2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト
無料ブログはココログ

« 秋の行事 その2 | トップページ | 『まほろ駅前多田便利軒』 三浦しをん »

2011年9月25日 (日)

第14回 村岡ダブルフルウルトラランニング 44㎞の部

久々の村岡ダブルフルです。4年ぶり。

夏に走り込んだ成果を試すつもりで行きました。

2007年のタイムが2:26。条件は小雨の涼しい条件だったが、このタイムは越えたいと思っていた。手にはこの時の10㎞ごとのラップをメモっていた。

前日は少し早めに就寝したためか、起床予定の5:00の20分前に目が覚め、今更少し寝ようと思っても無理だろうと思い起床。予定より少し早く出発する。

会場の受付である村岡体育館には2時間10分で到着。早朝のため道はすいていました。ちなみに帰りは所々で渋滞があり3時間弱かかりました。

さて、受付場所はらバスで山田地区まで送ってもらい、1時間以上ゆっくりしてスタート。

最前列からスタートし、最初は5位前後で走るものの1回目の坂の中盤で4人に抜かれて9位に後退。やはり心拍数が上がるとキツイ。順位が後退するものの心拍数は160後半をキープすることにして、無理なペースアップは避ける。このレースは後半勝負。1回目の坂で無理をすると最後までもたないというのは過去のレースで経験済み。

10㎞=51’17(169)

10㎞のラップは昨年より1分ぐらい早い。このペースでいいのだ、と思い10㎞でBCAAを補給しようと、ゼッケンにセロテープでつけていたものを取ろうとしたが付いていないcoldsweats02。外れている。失敗した~。ゼッケンはフエルト生地っぽいものだったのでテープが振動で外れたのだろう。少しブルーになるものの、過ぎたことは仕方がない、と気持ちを切り替える。20㎞と30㎞に補給する分はウエストポーチのボトルホルダーに入れたいたので無事だったのが救いか。

10kmを過ぎてから下りが始まる。ここでペースアップをして追いつきたいところだが、下り始めて少ししたら横腹に差し込みがきた。無理をせず、収まるまでペースを落とす。しばらくすると収まり、前を向いて走る。そうすると一人発見。すかさず抜かす。このあたりから88㎞の上位の人もちらほら見かけることとなる。坂を下りきって国道を横断すると、2回目の上りの始まりだ。途中で但馬大仏を一回りする。今回はこの但馬大仏で今まで食べたことのない『おはぎの接待』をもくろんでいた。今まで食べたことがなかったので、今回は絶対おはぎを食べたやるぞ、と意気込んでいた。

ありました。おはぎがeye!きな粉とあんと2種類あったが、迷わずあんを手に取り,走りながらもぐもぐdelicious。「うまい!」後続のランナーとすれ違う時少し驚いたようでしたが、食い気はバテテいませんでした。後半のエネルギーとなったと思います。しかし、前を走るランナーが一向に見えてこない。

20㎞=48’34(152)

20㎞のラップは昨年より2分ぐらい遅い。もしかしてばててる?

2回目の坂を上り切り、100㎞・88㎞のコースとは少し別れて走る。この折り返しでだいたいの順位がわかるはずだが・・・・。折り返し前ぐらいで2人発見。この2人は何とか追いつきたいものだが、まずは自分の走りをすることを心掛ける。

再び100㎞・88㎞コースと合流すると下りが始まる。このくだりで岡山の消防の人らしきランナーに追いつく。すぐに抜かすが追いついて来ない。これで7位。あと一人は追いつきたい。

30㎞=43’14(149)

坂を下りきるとしばらく平坦な田園地帯を走る。ここは淡々と走るが一向に前のランナーの姿が見えてこない。

さぁ、いよいよ最後の登りが始まる。すこし怖いが、最後まで歩かず走りきること。この坂で何か起こるはず。

坂の中盤で見つけました。一人歩いています。前半飛ばしすぎると、ここはつらい。歩きたくなります。初参加の時は、情けないことに歩きました。つらさはよくわかります。が、すぐに追いつき抜かす。これで入賞順位6位だ。

40㎞=49’08(163)

さらに坂の終盤にもう一人発見。下り初めのところでこの人も抜かす。ついてこない。ここからラスト4㎞は下りのみ。しかし、この下りがきつい。もう脚はがくがく状態。だが、下りである故足は動く。さらに動かすために、腕振りをしっかりとすることを心掛ける。あと1㎞だ。後ろからは来ない。

ラスト4㎞14’57(177)

3:27’13 平均心拍数160 消費エネルギー1818kcal

ゴール後、コースに一礼。スタッフの方に一礼。

何とか無事完走できました。ゴール後スポーツドリンク2杯。コーラー2杯もらいました。朝は寒いぐらいだったが、レースの後半は日差しが強く、気温も24~26℃ぐらいまであがったような感じ。

そして、5位だと思っていましたが、速報の順位発表では4位。どこかで抜かいたのか、棄権があったのか、ボクの数え間違えがわかりませんが何とか入賞もできました。

もう少し行く前は、もう少し上位を狙っていたのですが、レース中は入賞もできないのじゃないかと思うこともあったので、4位入賞にはホッとしています。1位の方は毎回優勝しているか方。2位の方も四万十で優勝されてる方なので、レベルが違いすぎます。

でも、タイムは前回の4年前より1分弱遅い。4年前よりフルマラソンは速くなっているし、練習量も増えているのに、どう考えたらいいのか?

4年前より進歩していない?4年前から衰えずに頑張ってる?気象条件が暑かったから?

まぁ、複合的な要因があると思いますが、いいように解釈しとくことにします。

P1020340_2


今回の参加賞です。Tシャツは着れそうな気がします。ボクはバックプリントのメッセージTシャツが好きですので!デサント製でした。

P1020341
4位の賞品です。今回は商品のみ。表彰状はないそうです。

「花より団子」ということか?

« 秋の行事 その2 | トップページ | 『まほろ駅前多田便利軒』 三浦しをん »

マラソン結果」カテゴリの記事

コメント

4位入賞おめでとうございます!!臨場感のあるブログも入賞ものですね!(日頃の読書の賜物!?)

子供たちにも自慢出来てうらやましいです〜

家族からマラソンの価値を全く認められていないジェリー藤尾より

ジェリー君へ

最近マラソンから帰ってくると子どもから「何位やった」と聞かれるのがしょっちゅうです。入賞できなかったときはさすがに子どもたちも残念そうにしますが・・・・。一応“子ども”からはマラソンの価値は認められているようです。ある意味父の威厳ってとこでしょうか?そんないいもんじゃないか?
今回は何とか入賞することができました。でも、入賞って運みたいなものですからラッキーだったということかもしれません。

ブログを書くということは“書くこと”に対して脳みそを使います。時には辞書を引きます。推敲します。そういう意味では勉強になりますね。

4位入賞おめでとうございますshineshine
すごいですねぇ♪
マラソンの最中は色々あったようですが、いいレースになったようで何よりです♪
私も早くフルマラソンを経験し、レースを積み重ねて色々な練習や走りをやっていきたいです。
やはり一度は経験しないと攻略や策など何も出ないですからね♪
とにかくフルの経験と完走めざしエンジン全開で頑張ります♪
小学校2年の娘と50M走の練習をしながらスピードトレーニングもしてるのですが・・・
娘とあまり変わらない速さです・・・娘はリレーにも選ばれないほどで
足は速くないのに・・・・
私は根本的に足が遅いようですcoldsweats01

マーチさん

マラソンを走っているときはいろんなことを考えます。レースのことは当然ですが、レース以外のことも頭をよぎります。マラソンって自分との対話ですね。まぁ、一度経験してみてくださいね。

50m走や100mなどの短距離は才能だと思いますが、長距離、特にマラソンはある一定のレベルまでは、努力と気持ち(精神力)だと思います。才能のないボクが言うことですから本当です(笑)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1347620/42012857

この記事へのトラックバック一覧です: 第14回 村岡ダブルフルウルトラランニング 44㎞の部:

« 秋の行事 その2 | トップページ | 『まほろ駅前多田便利軒』 三浦しをん »