2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト
無料ブログはココログ

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月の記事

2012年2月29日 (水)

KOYAMA ROLL

昨日は妻の誕生日だった。というわけで、お祝い(?)のケーキを三田から来られている職場の同僚に購入をお願いして、あの有名な『小山ロール』を持って帰った。

P1020959


先週の『情熱大陸』で小山さんが出られていたので、前振りで妻には『情熱大陸』の触れ込みはしておいた。妻は日曜日の夜、職場でTVを観ていたらしい。そして今日の小山ロール。

ボクは三田から来られているその方に以前買ってきていただいて、同じ部署の人たちと食べたことはあるが、妻や子どもたちは初体験。

P1020960
やはり、反応は上々だった。

残念ながらボクは週末に篠山マラソンが迫っているため、小山ロールは遠慮したのだが・・・・weep

本日の朝ラン6km。

雨がかなり降っていたが、某所でジョグ。

最近、左足首周辺に違和感があるのだが、その違和感を確かめながらのジョグだった。ジョグが終わってから右膝周辺にも違和感が・・・coldsweats01。身体の疲労は抜けている感覚があるのにthink

2012年2月28日 (火)

東京マラソンその後

川内選手が丸刈りをしたそうだ。川内選手曰く「応援してくれた方に何らかの誠意を見せないといけないと思った。さらし者になった方がいい」と・・・・。

なんか“誠意”=“丸刈り”は違うような気がするのはボクだけだろうか?

そんな川内選手をみて、皇帝ゲブレシラシエは「自分に怒りを覚えるのは分かるが、これは世界の終わりではない。常に希望を持って走りなさい」。さすが皇帝!ポジティブな考え方ですね。

皇帝ゲブレシラシエのことは、かつてブログネタで書いたが再度引用することに。契約のスポーツメーカ(ボクの愛用シューズのメーカー)のパンフレットから。

ゲブレシラシエ「折れない心」

「だって走るのは私ですし、そのためのアクションを起こすのも私です。コーチが代わりに走ってくれるわけじゃない。強い選手は誰もが自分自身のことをよく知っています。・・・ 私は自分にとっての最高のメンタルコーチでありたいし、そうあるべきだと信じています。」

 心というのは黒板と同じ──彼はそういうと、片手にチョークを、もう一方の手に黒板消しを持つジェスチャーをした。

「黒板には自分にとってのプラスになることだけ書くんです。もし誰かがマイナスなことを書いたとすれば、そんなことは消してしまえばいい。レース前の私なんて、黒板中が勝利という文字で埋まっていますよ」

「不可能という言葉を鵜呑みにしてはいけません。その瞬間に未来を切り拓くことを放棄したことになります。不可能を口にするというのは、努力を厭うための言い訳でしかありません。不可能とは、今はまだ可能ではないという状態です。可能に向かう途中の通過点です。そんなところで足踏みしていたら、ゴールになんか到達できません」

それと、川内選手がゴールで倒れ込むのはボクの妻には不評だ。ボクもランナーはゴールしたら笑顔でコースに一礼をして欲しいと思っているし、ボクはゴールしたら必ずそうしている。

もちろん、ボクは川内選手の活躍を願っていますが・・・・think

本日の早朝ラン13km

寒い。身体がなかなか温まらず、汗が出てこない。1時間ほどジョグをした後、刺激入れる為にWS5本&坂ダッシュ1本。

2012年2月26日 (日)

東京マラソン雑感

今日は午前中仕事の為、東京マラソンは録画鑑賞。

見どころいっぱいのレースだった。

注目は、当然川内選手。そして、皇帝ゲブラシラシエ。ハイレはボクの尊敬するランナーの一人。38歳とは言え、まだまだ走れるのんとちゃうか、と期待していた。

が、最終的にTVカメラの注目をあつめたのは藤原新選手。この人も苦労人(?)。所属企業をやめて、個人で練習されている異色のランナー。雑誌『ランナーズ』でもインタビューの特集があった記憶がある。練習メニュも載っていて参考にしたような気がする。藤原選手は前回のオリンピックで補欠。期するものがあったにちがいない。

