2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト
無料ブログはココログ

« 『うちのパパが言うことには』 重松清 | トップページ | インフルエンザ一過 »

2012年1月29日 (日)

ピアノ発表会

今日は次女のピアノ発表会が「大阪国際交流センター」で行われた。

ここ2年間は2月の第1日曜日に「別府大分毎日マラソン」を走っていたので、一週間前のこの時期は調整で「くみやまマラソン」の10㎞に出ていた。

しかし、今年は1月後半に北海道3泊4日の出張。そして、ピアノの発表会と、ここ2年とは違う1月となった。この年代になると家庭・仕事といろいろとあるのものだ。

だが、妻は仕事、長女・長男(昨日から発熱。たぶんインフルエンザ)・次男はインフルエンザの為自宅待機。よって、ボクと次女だけで行くことになった。

発表曲はオッフェンバックの「ホフマンの舟歌」という曲。

1
第2部では先生との連弾の予定だった。しかしインフルエンザの子ども3人を家に残しているということで、そのまま連続で弾かせたもらった。先生無理を言って申し訳ありませんでした。

連弾は「Monster」。どうやら嵐の曲らしいがボクは知らない。

2_3
演奏後、本人は緊張したと言っていたがそのようには見えなかった。本人が2か所失敗したと言っていたが、あまり気にならなかった。と、いうかボクにはそもそも音楽を聴く耳が備わっていないのだが・・・・coldsweats01

演奏後、すぐに帰宅。幸い阪神高速はすいていたので50分もかからず帰宅することができた。

帰宅途中に次女にシャトレーゼで好きなものをご褒美に買ってやった。

帰宅すると、子どもたちの熱はもう下がって元気が有り余ってる状態。明日から学校・幼稚園へ行かせるつもりだ。

ちなみに今回の演奏会のタイトルは「Abmarsch」。このタイトルはドイツ語の「出発」という意味だそうだ。なるほどthink。なかなか粋なタイトルだ。そして一つ勉強になった。

P1020888

大阪国際マラソンは新ヒロインの登場。天満屋はマラソンに強い。監督の育成方法になにかあるのかもしれない。以前ランナーズで天満屋の練習の特集をやっていたが、マラソンの練習のヒントがあるような気がする。
福士選手に期待をしていたが、残念な結果に終わってしまった。
そして、大阪国際マラソンを走った女性ランナーのみなさんお疲れ様でした。個人的には少し寒いもののいいコンディションだったような気がしますが・・・・。

« 『うちのパパが言うことには』 重松清 | トップページ | インフルエンザ一過 »

子育て」カテゴリの記事

コメント

次女さん素敵な姿ですね♪「monster」は子供ならみんな知っていますよ♪
嵐の大野君が怪物くんの実写版をドラマでやった時の主題歌です♪

マラソン・・・私もTVにくぎずけで見ていましたが・・・福士さんがなぜ失速したのかがわからない。
重友さんはとにかく強かった。マラソンがどんどん奥深くなるし、すごい。
漠然と思うことは「マラソンは速い選手が勝つのではなく、強い選手が勝つ」のではないかと・・・
福士さん本当に余裕に走っていたんです。
解説の増田さんなんかも余裕で見ていたし、30K超えてからどんな走りをするのかと
すごく期待できるくらい。
でも重友さん♪天満屋のオリンピック出場記録を更新してほしいですね。
私は23Kペース走の後の筋肉痛と思っていたところが赤くなってきて
打ち身のような痛みがあるので今日はRUN休みにしました。
痛みは今でも筋肉痛のような痛みで、さほど痛くないんです。
痛みも昨日よりは軽減してる気もします。場所は左足の腓腹筋のあたりなんですけどね。
なんなんでしょうね・・・・

マーチさん

ボクも速いランナーではないですが強いランナーでありたいと思っています。福士選手は速いんだけど・・・・ってところですかね?
最近強いと思うのはやはり川内選手。かつては中山選手もつ強かったような印象が強いですね。
マラソンって距離も時間も長、最後はメンタルの面かなと思います。

痛みはなんでしょね?腫れていて走れないようならランニングは控えたらいいと思いますが、ゆっくりでも走れるのなら様子を見ながら、ってところですかね。アイシングなどはされましたか?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1347620/43908983

この記事へのトラックバック一覧です: ピアノ発表会:

« 『うちのパパが言うことには』 重松清 | トップページ | インフルエンザ一過 »