2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト
無料ブログはココログ

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月の記事

2011年5月31日 (火)

さよならステップワゴン

5年前に一番下の岳が生まれた時に購入した愛車“ステップワゴン”をついに手放すこととなった。

名古屋の『ホ○イトハ○ス』という車屋でキャンパー仕様にしてもらった車だ。屋根が上に上がって、上で寝ることができます。

P1020009_2

P1020010_2

それなりに愛着もあったが、家計の諸事情により手放すこととなった。今日がお別れの日。

思えば、この車でTDLに行った。途中、足柄SAで屋根を上げて、暑い中車中泊をした。

一番長い距離を走ったのは、2年前の7月。高速道路休日1000円を利用して、鹿児島まで高速で移動。知人がいてる屋久島へ行きました。

この時は屋久島で皆既日食が見れるということで、頑張って行ったのですが、残念ながら当日は曇&雨。皆既日食そのものは見られませんでした。でも日食が始まる時間帯に町全体が昼なのに真っ暗になったのは幻想的でした。

その後、長女を連れて縄文杉を見に行ったり(10時間歩きましたが)、九州最高峰の宮之浦岳に登ったりして屋久島を満喫しました。ちなみに、ボクは縄文杉も、宮之浦岳も2回目です。

そういう、いろいろ思い出が詰まった車のお別れは寂しいものがあります。ステップワゴン、お疲れ様でした・・・・。

本日の早朝ジョグ11km。今日は台風一過というのに曇天&寒い。

2011年5月28日 (土)

1歳刻みランキング

ようやくランナーズの1歳刻みランキングを本屋さんで確認しました。

ランネットではすでに確認をしていたのですが、改めて雑誌で全体を見渡して納得しました。

一昨年は40位。

昨年は21位。

そして今年は・・・・

Rannkinngu_2 13位でした。

記録的には昨年と比べて数秒更新することができましたが、この年齢になってくるとこれからは記録の維持がランキングを上げる(維持する)ことにつながるということでしょう。

特に、このランキングをモチベーションに走っているわけではありませんが、このランナーズの企画で、昨シーズンのフルマラソンを走った余韻に浸ることができます。そういう意味で、ランナーズもなかなか面白い企画をしてくれますね。

来年も、このランキングの余韻に浸れるような走りをしたいものです。

本日は朝から雨と思っていたが、予想に反して降らず。その隙に6時からジョグを2時間弱。いつものグランドは前日の雨でグチョグチョだったので、プチトレイル?21kmほど猪名川町から宝塚市に抜ける峠道を走りました。宝塚までは行けず途中で引き返すが、人も車もなく、川のせせらぎが心地よいコースでした。

2011年5月26日 (木)

10年

先日、らんちゅうの品評会に行ったのだが、その後らんちゅうに関するあるHPを見ていたら、らんちゅうのを見る鑑賞眼があるレベルまで達するには10年かかると書いておられた。確かにボクが品評会で見たらんちゅうは一体どこが美しいのか具体的には解らなかった。ただ、何となく“すごい”“きれい”っていう感じconfident。やはり10年という期間は必要なのかと実感。

ボクもマラソンを始めて10年を越えるが、だんだんレースの走り方が解るようになってきた。まだまだ、解らないことも多いのですが、あるレベルには達したような気がする。

仕事もそう。初任者のころは毎日がバタバタしていて悩みの連続だった。しかし、10年ぐらいたった時期は一通り仕事をそつなくこなせるようになったし、仕事に対する自信みたいなものも出てきた。

翻って、今の職場に転勤してからはや8年目に突入。最近いろんな意味で、職場が大きく変わろうとしている。その変化が、一部の人間の恣意で動いているような、そして、人間関係がギクシャクしているような、息苦しい雰囲気が漂っている。昨日の長い、不毛な会議もそう。なんか、違和感を感じざるを得ない。もしかして、ボクの考えがおかしいのかもしれないが、納得できない意見も多い。この職場もそろそろ10年を区切りに、転勤を考えないといけないのかもしれないthink

本日の早朝ジョグ11km。夕方から明日・あさってと雨模様・・・・。さて、どうしましょう

2011年5月22日 (日)

第93回 錦蘭会春季品評会大会

先日からランチュウの師匠より

「一回、品評会においでえやぁ」

と誘われていました。

休日は仕事やマラソンや家庭やらでバタバタしていましたが、今日の午前中は時間があるので見学に行くことにしました。長女は部活なので自宅待機。長男はサッカーの練習でしたが、急な大雨で帰宅。長男・次男・次女をつれて会場である「豊中市公園ふれいあ緑地」へいきました。

会場ではすでに審査が始まっており、師匠のランチュウは上位にえばられていました。

Ts3k0014

ボクのイメージとはケタ違い。大きいランチュウだとビール缶500mlぐらいの大きさのものが悠々と泳いでいる。単なるペットではなく、ある意味、芸術の世界を感じました。自分の知らない世界を拝見することができ、驚きと感心の連続でした。師匠から有名な方を紹介していただき、いろいろな話を聞くことができました。

ただ、折からの寒い雨で子どもたちが「寒い寒い」とぐずり出したので、あまり長居せずに会場を後にすることとなりました。

まだまだ、品評会のレベルではないのですが、まずはあれぐらい大きなランチュウを育てられるようにチャレンジしていきたいと思っています。

本日は昼前から雨が降るということだったので、いつもより少し早く起きて20kmジョグ。途中から小雨がパラパラと降ってきましたが、なんとか20km走れました。

2011年5月20日 (金)

『悩む力』 姜 尚中

これもよく話題になった本。図書館にあったのでとりあえず借りて読みました。

Photo

amazon紹介文より。

あなたは100年前の漱石と同じ壁にぶつかっている!悩みぬいて強くなる。著者初の生き方本 情報ネットワークや市場経済圏の拡大にともなう猛烈な変化に対して、多くの人々がストレスを感じている。格差は広がり、自殺者も増加の一途を辿る中、自己肯定もできず、楽観的にもなれず、スピリチュアルな世界にも逃げ込めない人たちは、どう生きれば良いのだろうか? 本書では、こうした苦しみを百年前に直視した夏目漱石とマックス・ウェーバーをヒントに、最後まで「悩み」を手放すことなく真の強さを掴み取る生き方を提唱する。現代を代表する政治学者の学識と経験が生んだ珠玉の一冊。生まじめで不器用な心に宿る無限の可能性とは?

続きを読む "『悩む力』 姜 尚中" »

2011年5月17日 (火)

誕生日

昨日は長男の誕生日でした。これで9歳。早いものです。

特別に焼き肉を家族と実父を招待して自宅で食べました。次男はいまいちのテンションであまり食欲もなく、ケーキも残す有様。しかし、ボクも含めてHPP(ハラパンパン)でした。

長男は、相変わらずぐうたらなところはありますが、少しは成長してるかなと思います。特にサッカーはずいぶん上手になってきました。日曜日にはリフティングが147回できたとボクに報告にきました。はじめの頃は10回できるかどうかだったのに・・・・。

一方、長女(中1)は昨日と今日が中学生活初の中間考査。受験生を抱えた親に気持ちが少し分かりました。ボク自身のことではないのに、妙に神経質になっていました。本当は本人がしっかりやればいいことだし、あかんかったらそれでもいいし、親がつべこべ言っても仕方がないと思っているのに、ついつい小言を言ってしまうボクがいましたcoldsweats01。さて、一体どんな結果が返ってくるのやら・・・・。

本日の早朝ジョグ10km。昨晩に長女から朝早く起こしてと頼まれていたので、いつもより少し早めに起きて、長女に声をかけてからジョグに出かける。

2011年5月16日 (月)

『走れば人生見えてくる』 間庭典子

これも図書館本。

51wc4e2by4el_sl500_aa300_1

amazon紹介文より。

夜遊びOLだった女性、片肺を無くした男性、大失恋をした30歳の女性、何をするにも自信のなかった女性、介護に疲れた女性、がんを発症した男性――。
走って人生が変わった男女14人のルポルタージュ。自らスパルタスロン246キロを完走するまでに至った著者が知った「走る魅力」とは。ブームの理由はここにある!

続きを読む "『走れば人生見えてくる』 間庭典子" »

2011年5月11日 (水)

ゴン太

今朝、実家の犬が亡くなりました。ゴン太という柴犬です。ボクが名前をつけました。小学校の教科書にのっていた『ごんぎつね』のきつねににていたので、ゴン太としました。16年間生きていました。

Gonn

ボクがまだ実家で生活をしていた頃、毎朝散歩に連れて行っていた記憶がよみがえります。元気な犬で、ぐいぐいとリードを引っ張っていました。夏には逃げる犬を捕まえてシャンプーをしたものです。

でも、2週間ぐらい前にボクが散歩に連れて行ったときは、歩くのもままならない状態でした。

老衰だろうと思われますが、長生きしたなぁと思うと同時に、悲しく、寂しい気持ちでいっぱいです。ゴン太よ。天国ゆっくりしてくれweep

そして、実家には父一人だけになり、さびしくなると思うので、それも心配です。

本日は小雨が降っていたが、早朝ジョグを9km敢行。日曜日のレースの疲れが今頃でたのか、朝の目覚めはイマイチng。この目覚めの悪さは、今日の出来事の予兆だったのか?

2011年5月 8日 (日)

24 回 丹波市 市島三ツ塚マラソン大会

丹波市の市島で10km走ってきました。朝の7時に大将をピックアップして、1時間30分ほどで市島の会場に到着。

この大会は今年で6年連続の出場。昨年は故障明けで、5月に入ってようやくジョグができるようになっての出場。40分ぐらいかかりました。そういう意味では今年は大きな故障もなく、ある意味リベンジの大会です。

結果は

1k・・・3'19(157)

2k・・・3'33(173)

3k・・・3'31(176)

4k・・・3'47(175)

6k・・・7'27(173)

7k・・・3'55(176)

8k・・・3'51(174)

9k・・・3'53(172)

10k・・・3'57(177)

37'17 平均心拍数173

初めの3kmはそこそそ余裕があり、k辺さんやその他の有名なランナーさんの集団についていくことができましたが、4km付近から徐々に集団から離されていった。
そこからはずるずるとラップも落ちていく苦しい走り。フォームを崩さぬよう、リズムの良い走りを心掛けるが、前半のようなラップはもはや刻めないcrying
ラスト2km付近でベテランランナーのF井さんに声援をいただき少し元気が出る。
ラストの上りの手前でナッキーさんが「前を見て一人ずつ」との声援を頂き、ラスト坂で一人抜き粘りの走りができました。この最後の坂で心拍数が180を越え、警報音が鳴る有様danger
そういう意味では、このレースで十分追い込めた走りができたと思います。次につながるレースだったと思うことにします。最高気温は28度もあり、かなり暑かったという言い訳もしておきましょう(笑)

一応今回のタイムはこのコースでのセカンドベスト。ベストは4年前の35'50。その時は池田猪名川で36'00で走っていたので、それからすると今回は、36分台で走れると思っていたのですが、甘かった・・・・。しかし、4年前のタイム、一体どんな走りをしていたのだろうか?

この大会は、ボクの地元の中学生も参加しており、わが子が通っている小学校の先生も監督として来られていました。レース後、少し監督さんとお話をすることができました。もう60歳を過ぎていて、体力的にもしんどいと言いつつ、マイクロバスを運転されて生徒を連れてくる姿勢には脱帽です。いいお話ができました。

2011年5月 7日 (土)

『NO LIMIT』 栗城史多

今日は、明日のレースに備えて軽めの早朝ジョグ11km。流しも5本入れました。

ボクはかつて山によく登っていた。子どもが生まれるまで、春夏秋と北アルプスや南アルプスなどよく行った。北海道や東北の山にもかなり行きました。

子どもの名前も山にちなんだものだ。上から

梓・・・上高地の梓川

聖・・・南アルプスの聖岳

蓮・・・富士山の別称

岳・・・これはいうまでもなし


でも、ここ数年子育てで山は休業中。最近行った山は一昨年屋久島に皆既日食を見に行った時に屋久島の“宮之浦岳”にいったことぐらい。ついでに長女の梓は世界遺産の“縄文杉”にも連れてっいたのだ。ちなみにボクは宮之浦岳も縄文杉も2回目。

さて、懐かしい登山だが、若手の登山家が注目さているらしいeye

栗城史多という登山家。

詳しくはオフィシャルHP http://kurikiyama.jp/ をgood

現在も無酸素でエベレストの登頂に挑戦中なのだが、彼の著書が表題のもの。

51hqdwgfuul_bo2204203200_pisitbstic
世界は違えど挑戦することについてはボクも同じ。
励まされる言葉がたくさんあります。

続きを読む "『NO LIMIT』 栗城史多" »

2011年5月 6日 (金)

こどもの日のTG戦に思う

今年初の東京DのTG戦はタイガースの2勝1敗で勝ち越し、いい感じで終わった。

でも、単に勝ち越しただけではなく、岩田投手の涙のヒーローインタビュー。ボクもケガをして苦しんだので、気持ちは痛いほど解る。メディアには見えない苦労がたくさんあったと思う。持病も抱えてのことなので、想像を絶する思いがあったと思う。

そして、小笠原選手の2000本安打。タイガース戦であんまり打ってもらったら困るんですが、敵ながらいいバッターだと思う。あのフルスゥイングは気持ちが良い。
晩のNHKのニュースのスポーツでコーナーで小笠原選手の練習の様子が出ていた。ティーバッティングの様子だが、ひすら片手で丁寧にコツン・コツンとバットに当てていた。基本練習を黙々とこなしていくのは、困ったときに活きてくるからだと本人は言う。
どんなスポーツでも、そして、どんなレベルになろうとも基本は大切だということですね。

今日の早朝ジョグは基本を意識しながら10km走りました。マラソンの基本はジョグです。

2011年5月 5日 (木)

子どもの日

こどもの日はお仕事は休み。少し普段より早く起きて20kmのジョグ。走り始めは少しヒヤッとする感じで寒かった。

その後、帰宅してランチュウの餌をやろうと思ったら、自動餌やり機が水没crying。機械がおじゃんになり一日のスタートとしてつまずいた感じweep

GWの我が家は家電製品の買い換えラッシュ。
DVDレコーダーは地デジに対応していないので買い換え。ついでにBLにpaper
PCも最近電源が入らなくなり、変な音がするので修理に出す。どうもVistaは不具合が多い。よって、アウトレットのノートPCを格安で購入。セブンです。
レコーダーが新しくなり、ビデオカメラも新規購入coldsweats02
もちろん我が家にそれほどの現金があるはずもなく、すべて夏のボーナス払い。夏のボーナスが恐ろしい・・・。というかすでに無し。

その後、ランチュウの師匠に来ていただき、2月に分譲していただいたボクのランチュウを見ていただくと共に、師匠の自宅を訪問し見せていただいた。同じ親から生まれた子なのにボクのランチュウに比べてすでに倍以上の大きさ。スケールが違いすぎる。

結局、それで3連休の最後は終わってしまいました。

夕方から、中山寺のデポに行き、長男の誕生日のプレゼントを買いに。サッカーをしているのでジャパンのユニフォームを!さすがにイナズマイレブンのシャツはどうかと薦めましたが、いらないみたいでした。6番の内田選手のユニフォームを買いました。これを着てますますサッカーを頑張って欲しいものです。

6月5日のわかさあじさいマラソンで長男と2人で親子ジョギング(2km)に出場予定です。この服の名前に恥じないようにしっかり走ってもらいたいものだ。

そのデポで事件が発生。ボクと長男・長女・次女がユニフォームを誰のにしようと相談していたとき店内放送がear

続きを読む "子どもの日" »

2011年5月 4日 (水)

黄金週

昨日はGW中の唯一家族行事でした。

妻の実家へ行き、BBQ。

その妻の実家の猫が赤ちゃんを生んだらしく。ボクははじめて見ました(写真は後日掲載予定)。子どもたちは

「かわいい、かわいい」

と言ってだっこしたりしていました。

「お父さん、飼いたい・・・」

と言うのですが、我が家には子猫以上に手がかかる人がまだいます。今のところ、金魚だけで充分です。

昼からビールを飲んで、肉、サザエなどの海産物、野菜をよばれました。HPP(ハラパンパン)です。食後におやつを結構食べたりして、体重が心配。

ここ最近あまり体重を気にせず、食事を好きなだけ食べて、おやつも好きなだけ食べている毎日です。よってベスト体重より2kgあまり増。あまり良くないと思いつつ、「これでいいのだ」ということにしておきます。

しかし、今週末には丹波市の市島で行われる「丹波市市島三ツ塚マラソン」の10kmに参加予定です。ここ数年連続で走っていますが、昨年は故障あけのリハビリを兼ねて出走。
今年はある意味万全なのですが、調整はイマイチweep。しかも、この大会の40歳代のレベルは無茶苦茶高いので、とりあえず自分の力を出し切る走りを心懸けようと思います。

昨日は少し早く起きて20kmの早朝ジョグ。

本日は8kmの早朝mジョグ。

2011年5月 2日 (月)

『チーム』 堂場瞬一

東京マラソンで活躍した市民ランナー川内選手。市民ランナーとはいえ、かつて彼も箱根駅伝を走っている。学連選抜という立場で。

この学連選抜で走る選手はどういう思いで走るのだろうか。このテーマに挑んだのがこの小説。

51lhabqew5l_bo2204203200_pisitbstic

amazon紹介文より

母校代表としての箱根駅伝出場を逃した「敗れた強者」たちのチーム「学連選抜」が挑む二日間、東京~箱根間往復217.9kmの苦闘と激走。誰のために、何を背負って俺たちは襷をつなぐのか。俊英が迫真の筆致で描ききる、入魂の駅伝小説。 (引用終わり)

続きを読む "『チーム』 堂場瞬一" »

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »