2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト
無料ブログはココログ

« 初詣ジョグ | トップページ | 赤ちゃんがきた »

2012年1月 3日 (火)

1秒を削る

やはり箱根駅伝は毎年ドラマがある。だから観る人を惹きつけるのだろう。今年もやはり観るべきものはあった。

昨日の往路の結果で東洋大の優勝はほぼ決まったようなものだが、復路でのシード権争い、襷をつなぐことができなかった繰り上げスタートの学校などやはりドラマはあった!

そして、大会新記録で圧勝した東洋大。前回大会は柏原選手の快走で往路を3連覇したものの、山下りの6区で早大に逆転されると、終盤の猛追も届かず、21秒差で涙をのんだ。

復路翌日の1月4日午前6時には新チームでの練習を開始。掲げたテーマが「1秒を削り出せ」だった。

その1秒をそれぞれの学生が削りだした結果があれだけの大差になったということは、いかに1秒の積み重ねが大事かということを改めて痛感した。

そして、昨年早大が打ち立てた大会記録を大幅に更新した今大会。記録というのは一体どこまで伸びるのか?人間の能力には限界はないのか?やはり限界を作ってしまっているのは人間の意識か?

東洋大に学びつつ、今年もランニングをしていきたいものだthink

本日の早朝ジョグ11㎞。

お正月での食べすぎで体が重い?そろそろ正月モードから脱却せねばcoldsweats02

« 初詣ジョグ | トップページ | 赤ちゃんがきた »

ランニング」カテゴリの記事

コメント

いやぁ~何をコメントしていいのかわからないほどたくさんのドラマがあった
箱根駅伝でしたね♪
東洋大の圧勝!柏原君の4年間の集大成でしたね。自分との闘い、
自分が出している区間新記録を自分自身で塗り替える。
甘いものが好きな彼もたまにチョコをひとかけら食べる。でもひとかけら。
そしてそのひとかけらぶん練習量を増やす。つらい思いや努力なくして喜びや・楽はないんですよね。遊び盛り・食べ盛りの彼らがひとかけらのチョコにさえそこまでの意識をし、日々
努力していく。そして頂点へ立つ。本当にすごいです。彼の今後も楽しみです。
そしてもう一つのドラマの津野浩大!!異例の中継内にフィニッシュできなかったという・・・・
でも体調不良の中、本当によく頑張ったと思います。直前の嘔吐・・・
でも箱根に選ばられた大学生たちにとっても襷の重みが本当に伝わる走りだったと
思います。襷をつなぐことがどんなに大事で、あの襷にどれだけの思いがつまっているか・・・
私なんかが簡単にコメントできるものではないのかもしれないと思うくらい
重さを感じました。
本当にいい大会でしたshinesports

マーチさん

やはり頂点に立つにはそれ相応の努力が必要なのですね。
ボクが感心したのは、東洋大がゴールしてから、キャプテンの柏原選手を中心にメンバー全員でコースに「ありがとうございました!」と礼をしていたシーンです。ひと味違う学生を見た気がしました。

遊び盛り・食べ盛りの学生時代。その中で、この一年間に箱根にかける気持ちはボクが想像する以上にすごいものがあるんだろうと思います。それゆえボクたちは、そこに何かを感じるのでしょうね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1347620/43606608

この記事へのトラックバック一覧です: 1秒を削る:

« 初詣ジョグ | トップページ | 赤ちゃんがきた »