その藤原選手が皇帝ハイレを抜く瞬間は興奮した。そして、ゴール前の2位争いはゾクゾクした。熱いレースだったし、久しぶりに日本のマラソンが世界と闘った感じがした。

さて、オリンピック代表は誰になるのか?興味津々。びわこマラソンを走る今井選手にも注目だが、この日は篠山マラソン。帰宅したころには結果は出ているのだろう。

今日の東京マラソンを観たら篠山へのモチベーションも自然と上がるというものだ。

本日のラン。10㎞PR、37'03。

篠山マラソンへの仕上げ。レースペース3'48/1㎞より若干速く、そのペースで余裕をもって走れるかを試す。

ラストは3'31まで上げることができた。寒かったので、ウインドブレーカー上下でのランだったが想定通り走ることができた。

いよいよ明日からカーボ抜きが始まるweep

2012年2月25日 (土)

買い出し

本日は朝一でコストコに買い出しに行く予定も、出発直前に電話があったりでバタバタして11時前の出発となった。

尼崎までの道中も渋滞に巻き込まれたが、なんとか任務遂行。次男と次女を連れての買い出しだった。

帰宅道中に業務スーパーにより、これまた1週間分の食材を買う。

結局、帰宅は14時前。次女も次男もボクも腹ペコだったのは言うまでもない。


本日の早朝ラン12㎞。WS5本と坂ダッシュ1本を含む。

起床時に外を見ると雨が降っていなかったようだったが、しばらくするとポツポツと雨が・・・。だが、小雨の中ジョグを続行。終了したころに本降りとなった。今日も雨のタイミングが絶妙だった。

2012年2月24日 (金)

木津川マラソンの結果通知

昨日、2月の初旬に行われた木津川マラソンの正式結果がハガキで届いた。

表彰状はすでに郵送されていたので総合の結果はわかっていたが、ハガキの通知では男子40歳代の年代別の順位も表示されていた。

P1020958_2
ボクの前には30歳代がほとんどということか!総合2位(?)だったのが40歳代の○野さん。この方は別格。

今思うと、40歳代として健闘したほうかもしれないし、篠山マラソンむけて良い弾みになるthink

本日の早朝ラン8km。

長女の学年末考査最終日。さて、どうなる事やら?ボクが心配しても仕方がないが・・・coldsweats01。長女から「6:30に起こして」と言われていたので、一声かけてからジョグ。今日も寒くはないhappy01

2012年2月23日 (木)

『あの歌がきこえる』 重松清

5161cbnrsyl_sl500_aa300_1

版元紹介文より

意地っ張りだけどマジメなシュウ、お調子者で優しいヤスオ、クールで苦労人のコウジは、中学からの友だち同士。コウジの母親が家出したときも、シュウがカノジョに振られたときも、互いの道を歩き始めた卒業の日にも、三人の胸にはいつも、同じメロディーが響いていた。サザン、RC、かぐや姫、ジョン・レノン……色あせない名曲たちに託し、カッコ悪くも懐かしい日々を描く青春小説。

続きを読む "『あの歌がきこえる』 重松清" »

2012年2月22日 (水)

猫の日

今日は2月22日。誰がつけたか?『猫の日』らしい・・・・think。ニャー・ニャー・ニャー!

ということで、我が家の愛猫のソラ。

先日は床に置いてあったボクのダウンジャケットに潜りこみむ。ボクのジャージやウィンド・ブレーカーの上でもよく寝てる・・・・。

そして、袖口から顔を出す有様。

Dsc02788
こっちが想像しないようなことをしてくれる。

だから、癒されるのか?

本日の早朝ラン13km。今日は温かい朝だった。

いよいよ篠山マラソンまで11日。明日からは“疲労抜き”に中心に調整を実施。しかし、今晩から明日は雨の予報。調整時期に雨が降ると練習計画が狂うので辛いところだcoldsweats02

2012年2月21日 (火)

父親稼業

本日は次女の参観日。先週は長男の参観日で、妻が参観をした。今日は妻が仕事のためにボクが特休を取得して小学校へ。

その前に、次男の幼稚園が2時過ぎに終わるのでお迎えをして、次男を連れて小学校へdash

どうやら、授業の内容は『英語』。

Img_3351

最近いろいろと話題になっている教科だが、和やかな雰囲気で授業が行われていた。

Img_3343_2

ただ、いつも授業参観に行って感じることだが、廊下にいている保護者がペチャクチャ喋っているのはいかがなものかgawk。先生も授業がやりにくかったのではないか、と思ってしまうのはボクだけか・・・・think

学級崩壊などよく言われるが、まずは親、家庭での躾ありきだ。

本日の早朝ラン17㎞。

日曜のレースの疲れはあまりないようだpaper

2012年2月19日 (日)

2012 猪名川町 彫刻の道マラソン 5㎞ & 音楽発表会

今日は2つ大きな行事があった。

まず、午前中に上記の大会を走る。

昨年は年代別2位。1位の方とは3秒差という悔しい思いをした。

今年はそのリベンジをと目論んでいたが、特に何かをしたわけではない・・・。大会前だが体重も落ちず、昨日もおやつを食べ、リベンジはどこへ行ったか、という状態coldsweats02。まぁ、焦っても仕方がないので普段どおりのレースをpaper

ご近所での大会なので7時前まで寝ようと思っていたが、6:30には目が覚め、少し散歩ジョグ。10時スタートなので8時過ぎまで家で過ごして、会場へ。最寄りの駐車場まで10分ちょいで到着。

でも、寒い。車の気温は-4℃を表示している。会場に置いてあるストーブで少し温まり、アップを30分ほどするとスタート時間が迫ってきた。十分体が温まったとは思えないが、スタート位置に着く。

周りを見渡すと、昨年1位と3位の方の姿が見えない。プログラムには名前があったのに・・・・?まぁ、自分の走りをするだけだ。

さて、スタート。ロードにでて少ししたところまでは先頭集団付近につくが、ここから徐々に放されて一人旅。競る人もいなく、マイペースで折り返し地点まで行く。ここで順位の確認。ボクと同じカテゴリーの人は?っと!ん~・・・。前にはいないようだ。という事は1位!?

後ろから迫ってくる気配もないし、前半あまり突っ込まなかったので後半失速するつもりもない。とにかく、腕振りと、ストライドを意識しつつ走る。

少し前方に知ってる高校生が走っているので、彼を目標にする。だんだん近づいてくるようでなかなか追いつけない。

そして、ゴールの松尾台小学校が見えてきた。あと少し。初タイトルか!グウンドに入りスパート。前の高校生には追いつけなかったが、何とかゴール。

18’57という平凡なタイムながら、年代別1位の初タイトル。

昨年が18'35で2位だったので、内容的にはイマチだが、正直に初タイトルを喜びたいと思う。競る人もいなかったのでタイムの伸びはないとは思っていた。おかげで昨年ほどのしんどさは皆無。程よい疲れって感じか!

ゴール後10㎞に出場していた大将や濱ちゃんさんと少し話をして、表彰式にも残らず帰宅。2週間前の木津川と同じだ。大会本部に事情を説明して、目録と商品をもらって帰った。

P1020950

今回も表彰状は後日送っていただけるそうだ。有難うございます。

さて、今日の後半は次男の音楽発表会。市内の文化会館の大ホールで行われる。

会場に12:30集合。13:00開演だ。帰宅して、10分で焼きそばとご飯を食べて出発。

始めは合奏。「歌えバンバン」

Img_3308_2
メロディオンを演奏する。

Img_3304
髪型が“妖怪人間ベロ(オリジナル)”状態ですが・・・。

Img_3319

合唱は「ありがとうの花」。真面目に歌っているぞ。

後半はオペレッタ。「ねずみの嫁入り」。

Img_3329

次男は「かべ」役。役としてはもう一つ・・・・think

Img_3330
親の思いとは裏腹に、本人は真剣そのもの!

Img_3337
一生懸命さが伝わってくるオペレッタだった。

金曜日から体調不良が続いていたが、何とか回復してくれてホッとしている。

今日の主役、そして一番頑張ったのは次男だろうなぁthink

なんとか慌ただしい一日が終わった。



2012年2月18日 (土)

積雪

昨日の天気予報では「近畿中部でも積雪はある」と言っていたが、どうせ積もらんやろうと思っていた。

しかし、起床して窓から外を見ると、晴れてはいるものの見事な積雪。1~2㎝ほど道路は積もっていた。

だが、積雪にはかかわりなく、いつも通りジョグ。グラウンドはどうかと思いきや、やはり積雪。しかし、いつもならウォーキングや犬の散歩の人がいるが、全く人の気配はなしempty。グラウンドは新雪(?)状態。走ってみても靴も濡れそうにない。

しかも、グラウンドを一周すると見事に自分の走った跡が残っている。自分のランニングの着地の足の位置がわかるわけだ!

どうも足先が外をむいてるぞthink。とか、歩幅が同じだな・・・(当たり前か)などを観察しながら走った。

たまにはこういうのも好いかもしれない。

ただ、後半になると太陽の光による気温上昇の為か、雪がシューズのソールにまとわりつき走りにくいことこの上ないgawk

じんわり汗もかいたので、ジョグを1時間で切り上げて帰宅する。

一昨日から次男が体調不良。やたら腹痛を訴えるので、昨日は幼稚園を休む。朝からほとんど食べず、一日中寝たり起きたりの繰り返し。夕方に病院へ行くものの、ドクターも「一体ななんやろう?よくわからん。とりあえず鎮痛剤だけだしておく」とのこと。

日曜日は、市内の文化会館で幼稚園の発表会があるので気になるところ。

今日は、妻の実家の近くの内科で点滴をしてもらいに行く予定。

2012年2月17日 (金)

猫の風景

愛猫のソラは悪戯が過ぎるpout

置いてある「カツオのふりかけ」を食べ散らかす。

晩御飯の「カレイの煮つけ」をつまみ食いする。など・・・・。枚挙に暇なし。

いろんな所にも潜りこむ。

P1020939

先日は次女が置いていた「ランドセル」の中に入っていた。

でも、最近体が大きくなってきたようで、今まで入れていたところに入れなくなってきたようだ。

本日の早朝ラン14㎞。

日曜日に「猪名川町・彫刻の道マラソン」の5kmの部を走るので、流しを6本いれる。

本日からボクひとりでジョグ。昨晩、長男に「明日からも走るか?」と言うと、あっさり拒否された。

妻曰く「やっぱり、ランニングは罰やったんや!」と。

2012年2月16日 (木)

『おろしや国酔夢譚』 井上靖

51i0rttkxkl_bo2204203200_pisitbstic
amazon 紹介文より

1782年、船頭大黒屋光太夫ら17人の男と、廻米・木綿等を積んだ神昌丸は、伊勢から江戸へ向かった。狂騰する波涛に弄ばれ、8カ月後、彼らが流れ着いたのは、北の果て、アムチトカ島だった。望郷の思いに、ひたすら故国への途を求め、彼らは極寒のロシアを転々とし、終にはペテルブルグへ。出帆から、10年近い歳月が流れていた―。鎖国の世、異国へ渡った男たちのロマン溢れる冒険譚。

続きを読む "『おろしや国酔夢譚』 井上靖" »

2012年2月15日 (水)

長男と

昨日から長男と早朝にジョグをしている。

週末、片付けをしなかったことなど粗相があり、妻から「罰として、お父さんと朝走りなさい」とのお達しがpout

罰で走らせるつもりはないが、渡りに船だ。良い機会だと思い一緒に近所の運動公園を走っている。

ボクが少し早く起きてジョグをして、一度家に帰り、長男を起こして、再び一緒に走る。
ボクと公園を3周一緒に走ると、ボクが1周走る間休憩、というのを20分ほど繰り返すだけpaper。ゆっくりボチボチ走っている。

3日間限定なので明日で終了だが、これから温かくなるので1週間に2・3回でも走れたらと思っている。

実は3/18(日)に行われる「池田・猪名川マラソン」の親子ペアの部に出場予定。それに向けて練習を開始したともいえる。

本日の早朝ジョグ13km。

2012年2月14日 (火)

嗚呼!バレンタイン

週末から、我が家の台所が慌ただしい。

P1020933

それもそのはず。長女が2・14、友達36人にバレンタインのパウンドケーキ(ドーナツ?)を贈るそうだ。

女子中学生の事情もいろいろあるのだろうが、本命チョコはないらしい・・・・。と、本人は言っているがどうだか?

P1020934

夜の9時から作業が始まった。「ラッキーセブン」を観ながら・・・・。ボクは次男を寝かせに2階へ。そして、朝起きてみるとeye

P1020936

ラッピングをして、出来上がっていた。

おそらく、さしあげたお返しに大量のスィーツを持って帰ってくると思うのだが、さて・・・・coldsweats01

今日はボクにとってはあまり普段と変わらない一日だ、と思っている。まぁ、個人的にあまり良い思い出がある日ではないし・・・・coldsweats01

ゆえに、今日も普段通りの早朝ラン13km。

長男とは20分ほど近所の運動公園を一緒にジョグをする。帰宅すると雨が降ってきたので、絶妙のタイミングだったようだ。

2012年2月11日 (土)

お酒は・・・・

昨日は池田の「か○の屋」で、先日の北海道出張の慰労会がとりおこなわれた。

諸般の事情でボクは車で行くことに。マラソン練習のこともあるし、少し風邪気味だったこともあるが、当然アルコールはng

最近、アルコールを飲まなければ我慢がでいきない、という体質(?)でなくなった。特に寒いこの時期はpaper

マラソンにはまって、ますます健康志向に拍車がかかったようだ。

そして、ビールの購入もかなり減ったので、我が家の家計の節約にも貢献できている。

まぁ、走りすぎによる体調不良には気をつけねばならないが・・・・。

本日の早朝ラン20㎞。

職場で風邪やインフルエンザが流行しているが、ボクもその余波を受けたようだ。やはり、フルマラソンを走ったあとは免疫力が低下していることとも関係がるかもしれないthink

2012年2月 9日 (木)

続・『Nunmber 778号』・・・カズに学べ

昨日の続き・・・・。

P20より

最近よく「なんでカズさんはモチベーション高くいられるんですか」 って、(藤田)俊哉とか横浜FCの選手とかいろいろな人から訊かれるんです。僕は、やっぱり、人生を楽しんでいるからだと思う。
サッカー一筋でやってきているけれど、そのためにはいろんなことをしているんです。なんて言うか、基本的に自分の好きなことをやっているんだよね。だから続く。外に出ていろんな場所の空気を吸って、いろんな環境に飛び込む。いろんな人に会う。それがいいんじゃないかと思う。だから、脳がいつも刺激
を受けているし、新鮮でいられる。
サッカーのための人生だけど、その人生も、もう思い切り楽しむという、それが結局、サッカーのモチベーションや集中力につながっでいく。それがいままですごくうまく回ってきたという気がするよね。
みんながモチベーションについて訊くということは、モチベーションを長く保つのは大変であるということの裏返しでしょ。練習のモチベーションにしても、実は常に試合に出ているときは持ちやすいんです。でもたとえば、去年の僕の試合での使われ方がそうだったように、後半のちょっとした時間でしか使われないとなってくると、こんな苦しい練習はないってことでみんな辞めていっちやう。
ところが、僕は違うんですね。出られなかった悔しさ、使われなかったことの悔しさ、1分も使われなかったときのむしゃくしやする気持ちというのは、10代、20代のときとまったく変わらず、いまも持ってる。「俺ももう44歳だし、まあ仕方ないや」なんて思ったことは一度もない。なんで使わないんだよ、このクソ監督、ぐらい思ってやっている。だから、ひとつひとつの練習もそうだし、試合に出たときもそうだけど、自分はできるんだということを証明したいとプレーしているよね。それがまた楽しいわけです。いろんなことが楽しくなってくるわけですよ、年をとってくると。

モチベーションの維持はランニングにとっても大きなテーマだが、やはり楽しむことが第一か!

本日のラン12㎞。

ようやく日曜日のレースの筋肉痛も癒えてきたが、少し鼻がズルズル状態。

職場でも風邪やインフルエンザが大流行。は5人インフルエンザで休んでいる。

油断してはいけない!体調管理をしっかりせねばthink

2012年2月 8日 (水)

 『Number 778号』・・・カズに学べ

図書館には古い雑誌が置いてある。ナンバーは時々見ることもあるが、毎回チェックしているわけではない。こんな特集が組まれていたのか、とタイトルに魅かれた。

6fd60cfds1_3

カズへのインタビューの部分は真摯なページだが、カズへの44人の著名人やWeb上からの質問があり、それにカズが答える。

たとえば・・・

0a5625e9s1
質問する遠藤選手も遠藤選手だが、さらりと答えるカズもさすがキング!

さて、本題。プロ26年目の44歳のキング・カズのサッカーに取り組む姿勢。カズが第一線でサッカーを続けでこられたのは、ひとえに自身を律することを忘れなかったからだ。ただただ愚直なまでに練習に取り組み続けできたからだ。

P19より。

ここまでこられたのは、全部のタイミングでしょう。努力もしてなければならないし、運もなければならないし。そこがみんなの言う「持っている、持ってない」の話になっちゃうのかもしれない。でも、僕は努力というものを信じたいし、努力に比重を置きたい。
だから、ワールドカップに行けなかったのは、やっぱり自分が努力しなかったからだと思っていますよ。あのとき、もっと練習して、私生活ももっと気をつけなければいけなかったんだな、と。それをやらなかったから、行けなかったんだと思う。
もちろん当時はそういう風に考えられなかったこともあるよ。日本代表をそこまで引っ張ってきたのは、自分だという自負もあったし、ワールドカップ予選に怪我とカード累積で出られなかった2試合を除いて全部出て、クリアしたのも事実でしょ。ジョホールバルでも先発で出たわけだし。だから、自分が出場メンバーに入ってもおかしくない、という思いはあった。でも、最終的に行けなかったのは、自分の努力がどこかで足りなかったんだといまは思っていますよ。
ワールドカップは一例だけど、とにかく、大事なのは、普段の自分の姿勢なんです。地に足がついているか、浮き足立っていなかったか、調子に乗っていなかったか、努力を怠っていなかったか……。そんなことがちゃんとできて初めて、底に落ちたときも、底から這い上がってこられるんだと思う。だから、もし運というものがあるとしたら、それもまた、普段の生活や練習の態度が大きく関わってくるような気がする。自分の態度、発言、振る舞いがしっかりしていれば、上がっていくような気がするんです。それは結局、毎日の積み重ねなんです。

やっぱり、キング・カズといえども“毎日の積み重ね”と“努力”を心掛けている。いわんや凡人のボクをや!

本日の早朝ラン13㎞。まだまだ寒い!

2012年2月 7日 (火)

『夜明けの前に』 東野圭吾

51pgtcu0lgl_sl500_aa300_1

amazon 紹介文

渡部の働く会社に、派遣社員の仲西秋葉がやって来たのは、去年のお盆休み明けだった。僕の目には若く見えたが、彼女は31歳だった。その後、僕らの距離は急速に縮まり、ついに越えてはならない境界線を越えてしまう。しかし、秋葉の家庭は複雑な事情を抱えていた。両親は離婚し、母親は自殺。彼女の横浜の実家では、15年前、父の愛人が殺されるという事件まで起こっていた。殺人現場に倒れていた秋葉は真犯人の容疑をかけられながらも、沈黙を貫いてきた。犯罪者かもしれない女性と不倫の恋に堕ちた渡部の心境は揺れ動く。果たして秋葉は罪を犯したのか。まもなく、事件は時効を迎えようとしていた・・・。

続きを読む "『夜明けの前に』 東野圭吾" »

2012年2月 6日 (月)

訂正

今日の新聞のスポーツ欄が楽しみだった。我が家は毎日新聞。当然、別大のスポンサーなので記事もたくさん載ってるはず。

載っていました。猫ひろし選手。自己ベストを7分以上短縮。2時間30分台。異次元の世界へ行ってしまった。大会前のインタビューで「月間1000km以上を3ヶ月続けた。走って、食べて、走って、寝る生活。」と・・・・。、まさに実業団の選手並み。そらぁ、オリンピックに出ようとする人ですから当然か?

以前、ボクは猫ひろし越えをもくろんでいたが(http://azuhizi.cocolog-nifty.com/blog/2012/01/post-0285.html)はっきり言って、無理ですcoldsweats01。訂正&敗北宣言catface

猫さん、オリンピックに向けて頑張ってくださいbleah

そして、川内選手も丸亀でハーフのベスト。去年の東京の前もハーフのベストを更新して東京マラソンの活躍。期待できそうだ。でも川内選手の27位(?)。やはり、ハーフとフルは別物だと痛感。

昨日のフルでのふくらはぎの張りが酷い。自宅の階段の上り下りも苦労する始末。こんなことは最近のレースではあまりなかったことだbearing

2012年2月 5日 (日)

第29回 京都木津川マラソン

京都木津川のフルを走ってきた。この会場近くにボクは学生の頃に下宿していた。まさに会場に行く途中に下宿の前を通る。もう20年以上前のことだ。随分このあたりも変わった。と、少しノスタルジーに浸る。

いつもより遅くに起きて、JRで川西池田から1時間ちょっとで京田辺に到着。会場まではアップも兼ねて駅から会場まで30分弱の歩き。余裕も持ってきたつもりが、受付を済ませて着替えるとスタート15分前。アップもトイレも不十分でスタート地点へ並ぶ。

この辺が自分のいい加減でダメなところcoldsweats01。もっと余裕をもってレースに臨むべきなのだが・・・・・。

とりあえず最前列からのスタートとなった。初めの2kまでは先頭集団についていくものの、1K=3'44 2K=3'41と今の自分には速すぎるので自重。

当初から設定タイムは考えていなかった。走り始めてから体感の感じるままに走ろうと思っていた。2K走って今日のペースは1K=3'50前後でいけるところまで行くことにする。できれば1K=4'00は切りたくなかったが・・・・。

順位は3Kを過ぎて11位ぐらい。この大会は10位までが表彰。ひそかに狙っていた。

05K=19'21

10K=19'21

折り返して順位を確認する。先頭集団は7人。この人たちは別世界か?その後にポツポツ。15Kまでに9位をキープ。

15K=18'55

まだまだ余裕はある。折り返してからは追い風か?少しペースが上がる。

20K=19'39

再びスタートした会場を後に木津川を北上(?)。スタート地点が恨めしいbearing。ここからしばらく並走する人がいて交互にお互い引っ張る。

25K=18'55

並走していた人がついてこなくなった。単独走がまた始まる。たぶん8位か?
ランシャツとハーフタイツで走っていたが、寒い。木津川をなめていた。背中がこわばってきた。何回か腕をブラブラさせて力を抜くがつらい。
さらにふくらはぎも張ってきた。

30K=19'21

再び折り返し。そして予想していたが逆風。さらに体が冷える。ハーフの歩いている人やフルの人が混在していて走りにくい。

35K=20'00

とうとう、1K=4'00を切ってしまった。“小”もしたくなってきた。なるべく“小”を考えずにほかのことを考えつつ走る。なんか後ろから足音が聞こえてくるような?気のせいか。

40K=20'15

ゴール近くの山城大橋が見えてきた。いよいよこの42kmも終わる。そう思うと後2kmをかみしめて走らねば・・・・。脚に力が入る。がそんなにペースアップせずweep

ラスト=8'49

結果的は2:44’36(自分の時計)で6or7位入賞だった。

見事にフルマラソンの洗礼を受けた感じで、走った後かなり“ふくらはぎ”にきている。

まぁ、何も調整もせず走ったレースなのでこの結果には満足しているが、やはりフルマラソンは甘くない、ということを痛感。楽に走ろうと思っていたが、楽なフルマラソンなんて存在しないのかも!しっかり体調を整えて、準備をして、気力を満たし走らないといけない。

3年前にもこの大会を走ったが、タイムは2:56。この時も1月の後半に山形蔵王に3泊4日の出張があり、今年と同じ状況。その時に比べるとずいぶん走れたと思う。

まだまだ調整不足だし、体重もベストより約2㎏増danger。このレースで感じたことを活かして、今シーズン最後のフルマラソンである篠山につなげていきたい。あと4週間だ。

ボクの本日のスケジュールは、フルマラソン10時スタートで、3時間弱で走る。京田辺の発のJRを13:45に乗れば15時過ぎに家に帰れる。妻は15時前に仕事で家を出る。

ということで、表彰式も出席せず(だから正確な順位は不明)サービスのうどんだけ食べて、小走りにJR京田辺へ向かう。何とか予定通りの電車に乗れて15時過ぎには帰宅できた。

2012年2月 4日 (土)

別大

去年の今頃は別府に向けて出発していた。今思い出すと、去年は年始に故障があったり、調整もイマイチでテンションが上がりきらない状態での別府行だった。が、結果的にベストを更新できたレースだった。

だが、今年は家でのんびりしている。まぁ、明日フルマラソンのレースを走るのだが、何も気負いはない。朝から13㎞のジョグをして、部活の練習試合で豊中に行く長女と部活の友達を7時前に車で川西能勢口まで送っていった。

その後、業務用スーパーに1週間分の食材を買い出し。コーナンで先日盗まれた原付のミラーを購入。昼前に次男の幼稚園のお迎えと、いつも通りの土曜日を過ごしている。

別大に行かれるランナーのみなさま、ご健闘を!天気予報ではいい気象条件みたいですし、正直、ボクも走りたいthink

本日の早朝ラン13km。

2012年2月 3日 (金)

節分

今日は節分。どうやら寒波も今日の朝までということで、とりあえず暦通り季節は動いているということか。

予定通り今日は酷寒のもと屋外での仕事。池田の猪名川河川敷に午前中はいた。かなり寒さを覚悟して、上着は6枚着、下は4枚込んでいった。これが功を奏したのか何とか寒さに震えることはなかった。が、少し喉がイガイガする。労災か?(笑)。

帰宅してから、節分恒例の『恵方巻き』を購入すべく近所のイオンへ。昨年同様のパターンとなった。昨年のイオンの恵方巻きが好評だったので、今年も踏襲することにした。

しかし、妻の分を除いて5本の恵方巻きで2000円を近い出費coldsweats02。我が家の一回当たりの食費としては高すぎるような・・・・・?見事に寿司屋の商売の戦略に乗せられているような気がする。まぁ、年に一度の行事で、これで“福”が来れば安いものではあるがthink

とあれ、北北西の方向に向かってみんなで黙々と恵方巻きをかぶる。

P1020925

「お腹が空いた」とグズグズ言っていた次男は一本ペロリと食べてしまった。delicious

豆は大豆ではなく、ピーナツをみんなで食べて節分を終えた。

本日の早朝ラン15㎞。

日曜日のレースに備えて体が温まってきたときに流しを5本いれる。

2012年2月 2日 (木)

8年ぶり?

今朝のラジオの気象予報士さんの話によると、

「今日の大阪の最高気温は3℃。最高気温が3℃なのは8年ぶりのことです」

・・・・・・。

寒い、寒いと思っていたが、この寒さは8年ぶりのことかthink

そういわれてみると納得。ここ数年経験したことのないような寒さのような気がする。

明日は屋外での仕事。明日も寒いようなので防寒対策を完璧にして臨まなくてはthink

本日の早朝ラン14km。

2012年2月 1日 (水)

1月を終えて

あっという間に1月が終わり今日から2月。早いものだ。

さて、先月の1月は久しぶりに一度も大会に出場しなかった。前半は家庭でバタバタ。中旬からは北海道の出張。最終日曜日も次女のピアノ発表会。

こういう時はモチベーションも下がり気味で、目標を見失いそうになる。

だが、今月は一つ大きなテーマを掲げていた。それは『走り込み』。もし来年別大に出ることができたなら、年末から年始にかけて、故障せずにどれぐらいの走り込みができるかを試してみたかった。

その、『走り込み』をモチベーションに1月を終えることができた。

目標どおり今月は過去最高の走り込み月間となった。しかも北海道の4日間の出張があったにもかかわらず。練習の質はさほど高くなかったが、2月にスピードの質を高めて3月の「ABC篠山マラソン」に備えたい。

その前に今週末は久しぶりのレース「木津川マラソン(フル)」を出走。一体どれぐらいのタイムで走れるか未知数。しかもレースに向けて調整らしい調整もなし。篠山に向けての練習もつもりで走るが、強い気持ちを持ってしっかり走りたい。

本日の早朝ラン13km。

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »