線で悩んでしまいますdown
でも職場の嫌なことは「これでいいのだ」と言い聞かせて頑張っています。smile
そして無になって走り良い汗とともに仕事の灰汁もだしてしまいますsmile

マーチさん

ついつい日常の多忙などで忘れていました。「これでいいのだ!」をcatface

職場の中で2年ほど前はボクが一番年下の部類だったのでしたが、最近はボクより年下の人がたくさん転勤してきて少し複雑な気持ちです。
というのも、「最近の若者は・・・・」的な気持ちに、自分がなりつつあるからです。ついつい小言を言いたくなるのですが、小心者の(?)のボクは心の中だけでとどめています。
とりあえず大人の対応を心がけていますが、世の中誰か叱ってくれる人=怖いおっちゃんみたいな人が必要だと思うんですが・・・・。

「ゆとり教育」と「誉めて伸ばす」をきちんと理解せず取り組んできた日本・社会・親の
教育の成果だと私は思います。
昔は結婚するとその家に嫁ぎ、旦那の両親と暮らし、子供・親・祖父母がいて・・・・
でも豊かな高度成長期に親たちはわずらわしい家族関係を断ち切り、核家族化し
家族間のわずらわしさすら我慢できない人たちが、他人とのわずらわしい関係を断ち切らずに
いるはずがなく、近所・社会・職場・・・・・色々な人間関係を断ち切ったことで
コミュニケーション能力は極端に低下していったんだと私は思っています。
その証拠に動物としての本能である恋愛までできない状態に今の若い子達はなっています。
「婚活」って・・・・・好きな人に自分の気持ちを伝えることすらできないなんて・・・・・
コミュニケーション能力の一番最低ラインです。そんなことすら本を見て、婚活の匠にアドバイスを
もらわないと自分の気持ちを伝えられない・・・・・
私達の親世代、団塊世代の親たちは世の中を引っ張り、今の日本を先進国に
引き上げたのかもしれませんが、それの代償に子供たちを駄目にしていったのだと思います。
団塊世代の親が育てた子供たちが私たちです。「わずらわしさ」は取り除くべきでは
ないんだと思います。「わずらわしさ」は克服して?嫌、取り組みこなせるようにならないと
いけないんだと思います。団塊世代の豊かになった親たちが
祖父母を施設に入れてわずらわしいものを排除した結果が今の子供たちの世代に
結果として出てきているように思えてなりません。
なんか書いてて意味不明ですねdown
今日は気分が乗らないのでランランランニングはお休みですsmile
夕方からは仕事ですdown

ミヤーンさんこんにちは!

表題に対するコメントではないですがすみません^^;

しろちーずのHP(尼崎N・R)のSDの運営会社が5月末で閉鎖になるんです。
よって急遽HPを下記アドレス先に変更しました。
尼崎N・Rトラック練習会の予定などを書いていきますので、たまにチェックしてくださ~い。

手間を取らせます。
またレース結果の報告など楽しみにしておりますね。

http://sports.geocities.jp/sirochiz/

マーチさん

おっしゃることはよく理解できます。
ボクは家庭の中でどうしてもガミガミ小言を言う方で、妻にも時々たしなめられている次第です。親戚の子どもでも容赦しません。多分甥(幼稚園年長)はボクのことを「怖いおっちゃん」だと思っているでしょう。でも、それでいいのだと思っています。もしかして甥は親のいうことより、ボクのいうことをよく聞くかもしれません。(多分そんなことはないと思うけど・・・・)

でも、本当に叱ると褒めるバランスって難しいですね。我が子のことで、一時期、褒めることをスローガンに生活したことがありますが、一日ももたなかったです。ボクが怒ったら貯金箱に500円入れるペナルティをしてましたが、速攻で反故しました。

しろちーずさん

お久しぶりです。たまにどころか常に、しろちーずさんのHPはチェックさせていております。よって、変更も了承しておりますので、これからも、チェックさせていただきます。
いろんなことにチャレンジされている姿をみて、ボクも元気を頂いている次第ですので、HPは楽しみにしています。
尼崎NRに行くことがあれば、またよろしくお願いいたします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1347620/40138814

この記事へのトラックバック一覧です: 10年:

« 第93回 錦蘭会春季品評会大会 | トップページ | 1歳刻みランキング »