2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト
無料ブログはココログ

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月の記事

2011年11月30日 (水)

続 オオクワガタの幼虫

9/11のネタでオオクワガタの幼虫の飼育ボトルの交換のことを書いたが、それ以降新しいボトルの変色が進まない。死んでるのかと思いほじくることにeye。何とか生きていた。

そして、新しいヒラ茸菌のボトルの中に再び放してやる。

P1020578

次女の手に幼虫をのせてやると幼虫は糞をした。次女も苦笑い。と、同時にあまりない機会なので喜びもあったようだ。さっそく母親に報告するの次女であった。

本日の朝ラン5km。

そろそろ疲労を抜いていかなくては・・・。軽めのラン。この時期にしては結構温かかった。汗もじんわり。

今日でカーボ抜き3日目。

2011年11月29日 (火)

『分身』 東野圭吾

51kc1t2bj1tl_sl500_aa300_1 amazon 紹介文より

函館市生まれの氏家鞠子は18歳。札幌の大学に通っている。最近、自分にそっくりな女性がテレビ出演していたと聞いた―。小林双葉は東京の女子大生で20歳。アマチュアバンドの歌手だが、なぜか母親からテレビ出演を禁止される。鞠子と双葉、この二人を結ぶものは何か?現代医学の危険な領域を描くサスペンス長篇。

続きを読む "『分身』 東野圭吾" »

2011年11月27日 (日)

紅葉

いつの間にか我が家の庭のカエデも紅葉していた。

P1020631

ここ数日めっきり寒くなったからだと思うが、「いつもよりも少し遅めのような気がする」と、次女が言っていたが、その通りだと思う。

ボクの家は数年前に築25年の中古住宅を購入したものだが、庭にあったこのカエデは立派な紅葉を毎年見せてくれるので非常に気に入っている。

数年前まで、この時期は家族で嵐山などに紅葉を観に行っていたが、最近は家族が各々予定があり、ご無沙汰している。まぁ、あのラッシュアワーの混雑ような嵐山は疲れるだけなのだが・・・・。

本日の早朝ラン6㎞。

少しゆっくり寝たいところだが、長女の部活の試合が尼崎であるので5:50に起床して長女を起こす。

その後、ゆっくりと体調を確かめながらジョグ。ずいぶん脚が軽くなってきたような気がする。ようやく疲れが抜けたか?

2011年11月26日 (土)

恒例の儀式

勝負のレース直前には散髪に行くことにしている。もともと髪型には無頓着で伸び放題なのだが、少しでも軽量化(?)を目指し、気合を入れるべく、久々の散髪。

散髪屋に先日予約の電話をすると、散髪屋のおじさんが、「読○新聞に名前が載っていたでぇ。」との返答。大阪マラソンの結果のことだ。

結局、散髪をしてもらっている間は終始マラソンの話題でもちきりだった。一方、散髪屋のおじさんは10月の初旬に車で事故を起こしたらしく、大変だった話を聞き、思わず自戒する。

昼からは長男・次男を散髪に連れて行き、我が家の男どもは散髪三昧の一日となった。

本日の早朝ラン14㎞。

相変わらず寒くなかなか身体が温まらない。1時間ほどしてようやくほぐれてくる。

今週は日曜日の一庫マラソンの疲れが終始あり、ランの切れがなかった一週間だった。

今日のラストは流しを6本入れ、その後自宅前の坂ダッシュ500m。少し体に刺激が入った、と同時にだいぶん先週の疲労が抜けて来た感じがする。

2011年11月23日 (水)

『天空の祝宴』 堂場瞬一

M08090411

amazon 紹介文より
フリークライミングはもっとも孤独なスポーツの一つだろう。
しかし、これほど「自分は一人ではない」と感じさせるスポーツも他にない。
岩本空(いわもと・そら)はフリークライマー。
世界各地を転戦して大会に出場し、ヨセミテなどでフリークライミングに挑んでいた。
しかし、クライミングの好敵手(ライバル)で、親友でもあった江藤が、ヨセミテの巨大一枚岩「ザ・ウォール」攻略中に転落死した!?
以来、競技の第一線から退き、義父の店でフリークライミングの教室を手伝う岩本のもとに、江藤の妻・夏海が突然訪ねて来る。
一周忌を前に遺品を整理し始めたら、江藤の日記が見つかったというのだ。
それには、今まで誰も成功していない「ザ・ウォール」の初見での登攀(オン・サイト)
成功にかける江藤の熱い思いが綴られていた――。
地球(ホシ)に自らの爪あとを残すことに情熱を傾ける、孤高のアーティストとも言える男たちを熱く描いたクライミング小説。

続きを読む "『天空の祝宴』 堂場瞬一" »

2011年11月22日 (火)

ランニングソックスの進化?

以前に購入したアディダスのランニングソックス。

P1020630
このソックスの商品の説明によると

■ ランニング 5フィンガークロス テーピング グリップソックス 
■DRY ACE(ドライエース)/吸水・速乾・抗菌・防臭加工素材
■従来、運動疲労軽減の為に足裏アーチ部に施されるテーピング手法、クロステーピングをソックスに採用しました。縦横の適度な締め付けが連続運動による過度なアーチの落ち込みをおさえ、足裏をしっかりサポート。パフォーマンスレベルをアップ
■テーピング状の高伸縮性パワーバンドを足裏中足部でクロスに編みこみ。土踏まず部の過度なアーチの落ち込みを防ぎ、足裏をしっかりサポート
■5本指に分けることで各指に力を均等配分する事ができます
■蹴りだし分のシリコンドットプリントが気になるシューズとのズレを抑え、最大限のパフォーマンスを引き出します

足底筋膜炎の故障歴があるボクは、足裏のテーピング機能にひかれてこのソックスを購入。バーゲンで600円ちょいで安かったのもあったが・・・・。

そして、一昨日の一庫マラソンでさっそく試してみた。感触がよければ福岡国際マラソンでの使用も視野に入れて。

しかし、前日の試着でうろたえるcoldsweats02。サポート機能がきつくはくのに一苦労・・・。結構きつい。こんなんで大丈夫か?と思いながらもとりあえずレースではくことに。最近のソックスはすごすぎる・・・・。

レース本番でも、はくときは少し苦労したが、普段履いてる“アディゼロ・ジャパン(ワイド)”がジャストフィットする感じconfident。いつもはワイドタイプとはいえ少し横幅がきつい感じもあったのだが。

そして、走っているときも違和感なく、マメもできることなく走ることができた。サポート機能の効果があったのかどうかは不明だが、あの締めつけの感覚はなんらかの影響はあったのだろうと思う。

福岡国際マラソンもこのソックスで勝負しようと思う。

本日の早朝ラン13km。今年一番の寒さ。走っていてもなかなか身体が温まってこない。40分ほどして身体が温まってくると脚が軽くなってきたが、これからこういう日が続くのだろうなぁ・・・。

いよいよ、明日は福知山マラソン。天気が心配ですが、福知山を走られる方健闘を祈っております。
 

2011年11月20日 (日)

第30回 一庫ダム周遊マラソン

福岡国際マラソンまでの最後の調整レースである一庫ダム周遊マラソンのハーフを走ってきた。

P1020621

地元である川西市の大会なので毎年参加するようにしている。そして、このレース結果で福岡のレースプランを考えることにしている。

もちろん、まずは福岡で2:40を切ることが前提だが、そのペースで行けるかどうかは今日のレースの結果を踏まえて考えて行かねばならないと思っている。

そこで、今回のレースプラン。

  • 1:18台で走る→そのためには3'45/1kmを切って走らなければならない。
  • このコースのベストを更新する
  • 最低、1:20を切る→昨年はコースの変更もあったが、1:20を切ることができなかった。

そんなわけで、1㎞を3’45で、5㎞を18'45で走ることが目標。

地元の大会で会場までバイクで20分。スタートは10:20なのでゆっくりと起床。少し体をほぐして、朝食を食べて家を出る。

スタート1時間前には受付を済ませ、アップを20分ほどする。結構、暑くすぐに発汗する。10分前から並び、最前列からスタート。

始めの1㎞が3'34(174)。まずまずのペースか?毎年初めの1㎞はこんなもの。しかし、初めに登りがあるので、少し脚に乳酸がたまり始める。次の1㎞が3'41。呼吸も脚の張りも落ち着いてくる。この辺から地元の川西北○高校の集団につく。結構いいペースなので、5㎞手前の折り返しまでついていく。しかし、折り返してから、ペースが落ちてきたので前に出る。

5㎞=18’35(168)

7㎞手前から、スーと前に出てくる人が・・・。ハム下さんだ。5000mや10㎞の持ちタイムは、ボクは全く歯が立たない方。だが、このレースでハム下さんに絶対ついていこうと決めていたので、ついていくことに。リズムよく引っ張ってもらっていたのだが、10㎞手前で少しペースが落ちてきた気がしたので、前にることに。

今回のレースは、攻めの気持ちと、集中力をテーマに走ろうと決めていたので、つぶれるのは嫌だが、力の出し惜しみだけはしたくなかった。

10km=18’43(173)

10㎞を越えて、まだ1:18台のペースが維持できている。貯金も少しあるが、だんだんしんどくなってくる。ペースが落ちてきているよな感じがする。ここが集中のしどころだと思うが、結構、一杯一杯。15㎞の折り返しで順位を確認すると、40歳代で2位か?この順位は死守したいところ。あとは、タイム!

15㎞=19’05(173)

やはり、ペースは落ちてきている。後ろからも足音が聞こえてくる。結構バタバタした足音。ラスト3㎞・2㎞の表示が見えてきた。あと少しだ。ラスト2㎞で1:18台は無理と判断。あとは1:19台のどのぐらいかだ。あと2㎞を過ぎたあたりからスパートしようと思ったが、横腹が痛くなっきた。夏の練習からから時々起きるやつだ。ひどくなると走ることもできなくなるので、ひどくなる前に微妙にペースを落とし、痛みが去るのを待つ。

20㎞=19’30(170)

あと、1㎞の地点で1:16’16。3'40ぐらいで最後は収めたい。ラストの登りを終わり、ゴールまでの直線をスパート。でも、イマイチ脚に力が入らない。と、沿道から地元の高校生の檄が!だが、それはボクに対してでなく、ボクの後ろを走る高校生に対してだ!抜かされるものかpaper。スパートのスイッチが遅まきながら入る。しかし、なんかもがいているだけのような・・・・。なんとか抜かされることなくゴール。

コース・スタッフの方に一礼。

1:19’54(平均心拍数171) ラスト1㎞は3'38でまずまず頑張れたか?

完走証をもらいに行くと、やはり40歳代で2位。昨年も2位だったが、1位はなかなか難しいなぁ、と痛感。

福岡国際をどのように走るかは、この後じっくりと考えます。

今回のタイムは2:40切りは微妙なタイムだが、アップダウンが多いコースレイアウトを考えると、まずまずか、とポジティブに考えていきたい。そして、春先のキーワード『これでいいのだ!』think

この後の調整をしっかりして、疲労をしっかりと抜くことができれば、まだ走りのパフォーマンスは上がると思う。(思いたい!)

P1020623

表彰の様子。

P1020628
2位入賞のトロフィー。

P1020627
2位入賞の商品。スポンサーに阪急百貨店がついているので、川西阪急の菓子店(京都の御池の店らしい)の詰め合わせ。結構高価なものだと思う。帰宅後、子どもたちの3時のおやつにdelicious

2011年11月18日 (金)

妖怪人間

最近、土曜日の夜に『妖怪人間』の実写版のドラマをつい見てしまう。子どもを寝かすのが9時頃なので、寝かせてからリビングに降りてくると9時半ごろ。番組は中盤なのだが、次女は初めから見ている。

かつて、ボクが小さい頃に『妖怪人間』はアニメでやっていた。幼心に怖い思い出しか残っていない。が、ついつい怖いもの見たさで見てしまうアニメだった。

現代の実写版はある意味リアルだが、ヒューマニズム的なテーマがある。人間の心に潜む“闇”を考えさせられる気がするのはボクだけか?

明日はどんな話か楽しみだ!

本日の早朝ラン13㎞。日曜日のレースに向けて流しを5本入れる。

昼から雨の予報だったが、天気予報が外れて夜まで降らず。雨と思って車で通勤したが、バイクで行けばよかった。

でも、週間予報で明後日の日曜は雨の予報だったが、これも外れてくれそうでホッとしている。

2011年11月17日 (木)

『日輪の遺産』 浅田次郎

51zk98gnehl_sl500_aa300_1 

amazon 紹介文より

帝国陸軍がマッカーサーより奪い、終戦直前に隠したという時価200兆円の財宝。老人が遺(のこ)した手帳に隠された驚くべき真実が、50年たった今、明らかにされようとしている。財宝に関わり生きて死んでいった人々の姿に涙する感動の力作。ベストセラー『蒼穹の昴』の原点、幻の近代史ミステリー待望の文庫化。

続きを読む "『日輪の遺産』 浅田次郎" »

2011年11月15日 (火)

エントリーリスト

今日の朝日新聞のスポーツ欄を読んでいたら、福岡国際マラソンの出場選手が発表された-という記事が載っていた。市民ランナーの雄、川○選手や今○選手など有名選手が紹介されていた。

ということは・・・・。福岡国際マラソンのHPを見ると、やはり選手のエントリーリストが公開されていた。

Photo いよいよ迫ってきたかと、いう感じだ。

しかし、その前に今週末に地元の一庫マラソンのハーフでどのよう走りができるだ。福岡につながるような走りをしたい。

本日の早朝ラン13km。

明日から寒くなるらしいが、今日も少しひんやり。

2011年11月13日 (日)

ラジオの復権&復旧

以前のニュースで「10代から20代では、ラジオを聞いた経験のない人が4割に上る、とする調査結果もありますー」というデータが紹介されていた。

ラジオを全く聞いたことがない人が増えているらしい。

かつて、ボクが中学・高校の頃は「ながら勉強」をしたものだ。深夜放送の全盛期だったかもしれない。『ヤング・タ○ン』をよく聞いた。当時は、明石○さんま・島○伸介・ダウ○タウンなどの豪華メンバーが夜な夜ないろんな話題を提供して、ボクは聞きながら想像力を鍛えたものだった。当然勉強は・・・・。

しかも、そのままエスカレートして『オール○イト・ニッポン』まで突入することもしばしば。寝るのが2時、3時になり翌日えらいことになったweep

今はそんなこともないらしいということか?もちろん原因はネットや携帯電話らしい。当然の結果か。ただ、業界も手をこまねいているばかりではなく、パソコンからラジオが聞けるサービスも始まっているらしい。

そんなご時世だが、ボクは今もラジオ派paper。野球シーズンはラジオで。車の運転も音楽よりもラジオ放送。そして、早朝ランの時はいつもラジオを携帯して走る。ABCラジオの『おはパソ』がボクのお気に入り。道場さんの声でランニングのスイッチが入る。

しかし、本日ラジオのスピーカーから音声が聞こえない。どうやら故障したようだ。さっそく近所のジョ○シンへ修理の依頼。早くラジオが復旧してほしいものだ。早朝ランが寂しい・・・・。

本日の早朝ジョグ6㎞。また、温かくなってきたぞ?

2011年11月12日 (土)

秋の行事 その5 (暦の上では冬だが・・・・)

今週末はニュースによると5週間ぶりに雨が降らない週末だとか・・・・。そういえばここんところの週末は、土日どちらかは天気が悪かった。

だからというわけではないが、以前からこの日に予定していた一番下の岳の七五三参りをしてきた。近所の名刹多田神社でお参りをしたのだが、それまでにイオ○の写真室で家族全員で写真撮影をする。上の3人のときはそこまでしなかったのだが、これで最後だということで奮発することにした。

全員衣装を借りて撮影。上の2人の娘はドレス、長男はスーツを着ることにした。もちろん主役の次男は着物だが。

店のスタッフの方にヘアメイクから、着付まで丁寧に対応していただきいざ撮影へ。4人の子どもの成長を改めて実感した瞬間で、思わず涙腺が緩むweep。最近年を取ってきたのか、こういうことが多くなったthink

その後、多田神社でお参り。

P1020589

P1020595_3


その後、義兄家族や義父母とともに近所の中華料理店でディナーをrestaurant

中華に行けば、ランナーなボクはニラレバ炒めは外しません。

本日の早朝ラン22㎞。

初めは目覚めのジョグを9㎞ばかり行い、その後有酸素ランを8㎞実施。㌔5'00を少し切るペースで余裕をもって走る。寒くもなく、暑くもなく程よい気温だった。

2011年11月10日 (木)

15年

昨日は15年目の結婚記念日。早く帰宅して、外食予定だったが・・・・。

臨時に入った会議がこれまた想定外に長引いて帰宅がずいぶん遅れてしまった。

せっかくの記念日がpout。子どもたちも待ちわびたようで、速攻近所のイ○ンへ。

トンカツ屋で豪勢に(?)食べることなった。満腹delicious

その後、長女の提案もあり家族みんなでプリクラ撮影。さらに、子どもたちは、いつ知ったのか“お祝い”を買っていてくれたりしていて、記念すべき一日となった。

こういう日がいつまでも続いてくれますようにpaper

本日の早朝ラン13km。

2011年11月 8日 (火)

『彗星物語』 宮本輝

51j4dr7y5yl_bo2204203200_pisitbstic

amazon紹介文より

城田家にハンガリーからの留学生がやってきた。総勢十三人と犬一匹。ただでさえ騒動続きの大家族に、あらたな波瀾が巻きおこる。異文化へのとまどい、肉親ゆえの愛憎。泣き、笑い、時に激しく衝突しながら、家族一人ひとりは、それぞれの生の新しい手がかりを得る。そして別れ―。人と人の絆とはなにかを問う長篇小説。

続きを読む "『彗星物語』 宮本輝" »

2011年11月 6日 (日)

週末のスポーツ

全日本大学駅伝の最後の場面だけだが観ることができた。ラスト4㎞付近から。駒大に迫る東洋大。そしてシード権争いのかかる6位の上武大に迫る東海大。

東洋大と東海大のアンカーは大学の長距離界を代表するランナー。ハラハラしながら観た。そして、差は縮めるものの、両者とも最後は逃げ切られ、ゴールすると膝から崩れ落ちていた。その姿が非常に印象的だった。

そして、テニス。学生時代はテニスを本気でやっていたので注目しているスポーツの一つだが、とうとうやってくれました。錦○選手が世界ランキング1位のジョコビッチに勝利。日本テニス界の快挙。今まで故障が多くもう一つ乗り切れないかんじがあり、強さを感じなかったが、いよいよ来たか、という感じ。次は決勝で元世界王者のフェデラーと対戦。ツアー2勝目を狙ってほしいものだ。

最後に今日は兵庫県の高校駅伝の県大会が篠山で行われている。ボクの母校は県大会に男女アベック出場しているのだが、さて結果は如何に?全力を出し切って悔いのない走りができていればいいのだが・・・・。

本日の早朝ラン8㎞。

昨日からの雨が早朝は止んでいたが、その後は降ったりやんだり。高校駅伝は雨が降らなかったのだろうか?いいコンディションで走ってほしいなぁ。

2011年11月 3日 (木)

トレイル

ずいぶん前に、長男のサッカーのスパイクを買いにスポーツ・○ポへ。

そのとき、OSJのフリーペーパーをみつけた。

P1020389

OSJは言わずと知れた“トレイルランニング”の大会を数多く運営している団体。ボクも機会があれば・・・と思っているのだが、未だ本格的なトレランに参戦せずにいる。

しかし、このフリーペーパーに載っているおじさんの楽しそうな表情think。なんかトレランが楽しそうに思えてきた。

実は先日の大阪マラソンと同じ日に兵庫県の最高峰である氷ノ山で50マイル(70km)のトレラン大会が予定されていた。大阪が落選したら出ようかと思っていたが、70kmのトレイルということで躊躇していた。だが、このフリーペーパーを見たら気持ちが変わってきた。

そろそろフルマラソンからトレランに路線変更か?

本日の早朝ジョグ13km。

大阪マラソンの疲れもほぼ取れたようだpaper

2011年11月 2日 (水)

『サッカーで子どもをぐんぐん伸ばす11の魔法』 池上正

 

41x6utgklnl_sl500_aa300_1

amazon紹介文より

 サッカーは「選手(子ども)が自分で考えてやるスポーツ」ということは広く知られています。ですが、コーチや、わが子を応援するお父さん、お母さんは「では、どのように導けば自分で考えて動ける子どもになるのか」という部分を模索されていたのではないでしょうか。
 本書には、その答えが23年間の実践をもとに明快に語られています。
 子どもへの接し方や教え方など、一見指導するコーチに対するアドバイスと思えるものも、実はわが子をサポートする父母の子育てに共通しています。また、家庭での話もそのままグラウンドでのコーチングに応用でき、技術指導の教則本が多くを占める少年サッカー関連書籍としては画期的な内容です。
 サッカー以外のスポーツを指導されている方や、一般の保護者にもとても読みやすく説明されており、小学生の子育て論としても参考になる一冊です。
 また、前日本代表監督イビチャ・オシム氏との交流を通しての発見や認識された指導法も、随所に紹介されています。

続きを読む "『サッカーで子どもをぐんぐん伸ばす11の魔法』 池上正" »

2011年11月 1日 (火)

福岡国際マラソンのナンバー

先週末に福岡国際マラソンのナンバーカードの引換書などが入った封筒が届いた。いよいよか、という気持ちだ。

P1020520

今年のナンバーは531。

ちなみに昨年は522。2年前は655。

昨年とほぼ同じナンバーなのは申請タイムがほとんど変わっていない証拠。しかし、30秒ほど速くなっているので、もう少しナンバーが若いことを期待したのだが・・・・。全体的なレベルが上がっているということか?

すこし気にかかることは昨年とコースが少し変わっているという点。大濠公園の周回はなくなったようだが、この時の1㎞の表示が微妙に長い気がしてならなかった。それが解消されているのならコース変更も歓迎なのだが、アップダウンはどうなっているのだろうか?

同じ日のポストにABC篠山マラソンの要項も届いた。マラソン難民の恐れが指摘されているご時世なので早く申し込まねば・・・。しかも1次申し込みの期間が非常に短くなっている。

本日の早朝ラン13km。

後半はスムーズに脚を運ぶことができた感じがする。まだ両膝の裏のハムストリングスの付け根に張りがある感じだが、大阪マラソンの疲れは抜けつつあるようだ。村岡44kmの時の疲労度より軽い気がする。

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »