2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト
無料ブログはココログ

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月の記事

2012年3月31日 (土)

マラソンブームも・・・・

今朝は天気予報通り早朝からrain。3時ぐらいに目が覚めて雨音がしたので寝ながらテンションも下降気味にsleepydown。一応いつもより早めに起きて某所で早朝ランを開始。うだうだしながら20㎞走った。

帰宅後、ボクが朝食を終える頃に子どもたちが起きてくる。土曜日の朝の定番がETVの『おさるのジョージ』。ボクが小さい頃から読んでいた絵本が今はアニメになっている。わが子が小さい頃に、よく図書館で借りて読んでやったものだ。なぜかこのアニメ次女・長男・次男のお気に入り。続きの『ひつじのショーン』も黙々と観ている。

さて、この『おさるのジョージ』の今朝のネタは“マラソン”だった。今のマラソンブームと何か関係があるのかは定かではないが、思わずそういう風に勘ぐってしまうのはボクだけか?

2012年3月30日 (金)

『隣人』 重松清

514rtkvrgnl_sl500_aa300_1

amazon 紹介文より

直木賞受賞後第1作

バスジャック、通り魔、てるくはのる、ニュータウン……ぼくたちの夢と狂気を追った異色のルポルタージュ作品、誕生!

ルポライターやノンフィクション作家の真似事をするつもりはない。できるとも思わない。ただ、読み物作家として、事件や状況に遅ればせながらの〈蛇足〉を付けてみたかった。そのための〈寄り道〉を、ときには〈無駄足〉の道行きを、読み物としか名付けようのないかたちで書き綴りたかった。――「まえがき」より

続きを読む "『隣人』 重松清" »

2012年3月29日 (木)

春近し

本日は仕事に行く前に回り道をして、昨日に娘が借りたCDを川西能勢口近くの店に返却に行くことになった。バイクでの道中だったが冬のような寒さはなく、何とか凍えることなく職場に到着。気温も春らしくなってきた。

途中、多田神社の前を通ったが、ピンク色の提灯がたくさんぶら下がっており、いよいよ『源氏祭り』かぁ~と思った。4/8(日)『源氏祭り』が開催される。昨年は「わかさマラソン」でいけなかったが、今年は子どもを連れていく予定だ。ちょうど桜がきれいな時期で、川西市の春の訪れを告げる恒例行事だ。


本日の早朝ラン12.5km。

2012年3月28日 (水)

35年

毎朝、走りながら拝聴している『おはようパーソナリティ道上洋三です』が今日で35年をむかえた。この番組を話を仕事のネタに使わせてもらったことは枚挙に暇がない。いろんな意味でお世話になっている番組である。35年目をむかえてたことは今日の朝刊各紙でも取り上げられているそうで、この番組の人気のほどがうかがえる。
我が家の取っている「毎日新聞」にも35年前の道場さんの写真が載っていたが、時代を感じさせる写真だった。
35年を一つのことを続けるってなかなかできない事だと思う。数年前に頭の手術があったりの35年だったそうだが、まだまだこの番組が続いてくれることを切に願っている。


本日の早朝ラン13km。
もちろんいつのもラジオを聞きながらear

2012年3月27日 (火)

懐旧の念

昨日、初任で赴任した職場の先輩から電話があった。久しぶりに飲みに行こう、とのお誘い。ボクの篠山マラソンの記録もご存じで驚いておられた。三田在住の方で12月の三田マスターズのハーフにはプログラムに名前があって、出走されていたらしいが、大会が終わってから気づいた。
話したのは本当に久ぶりだったので懐かしかった。4月に飲みに行くことになりそうなので、楽しみだ。


本日の早朝ラン12.5㎞。
朝からいい天気だ。今日から少しずつ気温も上がってくるみたいで、身体も心も軽い。

2012年3月25日 (日)

『愛妻日記』 重松清

51xklntrll_sl500_aa300_1

amazon紹介文より

R-18指定の重松清。奥様には隠れて読んでほしいのです。夫のゆがんだ情欲を描く、初の性愛小説集。

「匿名で官能小説を」という「小説現代」編集部の注文を承けて、表題作を書いた。最初は一度かぎりの企画物のつもりだったが、ハマった。2作目以降は、志願して短編を書き継いでいった。全6編。いずれも、夫婦の物語。官能小説。妻に対する夫のゆがんだ――でも、だからこそまっとうでありうるはずの情欲を描いた。小説の書き手として、これらの物語を僕は欲していたのだろう。今後も夫婦や家族の物語を書きつづけたいから、性から逃げたくなかった、のかもしれない。

続きを読む "『愛妻日記』 重松清" »

2012年3月24日 (土)

焼肉

昨日、ようやく本年度の仕事の区切りがついた。この時期は毎年ホッとする。そういうことと、同じ部署の方が一人転勤されるので、昨日は職場の同じ部署の人たちと懇親会が催された。

珍しく会場は伊丹駅周辺の焼肉屋“BANBINO”。久しぶりの焼肉だ。もちろん初めての場所。

150x150_square_72000611

結構わかりにくい場所で道に迷ったが何とか到着。店は結構、流行っていて
お客さんは一杯だった。

ボクたちのグループは予約をしていた個室へ。

Kae2900ps21
10人のグループだったがゆったりとして食べることができた。

食い放題ではなかったが、腹八分目でそこそこ満足。ビールも久しぶりに飲む。あまり飲みむつもりもなかったので、ビン1本ぐらいか飲んだか?これぐらいがちょうどイイかもしれない。

本日の早朝ラン20㎞。

昨日の焼肉を消費すべき走り始めるものの、すぐさま雨が降ってくる。某所に避難してジョグを続け、小雨になったので有酸素ランを開始するものの1km走ってまた降雨。結局ジョグのみで終わってしまった・・・・。

昼間も雨が降ったり止んだり、変な天気だった。

2012年3月23日 (金)

『聯合艦隊司令長官 山本五十六』 半藤一利

51nbiuzkul_bo2204203200_pisitbstick

amazon 紹介文より

日米戦争に反対しながらの真珠湾攻撃という決断。半藤さんが最も愛する提督の真骨頂を、半藤昭和史の名調子で語り下ろす。映画化作品。

続きを読む "『聯合艦隊司令長官 山本五十六』 半藤一利" »

2012年3月22日 (木)

2011 兵庫陸上競技記録 Top50

昨日の神戸新聞で2011年の「兵庫陸上競技記録Top10」のメンバーが載っていた。

もちろんボク名前が載るはずもなく有名なランナーさんの名前を眺めているだけだった。


一方、先日、職場の陸上競技関係の方から昨年の記録集を見せていただいた。小学生から社会人まで兵庫県の陸上競技の記録のTop50がすべて掲載されている。

P1030288

ここ数年ボクのマラソンの記録が兵庫県のTop50に載るようになったので、この記録集を見るのを楽しみにしている。

ちなみに2009年は23位、2010年は27位と年々順位は下がっている。記録は伸びているのだが・・・・weep

Photo一応、今年もランクインされていたが、またまた大幅にダウン。タイムは昨年の福岡国際マラソンのタイムで2時間38分台だったのだが・・・。


しかし、このランキングのメンバーを見るとすごい人たちが名を連ねている。

まぁ、順位はさておき、できる限りこの冊子に名前が載り続けるように練習に励んでいきたいとと思った。


本日の早朝ラン12.5km。

天気予報で今日は気温が上がると言ってたので薄めの手袋で出かけたが、やはり早朝はまだ寒く指先がしびれてきた。

「暑さも寒さも彼岸まで」と言うが、まだま寒い日がありそうだwobbly

2012年3月20日 (火)

『ディズニーそうじの神様が教えてくれたこと』 鎌田洋

5135krcx0zl_bo2204203200_pisitbstic

amazon 紹介文より

ディズニーランドの清掃キャストの感動物語

東京ディズニーランドを舞台に、ウォルト・ディズニーが最も信頼した清掃員、「そうじの神様」ことチャック・ボヤージン氏と、
カストーディアル・キャスト(清掃スタッフ)たちが繰り広げる感動物語。「働くことの本当の意味」を問いかける。


本書は、ディズニーランドを舞台に、カストーディアル・キャスト(清掃員)たちによって繰り広げられる感動物語集である。
元オリエンタルランドの社員で、初代ナイトカストーディアル(夜間の清掃部門)のトレーナー兼エリアスーパーバイザーとして活躍し、
「ディズニーのサービス哲学の神髄」を体験してきた鎌田洋氏が、自身の体験に基づいて書き下ろした感動ストーリー。

物語を通して、夢と感動で満ちあふれ、多くの顧客を魅了してやまないディズニーランドの秘密が明らかになると共に、
「仕事とは?」「サービスとは?」「人生とは?」など、読む者に「働くことの本当の意味」を問いかける。

物語の舞台は、ディズニーの清掃部門、カストーディアル。そこで働くキャストたちの4つの人間ドラマで構成されている。
4つの物語は、主人公の金田が体験した4つのエピソードで、繋がりのある物語だ。
そして、この4つの物語すべてに貫かれているのが、初代アメリカディズニーランドのカストーディアル・マネジャーで、
ウォルト・ディズニーの信頼厚く、ディズニーの世界で「そうじの神様」と称えられる、チャック・ボヤージン氏の教えだ。
本書の著者の鎌田洋氏は、この「そうじの神様」ことチャック・ボヤージン氏から直接2年間にわたり指導を受けており、
当時のチャック氏の教えを紹介できる唯一の存在と言っても過言ではない。

本書に収録されているのは、「夢の国の落とし物」「月夜のエンターティナー」「魔法のポケット」「夢の、その先」の4つの物語。
どれも感動的で、ディズニーの魔法に満ちあふれた物語だ。
ディズニーのそうじの世界に秘められた「仕事で人を幸せにするヒント」がきっと見つかることだろう。

続きを読む "『ディズニーそうじの神様が教えてくれたこと』 鎌田洋" »

2012年3月18日 (日)

第14回 池田・猪名川マラソン 5k&親子ペア2k

地元の大会、そして春先のスピード強化のスタートという位置づけである池田・猪名川マラソンを走ってきた。


ボク自身は毎年10kに参加しているのだが、今年は5kに参加。別に短い距離にこだわっているのではなく、今日のメインレースである親子ペア2kに参加するため。ペア2kのスタートが11:45.10kのスタートが11:40。タイムテーブル的に無理。よってスタートが10:40の5kにエントリーした。


篠山マラソン以降、まだまだスピード練習はそれほどこなしてるわけでもないのでタイムは期待できない。とは言え、今回のタイムが今春のスピード練習の時期の指標となるのでしっかりと走りたい。

朝はゆっくり6:20まで寝床に。4㎞ほど目覚めのジョグをして朝食をとる。長女は部活に出かけ、その他のメンバーはポケモンが始まる7:30に起床。ボクが朝食をつくってやる。

天気予報ではくもりだったのに、大会会場に着いた頃から小雨がポツポツ。テンションも下がるdown。こういう時はアップも気が入らないが阪神高速の高架で雨を避けながらアップを4.5㎞(WS5本)ほど。気温はそれほど低くなく十分身体は温まった。


スタートは2列目ぐらいからか?一人マークしていたのは昨年のボクの年代での優勝者○藤さん。ボクとの力の差は歴然なのだが・・・・。当然、スタートしてから速攻ではなされた。レース中は一応背中が見える位置にはいたが結局20秒の差がついてしまった。

折り返しで○藤さんの次だと分かり年代別2位狙いを!ただし順位よりも、しっかり走りきること。先月の猪名川町の大会みたいずるずるいかないように走る。

ラスト2Kmの表示が見えてきた。まだ少しは余裕がある。

ラスト1㎞の表示を発見。この区間のラップが3'41(心拍数159)。後ろを振り向く。少し離れたところにピンクのウェアの人がいるようだ・・・。一体どのカテゴリーの人だろう?結構速そうだが・・・。抜かれたくない。競技場のトラックに入る。ピンクのウェアの人に並ばれたcoldsweats02。横を見るとロンドンオリンピックマラソン代表、ダイハツの木﨑良子さんだ。ボクのよこで「ラスト、頑張りましょう」と声をかけてくれた。力が出てきた。そして、一緒にゴール。一礼をして、木﨑さんに握手をしてもらおうとしたが、かわされたweep。(ラスト1㎞=3'32(心拍数174))


しかし、その後ペアが終わったあとジェリー君からメールが届く
「NHKの昼のニュースで木﨑さんと一緒にゴールしていたところが映っていた」
とのこと。少しうれしいおまけがついた。


タイムは17'30。順位は年代別2位。この時期としてはまずまずのタイム。というか、昨シーズンは5k(5000m)で17分台では走れていなかったのだから、このタイムは上出来だというべきだろう。


すぐに雨に濡れた身体を拭いて、ダウンがてらに長男とペア2kのアップを開始する。いよいよ本日のメインレースが始まる。

スタート地点は大混雑。2kの部とペアの部が混在。この集団を慎重に抜け出すべく長男と手をつないでスタート。途中で手を放し長男のペース走る。

折り返し地点で3位か?1位の子はダントツに速い。目標は2位狙い。すぐ前に2位の子がいるので長男の手を引っ張りつつペースを上げる。追いついた。あとはペースを緩めることなくゴールまで。予定通り2位だった。

タイムは8'36と昨年6月の“わかさあじさいマラソン”と変わらなかったが、今回は少しは練習して臨んだことに意義があったと思う。長男もうれしそうだった。本人は密かに1位を狙っていたのだが・・・・。まぁ上には上がいてるという事。そして、まだまだ練習が足りないということだ。


この大会は日清食品がスポンサー。2位の副賞はチキンラーメン20個。今回は2位×2=40個をゲット。我が家の食糧費に少しは貢献できたと思う。しばらく昼食はチキンラーメンが続きそうだが・・・・。

2012年3月17日 (土)

『一瞬の喜びのために人間は泣くんだ』 アニマル浜口

51f9st0v4gl_sl500_aa300_1

amazon 紹介文より

心を動かされたら、思い切り泣こう。心の底から泣こう。そして、子供たちが一生懸命がんばって何かをつかんだら、一緒になって泣いてやろう…。家族全員でめざしたアテネ・オリンピックに向けた13年、子育て論などを綴る。

続きを読む "『一瞬の喜びのために人間は泣くんだ』 アニマル浜口" »

2012年3月16日 (金)

中学生のブログ

昨日、妻から「長女がブログを書いている」との報告を受けた。

現在、長女は中1。最近の中学生は・・・・think。と、思ったが、同時に結構なことだとも思った。

ボクは中学生がブログを書くのを否定しないwink

というのは、手紙を書くときは、相手がどう思うかだけを考えておればいいのだが、ブログは別。不特定多数に文章を書くわけだから、自分を相対化させないといけない。そして、不特定多数の人が読む文書には気を遣う。このように不特定多数の人に書くということを通して、自分を客観化する機会が得られるというのは良いことだと思う。

ただし、守らないといけないルール・やってはいけないこと・注意しなければいけないことはある。

注意事項

    • 他人の誹謗中傷や悪口を書かないこと。
    • 自分と特定できることは書かないこと。
    • インターネットは世界中の人がみているものだから、誰が読んでいるか分からないということをふまえて書くこと。
    • 自分の写真は載せないこと。
    • 犯罪や危険な情報・詐欺には注意すること。

昨晩、長女とそのことについて懇々と話した。本人も学校で少しは学んでいるらしく納得した様子。そばで話を聞いていた次女は少し意味不明の様子だっが、それはほっておいた。

本日の早朝ラン18km。日曜日のレースにむけてWSを6本いれる。

2012年3月15日 (木)

『哲学カフェ』 小川仁志

41wryqhwb4l_bo2204203200_pisitbstic

amazon紹介文より

読む「哲学カフェ」へようこそ!
実際に行なわれた“熱い対話”を再現。

○なぜ、他人と違うことをすると嫌われるのか?
○人間は結婚すべきか?
○権力は悪か?
○国は、どこまで国民の面倒を見るべきか?
○人間はどうやって死を受け入れるか?
○人間とはなにか?       ……17テーマ。

ニーチェ、ヘーゲル、マイケル・サンデル……35人の哲学者が
どう悩みどう答えたかも、そのプロフィールと共に明記。
世界一わかりやすい哲学談義です!!

続きを読む "『哲学カフェ』 小川仁志" »

2012年3月14日 (水)

『カール』の行方

先日、次男とおやつを買いに行った。

次男は『カール』が好きなので買い物かごにカールを入れた。しかも季節限定のピンク色の袋だった。たぶんイチゴ味のカールかな、と思っていたのだが・・・・。

しばらくして、そのカールを次男が食べるために皿に入れるとしょっぱいような異様な香りがする。次男もい「いらない」と言うpaper

パッケージを見ていると

P1010539

梅・かつお・あじ、と・・・・ng

さすがにこれはだめだ!次男は一かじりしただけだったので残りは袋に戻しておいたが、これを誰が食べるのか?

ちなみに、このいきさつをそばで長男と次女は見ていた。ボクはカールはもうひとつ好きでない。さて、誰が口に入れるのだろうか・・・・think

本日の早朝ジョグ13km。

朝から快晴。故に冷え込みも厳しい。今日は少しは気温が上がるらしいhappy01

2012年3月13日 (火)

『毎日長い距離を走らなくてもマラソンは速くなる!』 吉岡利貢

412fveufhyl_bo2204203200_pisitbstic


amazon 紹介文より

◎日本人ランナーの“距離信仰”に異議アリ!

「今月は300km走った」「月間500km達成!」

こんなふうに“月間走行距離”を伸ばすことに励む市民ランナーが、なんと多いことか。
市民ランナーだけでなく、日本の長距離アスリートたちも同じ。
月間1000km以上距離を走っていることも多い。
こうした“距離信仰”は、日本独特のもの。
その影で、故障に泣くランナーが後を絶たないのも事実だ。

マラソンランナーとして成長するには、長い距離を走ることは欠かせない要素。
しかし、日本人ランナーは、諸外国のランナーと比べても距離を追い求めすぎ。

あるレベルまでは、走行距離を重視したトレーニングでもパフォーマンスは上がるが、
さらに上を目指すなら、重視すべきは距離よりも強度。

パフォーマンスを上げるために走る距離の長さにこだわりすぎると、
走るスピードが低下して、パフォーマンスが上がらないという皮肉な結果に陥ってしまうのだ。

そこで本書では、走行距離を減らして故障を防ぎ、
とても効率的にパフォーマンスを上げられる独自のメソッドと、効果的なトレーニング法を徹底的に紹介する。


◎本書のトレーニング法の成果

☆月間走行距離80kmで2時間46分38秒(著者)
☆走行距離を半分に減らして自己ベスト更新(35歳女性)
☆自己ベストを30分以上短縮、サブスリー目前(39歳男性)

続きを読む "『毎日長い距離を走らなくてもマラソンは速くなる!』 吉岡利貢" »

2012年3月11日 (日)

初体験

昨晩、初めて愛猫のソラを風呂に入れて洗ってやった。

本人(猫)にとっては迷惑だったかもしれないが、年末に我が家に来てから一度も洗ってないのも問題かと思ったので、ボク・長男・次男・次女と狭い風呂で猫を洗った。

が、ソラは風呂場で大暴れimpact。風呂の棚に登わ、タオルを引っ張るわ、ボクを引っ掻くわ、低い声で鳴き続けるわ、で風呂場は修羅場と化したdash

妻に風呂場の外で待機してもらい、拭いてもらったが妻も引っ掻かれて出血していたhospital

一応、綺麗になったが、次の風呂はいつになるのだろうかcoldsweats01。徐々に慣らしていかねばならないと思うが・・・。

本日の早朝ラン7.5㎞。

ランに出かける前に家の前で黙祷。あの地震から1年がたった。第三者が偉そうなことは言えないが、いろんな問題がまだまだ山積みだと思う。一体ボクには何ができるのか、自問自答する3月11日。

閑話休題。

今日は名古屋ウィメンズマラソン。オリンピックの選考最終レース。豪華な顔ぶれだったので興味津々。気象条件もよかっただが、野口選手は残念だった。見せ場は作ってくれたが・・・・。
実際、ボクは初めの3㎞ぐらいしかTVで見れなくて、所用で出かけたが、3㎞地点で野口選手の表情はしんどそうだったのが気がかりだった。
帰宅後、ネットで結果を知ったが結果を出し続けるというのは難しいのだと痛感。
そう考えると、有森さんの2大会連続メダルというのはすごく価値があるということかthink

2012年3月10日 (土)

公園のトイレ

いつも走っている運動公園のトイレの“大”のドアノブが壊れていた。ボクが毎日お世話になっているトイレだが、早朝の使用なのでドアノブが壊れていてもあまり問題はなかった。

いつも走っている運動公園のトイレの“小”の場所が2月ごろから水浸しになっていた。多分、今冬の寒波で水道管の一部が破裂していたのかもしれない。

今日そのトイレが両方とも治っていた。どなたが直していただいたかわからないがありがたいことだ。残念ながらボクにはそのような修理能力は持ち合わせていないweep

修理された方がどなたかわからないが、この公園のトイレは毎週初めにはきれいになっている。以前日曜日の夕方に見かけたのだが、バケツを持参して掃除をされているおじいさんがおられた。たぶんボランティアだと思う。冬の寒い日もされていた。全く頭の下がる思いだ。

お会いする機会があったらトイレ修理の件を聞いてみよう。そしてトイレ掃除のお礼を言ってみよう、と思う。

本日の早朝ラン20㎞。

9kmほど目覚ましのジョグをして、8㎞を有酸素ラン。1km/4'50を切るペースぐらいから入り、1km/4'30を切るぐらいまで上げる。これぐらいのペースだと楽に走れる。

2012年3月 9日 (金)

『卒業』 重松清

511r5d7sjxl_sl500_aa300_1

amazon 紹介文より

親友の忘れ形見の少女が、ある日、僕を訪ねてきた。26歳で自ら命を絶った友と、40歳になった僕。「あのひとのこと、教えて」と訴える中学2年生の少女の手首には、リストカットの傷跡が…。表題作ほか、それぞれの「卒業」に臨む4組の家族の物語。

続きを読む "『卒業』 重松清" »

2012年3月 8日 (木)

長男と再び

諸事情により昨日から4日間限定で長男との朝ジョグを再開した。昨日は久しぶりのランだったので後半はかなり息が上がっていたようだった。

3/18に池田・猪名川マラソンで親子ジョギングに出場するんやからしっかりしてくれよpaper

ただ、ジョグから帰還時刻はいつもの長男の起床時間より早いので登校の準備は余裕綽々だったようだ。

しかし、本日は昨晩に「脚が痛い」とのたまうので中一日の休足日とした。今から故障なんてシャレにならないしねgood

本日の早朝ラン12.5㎞。

篠山の表面上の疲れは癒えたようだ。

2012年3月 7日 (水)

『遍路みち』 津村節子

51u4bbiutnl_sl500_aa300_1amazon 紹介文より

人生の大きな別れと哀しみを綴った作品集 夫を喪った作家の胸に残る様々な記憶が鮮やかに甦り、今、後悔となって自らを責め続ける。吉村昭氏が亡くなる前後に書かれた4つの短篇と、他1篇を収録。

人生の大きな別れと哀しみを綴った作品集 夫を喪った作家の胸に残る様々な記憶が鮮やかに甦り、今、後悔となって自らを責め続ける。吉村昭氏が亡くなる前後に書かれた4つの短篇と、他1篇を収録。

続きを読む "『遍路みち』 津村節子" »

2012年3月 6日 (火)

豆の畑

昨日は川西能勢口駅前のモザイク内にある『豆の畑』に妻と次男をつれて行った。篠山の打ち上げ&妻への感謝の意味を込めての会食である。

3101000621280001

ここへ行くのは久しぶりだが、ビュッフェスタイルで好きな物を好きなだけ食べることができる。店の名前の通り、豆腐や豆を使った料理が多くヘルシーなメニューが多い。スウィーツも充実している。あんこ系や餅系もあり。

ランナーであるボクはひじきをたくさん食べ鉄分補給。鯖や鯵や鶏肉などもありタンパク質も十分補給できたdelicious。かなり食べ過ぎたかもしれないが、年に何回かこういう機会もあって良いかと思う。

本日の早朝ラン11km。

起きてゴミを出すときは小雨がポツポツだったが走り始めると雨は止んだcloud

栄養補給が充分できたためか、今朝の朝ジョグは思ったより身体のダメージを感じることがなかった。もちろんフルマラソンを走ったのだから、若干の身体の張り(特にふくらはぎ)はあるがこの感じなら木曜日からポイント練習をボチボチ始められそうだthink

2012年3月 5日 (月)

篠山マラソン翌日

やはりフルマラソンの翌日は身体にダメージがかなりある。昨晩は寝るのが少々遅かったのもあるが、目覚めは悪かった。

そして、職場に行くと職場の“長”から、「篠山おつかれさん!新聞に名前の載ってるで。」

と言われた。入賞もしていないのになぜ?休み時間に朝日新聞を見ると阪神版に載っているではないか!

Photo

ぎりぎりのところだった。折り返しで18位だったのだが、その後一人一人拾っていって13位まで押し上げた。その粘りが報われた感じで、僥倖であった。

2012年3月 4日 (日)

第32回 ABC篠山マラソン

昨年に続き篠山路を走ってきた。かれこれ9回目の参加になる。

結果は、2:46’48 での失速レース。撃沈したわけではないが、思ったようにペースが上がらなかった。一応コースベストだが・・・・。最低限の目標タイムすら届かなかった。

05㎞・・・18'56

10㎞・・・18'58

15㎞・・・19'35

20㎞・・・19'40

25㎞・・・19'52

30㎞・・・20'29

35㎞・・・20'18

40㎞・・・20'05

ラスト・・・8'52

スタートしてからポツポツ雨が降り始めたが、中間地点から本降りになってきた。

しかもこのあたりから4'00/1kmを維持できなくなり失速。できる限り失速を最小限に抑えることと、前の人を一人づづ拾う事を目標に走る。

ただ、雨の影響か腰やひざ裏がピクピクと痙攣の予兆。30㎞のラップも手がかじかんで押せないdespair。身体が冷えてきている・・・?思うように脚が動かない。

ラスト5kmの表示が出てきた。このあたりからは“小”の我慢との闘いだcrying。去年は限界まできてピットインしたが今年は何とか最後までもった。

ただ、ゴールして猪汁をももらうより先にトイレに駆け込んだのは言うまでもない。

今回のレースは不本意な結果に終わってしまったが、つくづく思うのはフルマラソンの難しさ。大阪や木津川よりきちんと調整して臨んだのに結果的にはdown。原因がよくわからいthink。年末の福岡の好走も今となっては霞んでしまう結果の悪さ。

コースレイアウトの影響か?雨のせいか?解らない・・・・?

まぁ、まだまだ実力不足だということだろう。気持ちを切り替えてまた練習だ。

これで今シーズンのフルマラソンは終了。ここからはスピード強化に取り組んでいく予定。

ただ、今回は新記録のおまけがついてきた。

帰宅時間15:18。たぶん篠山マラソンにおける最速帰宅時間だろう。

2012年3月 3日 (土)

ひな祭り

今日はひな祭り。だが、例年の如く、『ひな人形』は出さずcoldsweats01。手抜きです。

朝、長女が部活に行く前に

「ひな人形だすん?」と聞くものの、出さないと一蹴。長女も諦めているようだ。もっとも次女はそういう話題すらしないが・・・。

さて、パソコンを見るとグーグルには

Hinamatsuri12hp1
さすがグーグルだと唸ってしまった。

ひな人形は出さないが、夕食はちらし寿司ぐらいご馳走することにpaper。結構奮発した。しかし、ちらし寿司、高すぎpout。スーパに足元を見られている気がして仕方がない。ついでにスィーツ(?)や団子も奮発したが・・・。

これでカーボロディングも完了!

本日の朝ラン6㎞。

前日に走る必要もないのだが、これがないと朝食が美味くない。少し腹をすかすために身体を動かした。

明日の篠山の天気も週間予報がずれて好転しそうだhappy01。いずれにせよ全力を出し切れるいいレースをしたい。

2012年3月 2日 (金)

『かっぽん屋』 重松清

51hnyrn9n2l_bo2204203200_pisitbstic

amazon 紹介文

15歳。頭のなかにあることといったらただ一つ、かっぽん―。憧れと妄想に身を持て余す思春期の少年たちの、ひたすらな性への関心をユーモラスに描いて、もどかしい青春の痛みを鮮やかに蘇らせた表題作のほか、デビュー間もない時期に書き下ろされた奇想天外な物語など、全8編を収録。これ1冊で作家・重松清のバラエティと軌跡が存分に味わえる著者初、待望の文庫オリジナル短編集。巻末には貴重なロングインタビュー2本も併録。

続きを読む "『かっぽん屋』 重松清" »

2012年3月 1日 (木)

篠山マラソンへ向けて

いよいよ週末は今シーズンのラストマラソンになる篠山マラソン。

昨日は12月の福岡国際マラソン前に散髪をして以来の散髪をした。3ヶ月ぶりの散髪ですっきりした。これで少し軽量化が図れたかもしれない(笑)

さて、今シーズンを振り返るとフルマラソンを3レース出場して

10月:大阪マラソン 2:43'34

12月:福岡国際マラソン 2:38'28

2月:木津川マラソン 2:44'37  だった。

大阪と木津川は練習のつもりで出場したので、きちんと調整したのは福岡国際マラソンと今回の篠山マラソン。

そういう意味で今回の篠山マラソンは、福岡国際マラソン以来の緊張感がある。やはりフルマラソンの楽しみの一つは、レース前のこの何とも言えないゾクゾクする緊張感。結果はともあれ、この緊張感は、今までの気の遠くなるような練習なしでは味わえないものだ。

そこで、篠山のレース展開はと・・・・think

最低限2:45切り。2:43は切りたいところだ。そのための目標ペースは3'50/1kmになる。もちろん走り始めての感覚を重視したいところだが。

篠山は後半下り基調のコースなので、終盤余裕があればペースを上げてネガティブ・スプリットで行きたいと思う。

本日の朝ラン。ジョグ&5kmのペース走(17'57)。

篠山までの最終ポイント練習。篠山のペースより10秒ほど速いペースでいけるかどうかの確認。ラスト1kmは3'26まで上げることができたのでスピード的にはOKかgood

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »