2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月の記事

2011年12月31日 (土)

2011年を振り返って

恒例の大晦日ネタ。

ところで一体ボクは今年どんな目標を掲げていたのかと、2011年の年始のブログを確認してみた。

大したことは書いていなかったcoldsweats01。「故障なく1年間走りきること」だった。

しかし、故障せず1年間走るというのは大切なことだったと、今年は改めて痛感している。2年前と3年前は春先に故障して長い期間走れない時期があった。それで練習が積めなくなり、満足の練習ができなかった。そういうことを考えると今年は1月の初めに少し故障してつまずいたものの、おおむね1年間大きな故障なく走れた年であった。

ということで、今年の大きな目標は達成できたと思うpass。その目標が達成できたから、12月の福岡国際マラソンでは自分でも驚きの2時間38分台の2:38’28の自己ベスト更新につながったのだと思う。やはり『無事これ名馬』だ。

ハーフや10k・5000mなどでは自己ベストは更新でいなかったのはボク自身のスピードのなさなのか残念なところでもあるが、そういう意味ではまだまだ伸びしろもあるかもしれない。
ただ、今年の福岡国際マラソンのハーフ地点の通過タイムの1:18’08がボクのハーフのベストだったのは、少し複雑な気分coldsweats01

最後にこのブログにお付き合いして下さった方、よいお年をお迎えくださいm(_ _)m。

本日の早朝ラン11.5㎞。

その後、コストコに正月の食材を買い込みに。昼からは帰省中の高校の同級生と会い近況報告。

夕方から今年の走り納め。2㎞インターバル×5本。(つなぎは2分ジョグ)

7'46-7'31-7'37-7'34-7'25 アップ5.5㎞ ダウン3.5㎞。

身体もなかなか温まらないからか、心拍数もイマイチ上がりきらず、ペースも上がらず・・・・。

この時期のインターバルはマラソンの練習に効果的なのか疑問?ペース走の方がいいような気が・・・・。

2011年12月30日 (金)

猫騒動

12/28の餅つきで能勢の妻の実家に帰った時に猫をもらってきた。妻の実家には猫が5匹いる。今年の春に子猫が生まれて、ずっともらってくれ、と言われていた。そして、次女が生き物の世話をきっちりとやると見込んで連れて帰ってきた。

能勢にいてた時はおとなしく、人見知りしない猫だったが、連れて帰ってから28日の夜は一晩中“夜鳴き”。赤子の夜泣き状態。昼間もひっきりなしに鳴く。長男・次男は「きっと寂しいのんとちぁう?」「能勢に連れて帰ろうやぁ」と言う。だが、一番かわいがっている次女は納得いかない様子。

しかし、昨日の夜になっても鳴きやまないのでとうとう8時を過ぎてから妻の実家に返しに行くことにした。

実家に到着して、かごから放してやると他の猫たちも寄ってきてた。連れて帰っていた猫も鳴きやみ、元気になった。やっぱり親子兄妹が一番ということなのだろう・・・・。気の毒なことをしてしまったものだthink

次女はかなりしょげていて返しに行く時も泣き顔weep。さて、次女をこのあとどうフォローしようか?

2011年12月29日 (木)

本日は後輩(?)と近所の池田にある『偶』というお好み焼きのチェーン店に昼食を食べに行く。この後輩は今秋、某市の公務員採用試験に合格したので、そのお祝いでもある。

この店は初めて行くところで、実は妻が勧めてくれた。ボクは大量に食べるので、ご飯をおかわりできるのがおススメの理由。お好み焼きの定食以外にトン平やずりの塩焼きなども注文し、しかもリーゾナブルな価格。腹いっぱい食べることができた。

本日の早朝ラン11㎞。

2011年12月28日 (水)

年末の行事 その3

本日は、これまた年末恒例の餅つき。妻の実家で毎年行っている。

しかし、ボクは本日お仕事。午後から年休を取り参加する予定だったが、昼過ぎに進行状況を聞くともう終わるらしい・・・・。今から行っても意味がない、ということで自宅で待機。その時間帯にようやく重い腰を上げて年賀状を刷るのであった。
毎年、早く印刷せねばと思いつつ、バタバタして、ついつい後回しにしてしまう。ものぐさな性格を露呈してしまったcoldsweats01。しかも、実際刷ってみると年賀状が足りないcoldsweats01。枚数を確認したつもりが、これまた、いい加減な性格が出てしまった。寒い中、郵便局に車を走らせ追加で年賀状を購入。ようやく夕方刷り終えることができた次第。
多分、元日には届かないだろう・・・・。お世話になった方、すみませんm(_ _)m。

本日の早朝ラン15㎞。
途中でのどが乾いたので、公園の水道で水を飲もうと蛇口をひねるものの凍っていてて蛇口が動かない。結局、給水なしのままジョグを続けた。寒くて汗もかかないが、のどは乾くものである。

2011年12月26日 (月)

『天地明察』 沖方丁

512bw0pvfa3l_bo2204203200_pisitbsti

amazon 紹介文より

江戸、四代将軍家綱の御代。ある「プロジェクト」が立ちあがった。即ち、日本独自の太陰暦を作り上げること--日本文化を変えた大いなる計画を、個の成長物語としてみずみずしくも重厚に描く傑作時代小説!!

続きを読む "『天地明察』 沖方丁" »

2011年12月25日 (日)

年末の行事 その2

昨日は妻の実家でクリスマスパーティを開催。子ども中心の食事でしたが、たくさんごちそうを食してきた。そして、子どもたちは祖父母や叔母叔父からプレゼントをもらい、歓喜の声をあげていた。

今年は、趣向を変えてクリスマスケーキは“サーティワン”のアイスケーキbirthday

P1020679


もしかして我が家の子どもたちは初体験?あっという間に売れてしまいました。

そして、店員さんが「食べる30分前に箱から出しておいてください」と、言われていたが、その意味が分かった。食べる直前に箱から出すと、かたくてケーキが切れないcoldsweats02。子どもたちもしらけてしまい、『妖怪人間ベム』に見入ってしまう始末。

その後ボクは自宅に帰るが、妻と子どもたちは妻の実家にお泊り&サンタさんの訪問present
さて、サンタさんは来たのでしょうか?

本日の朝ラン13km。

家にいるのはボクだけなので、少し遅起き。7:20頃からランを開始したので早朝ランでなく単なる朝ランとなってしまった。でも寒い。外のらんちゅうの水槽は凍っている。

2011年12月24日 (土)

タロウ

昨日は近所のイ○ンの催し物会場でウルトラマンタロウがやってくると言うことで次男を連れて行くことに。次男は超ウルトラマン好き!フィギアや本もたくさん持っており、怪獣の名前もかなり覚えている。

タロウが来るとなると行かないわけにはいかない。ボクもウルトラマンシリーズではタロウが一番お気に入り。ボクも少々楽しみにしていた。

P1020660

右は従兄弟。「撮影前にポーズを考えていておいてね」と、言われていたので、次男は“ストリウム光線”の格好をしていたのだが、いざ本番になると舞い上がってしまったのかただのピースweep

その後、タロウは「店内のパトロールに行く」と、言って去ってしまった。次男はしばらく後をつけていたが、見失ってしまったようだ。多分タロウはM78星雲の光の国に帰っていったのだろう・・・・。

本日の早朝ラン11km。

寒すぎ・・・。1時間ばかり走ってもほとんど汗をかかず。そして、背中の筋肉の感覚がおかしい。寝違えか?

2011年12月23日 (金)

冬至

昨日は冬至。忘年会の予定だったが諸事情で急遽キャンセル。

自宅で夕飯を食べることにrestaurant

そして冬至なので、この時期恒例の“ゆず風呂”を!

P1020657

この日のために、以前職場の方から頂いていたゆずを浴槽に放つ !

この“ゆず風呂”は毎年やるが、子どもたちがゆずをつぶして最終的にゆずのくずが風呂場に溜まる。そして詰まる。そういう問題点はあるものの、この季節の風物詩。温まった気がしたpaper

よく温まったのか、入浴後むちゃくちゃ眠たくなり、10時に就寝。6時前まで目を覚ますことなく爆睡してしまった。そういえば昨日は一日中バタバタした日だったし・・・・。

本日の早朝ラン11km。

疲れているのか、脚が軽いのかイマイチ不明????雪がちらつく。

2011年12月22日 (木)

新たなことと終わること

先週末毎日新聞の記事より。

Photo_2以前にカズさんの『やめないよ』を読んだ。40歳を越えてもあくなき挑戦を続けるカズさんのサッカー取組に感心した。

しかし、今シーズンは得点を挙げることができず不本意なシーズンだったようだが、さらなるチャレンジを続けるこの大ベテランにボクも元気をもらった。この年になっても新たなことに取り組む姿勢はボクも見習いたいものだ。

そして、もう一つ同じ日の社会面の記事。

Photo_3

まだ子どもを授かる前の時間あったころ日本全国の山によく登った。山にアクセスするためにはなるべく安上がりになるように夜行バスや夜行列車を使っていた。

12年以上前に東北の日本海側にある月山・鳥海山・八甲田山・岩木山などを登った時に寝台特急“日本海”を使った。7月ごろだったが、東北の日本海側の山はまだ雪渓がたくさん残っていた記憶がある。
たしか象潟という駅で早朝に下車したはずだ。懐かし思いでだが、その寝台特急がなくなるとなるとさびしいものだ。

本日の早朝ラン12km。

今日で仕事は一段落。そして今晩は職場の部署の忘年会。食べ過ぎ・飲み過ぎに注意せねば・・・・。

2011年12月21日 (水)

ぐうたらと優しさと

昨日は長男が『公文』をさぼっていたという報告を公文の先生から聞いた。
父母ともに思いっきり叱り倒した。どのよな状態になったのかはご想像にお任せするとして、この長男は“さぼる”“うそをつく”“ずるをする”という性格。同じ兄弟姉妹でも、性格は全く違う。まさにぐうたら男だ。

さて、今日ボクが帰宅すると昨日のことがあるのか、やたら学校の出来事を喋ってくる。今日は学校で『お芋パーティ』があったらしいが・・・・。そして、1年から3年までずっと一緒のクラスだった子がマレーシアへ転校するらしい。仲の良かった子らしく、長男は「何かプレゼントをしたいから、イ○ンへ連れて行って」と言ってきた。

結局、小遣いを全部使い『ワンピース』の消しゴムや鉛筆などを買っていた。その子は『ワンピース』が好きらしい。

そういう優しい気持ちのある長男なのだが、あのぐうたらな性格は何とかしてほしいと切に願う。

本日の早朝ラン15㎞。

ここ数日に比べれば寒さはましか?

2011年12月20日 (火)

年末の行事 その1

昨日は次女の11歳の誕生日だった。実父を招待して夜にパーティを開催。

P1020652_2

11歳ですが、2本のローソク。1本は10歳分ということで。

恒例の写真撮影が始まると、これまた恒例の次男の写真撮影が始まる。

P1020653

隣で次男がケーキを食べられるのが時期を狙っているようだ?まだか、まだか、と待ちかまえている。

P1020655

そして、いよいよローソクの火を消す瞬間。

P1020656

次男が唐突に横入り。次女が大慌て。なんとか消されずに止めたが、火を消すことができなかった次男がべそをかきかけたので、「クリスマスの時にしようね」となだめる。

何とか無事に11歳まで大きな病気もせず成長してくれたことに感謝。
ただ、一度だけ小さい頃に救急車のお世話になりましたが・・・・。

本日の早朝ラン13km。
ここ数日の寒波対策としてさらに厚めのユ○クロで買った手袋をする。さすがに手が汗ばんだ。

2011年12月19日 (月)

反省

昨日は防府マラソンだった。

注目の川内選手は日本人トップの2:12’33でゴール。福岡から中2週間。新聞によると疲れを感じさせない走りだったようだで、ロンドン五輪にまた一歩前進だとか。

翻って自分は昨日レース中に福岡の疲れがあるようだ、とネガティブに考えて失速。まだまだボクは気持ちで弱いランナーだ、と反省。

知り合いのランナーさんも防府マラソンで良い記録を残されたようで、来年は福岡に参戦?ますますボク自身も頑張らねばと気持ちが引き締まる思いがした。

2011年12月18日 (日)

第23回 三田国際マスターズマラソン

10年ぶりに三田を走ってきた。

三田は近場だし、スタートも10:30と遅めなのでいつもより遅めに起床。長女を起こして、4㎞ほど目覚ましのジョグをする。

いつもの朝食を食べて、大将をピックアップして三田へ。たぶん駐車場も混むと思っていたので余裕をもって出発。何とか一番会場に近い駐車場に停めるめることができた。
しかし、早くつ着きすぎたため、待ってる時間に指先はかじかむし、体が冷えて仕方がなかった。

朝のジョグの感覚では比較的脚が軽かった。そこそこ走れるかと思っていたが、やはり福岡の疲れはまだ残っていたようだった。

10:30にスタート。トイレで少し並んだので、スタート位置は前から15メートルぐらい離れたところ。結局スタートラインを越えるまでに11秒のロス。しかも中々前の人たちはペースを上げてくれない。初めの2㎞ぐらいはバタバタしてしまった。
いくらかペースが落ち着いたところで、昨年5位入賞した人がいた。偶然着替えていた場所の隣に陣取られていた方で、とりあえず今日はこの人についていこうと思っていたので折り返し前まではこの方と並走。

5㎞=18'10

このあたりから登りがきつくなってくる。ふと横を見るとk辺さんがいる。参加されているとはつゆ知らず。一庫マラソン以来だ。何とかついていきたかったが、折り返してから離されて追いつけずweep
折り返したが近づいてきたので、ボクの部門の順位を確認。9位ぐらい。このままではヤバい・・・・。折り返してから少しペースアップを試みる。
しかし、自分が思うように脚が出ない。福岡の疲れが残っているのか?と、ついネガティブな気持ちがわいてくる。

10㎞=18'45

しかし、今日は寒い。ここまでほとんど汗をかかず。体と脚が思うように動かない。
10㎞を越えてからコース最大の登りが2回続く。ここで、心が折れた。いつものように10㎞を越えた時点でのBCAAの補給も忘れるぐらいヘロヘロ状態。この区間は12㎞までk4'00をオーバーするありさま。本来なら後半に前のランナーを拾っていくはずが、逆に抜かされる始末。

15㎞=19'52

何とか2回の登りをクリアーして、ニュータウン内を走る。応援も多くなる。しんどいがなるべく応援に応えるようにする。
ここからは、下りが続く。15㎞までは1:20台も無理かと思っていたが、ペースが上がってくる。このままk3'40ぐらいでいければ1:20も切れるかも?
6位入賞はともかく、1:20は切りたい。下りきったところから最後まで集中力を切らさないように前を見て走る。
20㎞地点は見当たらず。
そして、ゴール地点である有馬高校の校舎が見えてきた。もう後ろから追い抜く人もいない。このままラストスパート。1:20は切れるぞ!
高校のグランドに入り、フィニッシュラインを越える。

      1:19'15

何とか80分は切ることができた。最低限の走りはできたと思う。
このタイムはよく考えると、今シーズのハーフのベストの記録だった。アップダウンの多いコースでこのタイムらなボクのスピードからしたら上出来か?

そして、順位は部門別7位。途中で何人か抜かしていたようだが、あまり抜かしたという意識がなかった。6位までが入賞なので惜しくも入賞できず。

ゴール後、豚汁を食べて着替えていると「取材をしたいのですが」と言われる。

マラソン雑誌『クリール』の取材だった。よくある市民ランナーの練習方法などなどを載せているコーナーの取材だった。
時々、知ってるランナーさんが出ているのは見たが、まさか自分が取材を受けるとは!
もちろん快く引き受けることにgood。いろいろとしゃべったが、一体どのようなかたちで載るのか楽しみだ。来月号の『クリール』に載るそうだ。

表彰台には乗れなかったが、雑誌に載ることができた大会だった。

P1020651
会場を後にする前に大将とゴール付近でcamera

2011年12月17日 (土)

寒い!

本日も早朝ジョグを12.5㎞。

ラジオのニュースでは大阪で最低気温1.6℃。今年一番の冷え込みだそうだ。近畿で一番冷え込んだのは三田市で-5.5℃。明日の三田国際マスターズマラソンは大丈夫か?

これだけ寒いと早朝ランで困るのは手足の冷え。特に手は厚めの手袋をしているものの指先がしびれる(かじかむ)。

そして、帰宅して庭のらんちゅうの水槽をみてみるとeye

続きを読む "寒い!" »

2011年12月16日 (金)

週末に向けて

ようやく福岡国際マラソンの疲労もなくなってきた感じがする。ジョグのときの脚も軽い。

そして、週末12/18(日)は久しぶりに三田マスターズハーフマラソンを走る。懐古主義では何のだが、本当に久しぶりな気がする。過去の記録をさかのぼってみると2002年に1度走っている。今から10年前だthink。確か大将や福知山で知り合った濱ちゃんさん・tenさんとご一緒させて頂いた記憶がある。
当時のタイムは1:36'08。前の月に福知山マラソンで3:39で走っているレベルだったcoldsweats01

今回は1:20前後で走りたいと思っているが、10年前の記憶ではかなりアップダウンが合ったような・・・・・think。それを考えると好タイムは望めないかも?でもアップダウンの多いタフなコースは苦手ではないのだが。

ちにみに三田はボクの田舎。かつて、父が三田に疎開していた。そして母の実家がある場所。ただし、ニュータウンがある開発が進んでいる所ではなく、田んぼと山しかないような地域だが・・・・。

本日の早朝ラン15km。

週末のレースに向けて流し7本。脚の速い動きを確認。最後に自宅前の坂500mほどダッシュ。心肺機能に刺激が入ったか?

2011年12月15日 (木)

大阪と神戸

昨日の神戸新聞より・・・。Photo

もうすでに来年の大阪マラソンと神戸マラソンの日程が決まったらしい。双方とも11/25。

個人的には福岡国際マラソンを走るなら、この2つを走ることはあり得ないが・・・・。

新聞記事には調整不足と書いてあるが、大阪の日程がなぜ今年と大幅に変更したのだろう?普通は前年と同じような日程で行うと思うが、今年の10/30の日程って、もしかして政治的思惑があった?

それはさておき、この時期は京都で23日に福知山マラソンもあるし、かなり申込は分散されるのではないかと思う。そのことを考えたらマラソン難民が少なくなるので良い傾向かもしれないthink

本日の早朝ラン12km。

やはり、布団から出るのは辛いが、右足首の状態は回復した模様good

2011年12月14日 (水)

アカン飯

日曜日の夜に『ア○ン警察』という番組がやっている。我が家の子どもたちは、毎週楽しみにしている。ボクはイマイチ品がよくない番組のような気がしているが、リビングでTVはついている。時々、思わず見てしまう。ついつい、子どもの前であるにもかかわらず爆笑してしまうボクであった。

先日、長女がTVばかり見ているのに怒ったボクは『ア○ン警察』を途中で消してやった。「こんな下品な番組見るな!!!」と。そしたら、長女が、「お父さんもTV見て笑っとったやんか!」と、見事な切りかえしを食らってしまい、次の言葉が出なかったcoldsweats02

そんな『ア○ン警察』で前回“アカン飯”というのをやっていた。さぞかしゲテモノかと思っていたら、“卵かけごはん”にケチャップをかけるというもの。
もしかして、これはオムレツと同じ食感かもしれないと思い。次男にさっそく勧めてみた。次男は朝に“卵かけごは”をよく食べるのだ。
次男も食べてみると言ってくれたのでさっそく試してみた。

P1020639

次男は気に入ったみたいで、月・火・水曜日の3日連続この“アカン飯”を食べている。しかもいつもより早く食べ終える有様delicious

本日の早朝ラン11km。本格的に布団から出るのが辛くなってきたwobbly

2011年12月13日 (火)

風呂場でのできごと

昨日、長男と次男で風呂に入っていた時のこと。

ボクが頭を洗っていると、なんだかくさい・・・・・。

「岳(次男)、“へ”こいたやろ!」

と言うと、岳は首を横に振る。ボクが優しく問いただすと、首を縦に振った。

そこまでは良かったが、ふと不安がよぎり浴槽を見てみるとeye

続きを読む "風呂場でのできごと" »

2011年12月11日 (日)

『ランナーズ 1月号』

先日『ランナーズ 1月』を購入した。ここ数年、我が家の事業仕訳の結果、購入することはほとんどないのだが、1月号だけは毎年購入する。と言うのは、1月号の付録に「ランニング・ダイアリー」という日記が付いているからだ。
このダイアリーは丈夫で1年間使っても“へたる”ことがないので、重宝している。
走り始めてこの日誌をずっと使い続けているが、これでもう12冊。初登場は2002年のこと。その頃は3、4日に1度ぐらいしか走っていなかったので日誌も空白の日が多かった。今では・・・・。
過去の日誌を見返すと、故障する前の練習や調子がわかり、故障の原因が何となくわかる。調子の良し悪しが思い出されるし、練習メニューの組立の指標としても役立つことがある。

来年も、故障なく走り、日誌を書いていきたいものだ。

本日の早朝ラン7㎞。

長女の部活の試合で朝早くからバタバタしたのであまりゆっくり走れなかった。まだ、右足首はイマイチcoldsweats02

結局、昨晩の月食は観ず寝てしまった。妻は観たそうで感動していたが・・・・。

2011年12月10日 (土)

48歳

工藤公康投手が引退した。西部ライオンズにいていたころの姿は今でも克明に残っている。おぼこい顔とは対照的にびゅんびゅん投げる躍動感は印象的だった。だが昨日の報道ステーションの映像はそれなりの48歳の顔つきだった・・・・。

日本プロ野球史上現役29年間は最長記録。48歳まで投手として活躍されたのは感服する。

かつて工藤投手が書いた『現役力』PHPという新書を読んだことがある。徹底した体調管理が印象的だった。長く一線で活躍する工藤選手の食事・トレーニング・体のケアなどが詳しく書かれていた。若い頃はかなり酒を飲んだり無茶もされていたようだが・・・・。

そして、今朝工藤投手が現役引退を発表したブログを読むと、そのブログには感謝の気持ちがヒシヒシと伝わってくる内容が綴られていた。

工藤公康 公式ブログ 『諦めない心』より引用。

 ・・・・・本来ならば、違う形でファンのみなさまにお伝えすることが大事だと思ったのですが、今年は肩の痛みもとれず、何をしても肩のことが気になり、病院に行って注射を打っても痛みが引かない日々を過ごしていました。でも、「いつか必ず!」「いつか必ず!」という思いを心に刻みつけ、リハビリも、トレーニングもしてきましたが、今に至るまで、痛みが消えなかったことが、引退を決断した最大の理由です。ファンのみなさまには今までたくさんの応援や、励ましをいただき、それが何よりも私の“諦めない心“でした。本当にありがとうございました。
そして、これまで応援していただき、ありがとうございました。そして、これまでに、たくさんの先輩方、監督さん、コーチの方々、裏方さん達、病院の先生方、トレーニングでお世話になった方々、トレーナーのみなさん、記者さん、全ての人に感謝です。
私の力ではとてもここまで来ることは出来ませんでした。
たくさんの人の支えがこれからの私の宝です。
これからは支える側として一人でも多くの子供たちにケガをせず、楽しく野球が出来るようアドバイスが出来れば!と思います。
私自身、学ぶこと!知ること!考えること!を忘れず、次のステップへと進んでいこうと思います。長い間応援していただきありがとうございました。

ボクも、“諦めない心・感謝・学ぶこと・知ること・考えること”、を忘れずに生きていきたい。工藤投手お疲れ様でした。

来シーズンも金本・山本昌・山﨑などのベテラン選手にさらに注目して応援したい。

そして、工藤投手を見習って、ボクも48歳までは福岡国際マラソンを走れるよう頑張りたいpaper

一方、昨日工藤投手の娘さんがゴルフの新人大会で優勝されたそうだ。

優勝賞金の108万円の使い道はという報道陣の問いかけに「仲間と焼肉を食べに行く、自動車教習所のローンを返す」という答えだった。

一流投手である工藤投手なら娘に自動車教習所の費用ぐらい出せたはずだ。が、娘は親に頼らず自分で教習所の費用を出したということか?工藤投手は投げるだけでなく、子育ても一流だと思う。

ちなみに先ほどのインタビュー。「親に何かプレゼントしないのですか」と言う問いかけに「親は貯金しろと言うでしょう」との答え。やはり、工藤家の娘はしっかりしている。

本日の早朝ラン20㎞。

9㎞ほどジョグで身体をほぐし、その後8㎞を有酸素ラン。k5分を切るぐらいから初めてk4'30まで身体の感覚にまかせて自然に上げる。あとはとぼとぼ自宅ラン。右足首の状態は可もなく不可もなく。恐る恐る慎重に走る。

しかし、今日も寒い。ラジオのニュースによると大阪で最低気温2.3度。たぶん川西の奥はもっと寒いはずだ。防風の手袋をするものの手がかじかむ。ストップウオッチを押す手もうまく動かない有様。

帰宅後の温かい味噌汁とホットミルクに癒されるhappy01

2011年12月 9日 (金)

やはり、フルマラソンだった

今朝はかなり寒かった。本格的な冬の到来を感じると共に、これからの朝ランも大変だ。布団から出るのに、まず気合いがいる。

そして、ラン中、右の足首内側に違和感が出てきた。ピリッと痛みがwobbly。30分ほど走るとほぐれてきたのかましになったが、少し心配。

昨日までは回復が順調にきているかと思ったが、やはりフルマラソンを限界まで走ると身体のどこかにガタがきているようだ。

本日の早朝ラン11km。

2011年12月 8日 (木)

脱皮

11月の終わりに、次女が飼育していたザリガニが脱皮した。

P1020629
脱皮したザリガニは疲れたのか、かなり弱っており、そのことが原因で次女は朝からめそめそしていた。
ボク自身もザリガニの脱皮を見るのは小学生以来かもしれない。
脱皮を見つけた次女も、最初ザリガニが2匹に増えていると思ったそうだ。
生き物の力とは神秘的なものだthink
ザリガニはしばらくじっとして動かなかったが、3日後に殻ができたようで再び餌を食べ始めた。

脱皮で思い出したが、ブレークスルーとは「脱皮=成熟」ということだと内田樹さんがかつてブログで書かれていた記憶がある。そして内田樹さんの『街場の教育論』にブレークスルーについて面白い記述があった。

ブレークスルーというのは自分で設定した限界を超えるということです。「自分で設定した限界」を超えるのです。「限界」というのは、多くの人が信じているように、自分の外側にあって、自分の自由や潜在的才能の発現を阻んでいるもののことではありません。そうではなくて、「限界」を作っているのは私たち自身なのです。「こんなことが私にはできるはずがない」という自己評価が、私たち自身の「限界」をかたちづくります。

たしかにその通りのような気がする。
そして、マラソンの記録や仕事、学習も然り。ついつい自分で「限界」を作ってしまっているかもしれませんthink

本日の早朝ラン10km。
ポツポツ雨が降り始めたが、何とかいつものグランドで走ることができた。

2011年12月 7日 (水)

『サクリファイス』 近藤史恵

41ey2bj6eul_sl500_aa300_1 amazon 紹介文

ただ、あの人を勝たせるために走る。それが、僕のすべてだ。

勝つことを義務づけられた〈エース〉と、それをサポートする〈アシスト〉が、冷酷に分担された世界、自転車ロードレース。初めて抜擢された海外遠征で、僕は思いも寄らない悲劇に遭遇する。それは、単なる事故のはずだった――。二転三転する〈真相〉、リフレインの度に重きを増すテーマ、押し寄せる感動! 青春ミステリの逸品。

続きを読む "『サクリファイス』 近藤史恵" »

2011年12月 6日 (火)

スピードはいらない!?

福岡国際マラソンの前の12/2(金)の朝日新聞で興味深いことが書いてあった。参考までにpaper

122

はっきり言って(言わなくても)ボクはスピードのないランナーである。今年は5000mは17分台で走ることもできないだろう(3年ほど前は走れていたが・・・・)。多分5000mの記録はもう頭打ちかもしれないと思っている。

でも、フルマラソンは違うと思っている。ボクより5000mや10km、ハーフの速いランナーは周りにゴロゴロいる。しかし、フルマラソンではそういう人たちと同じ集団で走ることができる。そこが、フルマラソンの面白いところだと感じていた。

今年の別大のスタート前にベテランランナーで今でも相当高いレベルで走られてるハム下さんが言われてたことが印象に残っている。

「フルマラソンは別物。ハーフとは全く違う」と!

福岡に向けて、昨年のようにスピード練習ができない状況でとにかく走り込んだ。

そして、上記の新聞記事を目にした。釈然とする内容だった。

フルマラソンはやはり終盤の粘りだと思う。スピードは極端な話あまり必要ない。(全くいらないわけではないが・・・)そう思って、福岡にむけて練習してきた。まずはひたすら距離を走った。

マラソンの練習メニューはいろんな意見があり、人によって練習の取り組むスタンスは違うだろう。が、ボクの場合はまずは『走行距離を伸ばす』ことにポイントをおいて取り組んでいる。

本日の早朝ジョグ7km。

今回は今まで2:40を切ったレースの後の一番身体のダメージは少ないような気がする。が、無理は禁物paper。ゆっくりと身体の声を聞きながらジョグear

そして、昨晩は日曜日の晩とうって変わってよく眠れた。一度も目を覚ますこともなかった。おまけに目覚ましで目が覚めるものの、2度寝をしてしまったsleepy

2011年12月 5日 (月)

福岡国際マラソンを振り返って

今回の福岡国際マラソンは自分でも予想外の走りができた。

ただ、今回の福岡はただ2:40を切ることだけでなく、いろんな思いがあった。

その1

昨年のリベンジ。福岡のかりは一応2月の別大で返したつもりだが、やはり福岡のかりは福岡で返さなくてはならない。

その2

今年は諸事情で尼崎NRに一度も参加できず。昨年はスピード強化の時期や夏場の走り込みの時期にも月に2回は参加していた。レベルの高いインターバルやいろんな意味で刺激をもらっていたのだが今年は終始単独での練習。一体一人での練習でどれぐらい走れるか?レベルは下がるのか?ある意味自分にとっては実験だった。

その3

昨年末に出版された『アドバンスト・マラソントレーニング』(ベースボールマガジン社)のに書かれている練習内容を自分なりにアレンジして、練習内容を構築。その練習効果がどのように出るか?これも自分にとって実験的な取り組み。

510i80lphl_sl500_aa300_1

とくに2・3は一体どんな結果が出るのか楽しみでもあった。

ちにみに、『マラソン・アドバンスト・マラソントレーニング』参考にしたことは

“ロング走のペース設定”と“速すぎるインターバルの警鐘”の部分だった。そのことを踏まえて、著書にある期分け(これはリディアード氏の著書で有名な考え方だが)の理論に基づいて練習を積み上げてきた。

その結果が昨日のレース結果である。

見事実験成功と言ったところか!ボクは理系の人間ではないのだが、化学での実験の成功したときの気持ちとはこんなものかもしれない。

昨晩は11時には床に入ったものの、なかなか寝付けず、3時に目が覚めて、そこから寝られない・・・・。どうもレース後は身体は疲れているものの、気持ちは高ぶっていて、自律神経の影響か目がさえてしまう。結局4時頃まで本を読むことに。

身体は、脚と尻筋の付け根が筋肉痛であるものの、とくに醜い痛みはなく、激走の割にダメージは少なかったような気がする。ただ、あまり無理せずじっくり回復に努めるつもりpaper

2011年12月 4日 (日)

第65回 福岡国際マラソン

6:30起床。よく眠れたほうだ。少しベットで本を読みながら7:00にベットから出てロビーへ。寝ざめのコーヒーを飲みながら新聞を読む。西日本新聞は地元の福岡国際マラソンのことも書いていたので興味深く読む。

近所もコンビニで朝食を買ってから一風呂浴びて朝食を食べる。いつものようにおにぎり3つと餅2つ。

宿泊先から平和台競場までは少し距離はあるが散歩がてらに歩く。3キロ弱か?

競技場の控室はまだ人はあまりいない。壁際のところに荷物を置き、集中すべく、ヘッドホンで音楽を聴いて時間を過ごす。

アップと1次コールを済ませて、いよいよスタートラインへ。最終コールの後列を詰めていき、いよいよ運命のスタート。

今回の目標は2:40切り。そのための設定ペースは

20kまで・・・・・3'45

20k~25k・・・・3'46

25k~30k・・・・3'48

30k~35k・・・・3'50

35k~40k・・・・3'55

40k~ラスト・・8'25

これで2:40ちょうど。前半のどこかで貯金ができるはずなので40分はきれるはず。

さて、いよいよすスタート。初めの1㎞は3'42。スタートのロスが4秒あったのでまずまずいいペースか。ただ、この大集団はかなり密集していて走りずらい。こけないように注意しながら走る。2kと4kのポイントを見落とすものの、まずまずいいペースで走れている感じ。

5㎞=18'13

次の5kの区間もところどころ1kごとのポイントを見逃す。走りに集中していたということか?昨年はこのあたりから異変を感じつつあったが今年はまだ大丈夫のようだ。

10km=18'23

一発目の登りもペースを落とすことなくクリアー。ペースも3'40前後で推移している。

15km=18'32

15k過ぎにコース最大の登り。この登りで少し脚を使った感があるが、ペースはそれほど落ちず。

20㎞=18'46

それまで、集団を引っ張っていた人のペースが落ちてきた。22kから23kで3'50をオーバーした。これはいかんと思い前に出る。前に出ると福岡の人がNoカードをみて名前を呼んでくれる。「宮○さん!」呼ばれたほうを見ると小柄なおばあちゃんだ。なんとなく今は亡き母に似ている・・・・。もし、まだ生きていたら走っているボクを見てどう思うだろうか、とふと思う。

ハーフの通過タイムが1:18'06。今までのハーフのベストよりも速い!!このままで大丈夫か、とうことより「よし!、おもしろいやなか。行ってやろう」と思う。再び先頭を引っ張っていた一人が追いついてきて、少し会話を交わす。その人曰く「折り返してから向かい風になりそうですね」と。結局その人はボクの次にゴールしたことになるのだが。

25km=18'37

いよいよ昨年の鬼門が近づいてきた。でも昨年とは違う自分がいる。28k付近で先頭のランナーとすれ違う。中央によって右手を上げる。背中がTVに移っているだろうか?そして日本人トップ集団。今井選手が見える。再びTVカメラに向かって右手を挙げたが・・・。あっ、川内選手だ。いつもの粘りの走り?ボクも粘らなくては!しかし横腹が痛くなってくる。時々起る例のやつだ。ひどくならないように少しペースを落として様子を見る。

30km=18'51

いよいよ折り返し。昨年はここまで来ることができなかった。昨年の分も含めてコーン(?)にタッチ。だが、やはり折り返してからは向かい風。しかも大きな集団はなく単独走が続く。というか、ボクがどんどん前の人を抜いていく展開。ここまで2分弱の貯金がある。設定ペースでこのままいくと2:38台が見えてきた。しかも、ほぼ設定ペースで走れている。

35km=19'04

いよいよ終盤。この5kは3'55でいい。そう思うと体の力が抜けて、リラックスした走りができる。フォームをしっかり保ちつつ走り続ける。あっ!中国電力の○形選手が歩いてる。かつての名選手だが・・・。ボクのほうはなんとか設定タイムに収まっているが、足の筋肉が悲鳴を上げ始めている。無理をすると攣るかも?ここで攣ってしまっては洒落にならない。少し力を抜いて無理をせず。

あと2k。この辺りから応援ががぜん多くなってくる。力が湧いてきた。40k~41kは3'43。ペースアップできてる。吠える。あとは坂を上って競技場だ。昨年はここに帰ってこれなかった。今年は違うぞ!競技場に入ると時計は2:36台。さあ、どうだ!37分台か?38分台か?トラックに入り、ラストスパート。しかし、第3コーナーで時計は2:38に・・・。でも力を抜くことなくゴールへ

40km~ラスト8'22。

ゴール後、いつものように一礼。

                 2:38’28 

だった。今年2月の別大の「自己ベストを大幅に上回る記録。

スタート前から気迫はみなぎっていた。そして、職場で『キットカット』をプレゼントしてくれた人たちのためにも無様な走りはできない。気合はいつも以上に入っていた。それが走りに乗り移ったかもしれない。

当初は2:40を切れたらいいと思っていたが、想定外の好走に自分でも少し信じなれない。

このことについては後日に後述しようと思う。

P1020636

その後すぐに帰路につく。なんとか8時に帰宅することができた。帰宅タイムも自己ベストかもしれない。

2011年12月 3日 (土)

キットカット

いよいよ明日は福岡国際マラソン。昨年のDNFは1年間忘れることができなかった。

そして、この1年間の練習は明日のためにやってきたといっても過言ではない。1年に一度、全力で何かに向かって挑戦できるということはありがたいことだ。この年になってもまだまだ気持ちは青春で、日々の生活が充実している。

明日はこの1年間の思いをぶつけて走りきりたい。

閑話休題。

昨日の夕方、もうそろそろ1日の仕事が終わろうとして時のこと。

職場の関係する人達(明確表記できないが)がボクに用事があると言う。一体なんだろうと思っていると、なんと・・・。

P1020634

メッセージ入りのキットカットのプレゼントだった。今年は、このプレゼントしてくれた人達とマラソンのことで少しつながりがあったので、気を使ってもらったようだ。本当にありがとうm(_ _)m。

涙が出るほどうれしかったのは言うまでもないweep。そして、元気が出てきた。明日の福岡国際マラソンでしんどくなったとき、このことを思い出して力を出そうと思う。

いろんな意味でマラソンは一人で走っているのではないとつくづく思った。

今日は予定通り朝ランはOFF。現地の福岡で少しジョグをするかも?

娘の部活のため少々早起きだったが、このブログを更新しつつ、朝食後次男を幼稚園に送っていく。そして、昼過ぎの新大阪発の新幹線で福岡に向けて出発だ。

2011年12月 2日 (金)

名前負するなよ!

今朝の新聞に2011年に生まれた赤ちゃんの名前ランキングがのっていた。

Sp2011120227_501

ボクの長男の名前が2位にランクインされている。ちにみに昨年は1位だったらしい・・・(知らなかった)

ボクが朝刊を読んでいたら、長男が起きてきた。

ボクが長男に「名前負けせんように、しっかりせいよ!」と、一言paper

本人は訳が分からない表情だったが、このまま元気に成長してほしいものだ。

すこし、ぐうたらの所があり、手を抜きの性格は心配の種だが、年齢を重ねて、いろいろと経験していくなかで変わってくれることを願っている。

本日は朝ランはOFF。

生活のリズムは変えたくなかったので、ほぼいつも通りの時間に起床。生ゴミ捨てをして、朝刊をとり新聞を読んでいた矢先のできごとだった。

2011年12月 1日 (木)

New Glass

もうすぐボクの42回目の誕生日が迫ってくるが、先日妻に新しいめがねを買ってもらった。ありがとうm(_ _)m、感謝しております。そして昨日、できあがっためがねを夕方取りに行った。

今までかけていたものは一体何年前に買ったのか記憶にないぐらい古いものcoldsweats02。ずいぶんとレンズに傷が付いていたり、所々錆(?)のようなものがあったり、とかなりくたびれていた。

そこで、今回はスポーツタイプでナ○キが出しているめがねを買ってもらった。軽くて、耳でかけるタイプではなく、こめかみをはさむタイプ。

最初は店でかけてみて、違和感があり、ボクに合うか不安でだった。妻からも少しイマイチのコメントだったが、新たな世界に踏み込んだ。

P1020632

意外と娘たちからの評価は上場で、フィット感もよく気に入っている。このめがねとも長いつきあいになりそうだ。

本日の早朝ラン11km。

今朝から寒くなるとの予報だったが、覚悟していたほど寒くなかった。ある意味きりっと身が引き締まる寒さ。ほどよく汗をかいた。めがねの付け心地も上々paper

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »