2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ

« 『夜明けの前に』 東野圭吾 | トップページ | 続・『Nunmber 778号』・・・カズに学べ »

2012年2月 8日 (水)

 『Number 778号』・・・カズに学べ

図書館には古い雑誌が置いてある。ナンバーは時々見ることもあるが、毎回チェックしているわけではない。こんな特集が組まれていたのか、とタイトルに魅かれた。

6fd60cfds1_3

カズへのインタビューの部分は真摯なページだが、カズへの44人の著名人やWeb上からの質問があり、それにカズが答える。

たとえば・・・

0a5625e9s1
質問する遠藤選手も遠藤選手だが、さらりと答えるカズもさすがキング!

さて、本題。プロ26年目の44歳のキング・カズのサッカーに取り組む姿勢。カズが第一線でサッカーを続けでこられたのは、ひとえに自身を律することを忘れなかったからだ。ただただ愚直なまでに練習に取り組み続けできたからだ。

P19より。

ここまでこられたのは、全部のタイミングでしょう。努力もしてなければならないし、運もなければならないし。そこがみんなの言う「持っている、持ってない」の話になっちゃうのかもしれない。でも、僕は努力というものを信じたいし、努力に比重を置きたい。
だから、ワールドカップに行けなかったのは、やっぱり自分が努力しなかったからだと思っていますよ。あのとき、もっと練習して、私生活ももっと気をつけなければいけなかったんだな、と。それをやらなかったから、行けなかったんだと思う。
もちろん当時はそういう風に考えられなかったこともあるよ。日本代表をそこまで引っ張ってきたのは、自分だという自負もあったし、ワールドカップ予選に怪我とカード累積で出られなかった2試合を除いて全部出て、クリアしたのも事実でしょ。ジョホールバルでも先発で出たわけだし。だから、自分が出場メンバーに入ってもおかしくない、という思いはあった。でも、最終的に行けなかったのは、自分の努力がどこかで足りなかったんだといまは思っていますよ。
ワールドカップは一例だけど、とにかく、大事なのは、普段の自分の姿勢なんです。地に足がついているか、浮き足立っていなかったか、調子に乗っていなかったか、努力を怠っていなかったか……。そんなことがちゃんとできて初めて、底に落ちたときも、底から這い上がってこられるんだと思う。だから、もし運というものがあるとしたら、それもまた、普段の生活や練習の態度が大きく関わってくるような気がする。自分の態度、発言、振る舞いがしっかりしていれば、上がっていくような気がするんです。それは結局、毎日の積み重ねなんです。

やっぱり、キング・カズといえども“毎日の積み重ね”と“努力”を心掛けている。いわんや凡人のボクをや!

本日の早朝ラン13㎞。まだまだ寒い!

« 『夜明けの前に』 東野圭吾 | トップページ | 続・『Nunmber 778号』・・・カズに学べ »

読書」カテゴリの記事

コメント

戦闘モードannoy
やっぱり、いい意味でも悪い意味でも「勝ち負け」なんですよね。

マラソンでは色々なレベルの人が色々なレベルで勝負する。
負けたくない相手がいる人もいれば、記録更新のために自分との戦いに
なる人も多い。勝つかもしれない・負けるかもしれない。
でもやっぱり勝負なんです。

勝つことだけがいいわけでもなく、負けていいこともなく。
やるからにはやはり勝ちたい。
勝って得るものも、負けて得るものもあります。
負けても勝ってもまた勝負する。勝負し続けることが努力することにつながるし
生きることへつながる気がします。
何でもいいからやはり勝負をするべきです。
動物はいつも戦っているんです。人間だってやっぱり戦わないと!!
戦争と勝負は違いますから。

勝負ですpunch

マーチさん

いやいや、勘違いしないでください。戦闘モードは自分に気合を入れるためのものであって、福岡が終わってから少しだれていた自分の気持ちを引き締めようと思っただけです。
やっぱり、フルマラソンは、心・体・技がしっかりしないといけません。そのなかでも、気持ちの要素は大きいと思います。福岡前の緊張感をもう一度、ってところですかね。
今シーズン最後のフル。後悔するような走りはしたくありませんからpaper

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1347620/43664617

この記事へのトラックバック一覧です:  『Number 778号』・・・カズに学べ:

« 『夜明けの前に』 東野圭吾 | トップページ | 続・『Nunmber 778号』・・・カズに学べ »