2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ

« 篠山マラソンへ向けて | トップページ | ひな祭り »

2012年3月 2日 (金)

『かっぽん屋』 重松清

51hnyrn9n2l_bo2204203200_pisitbstic

amazon 紹介文

15歳。頭のなかにあることといったらただ一つ、かっぽん―。憧れと妄想に身を持て余す思春期の少年たちの、ひたすらな性への関心をユーモラスに描いて、もどかしい青春の痛みを鮮やかに蘇らせた表題作のほか、デビュー間もない時期に書き下ろされた奇想天外な物語など、全8編を収録。これ1冊で作家・重松清のバラエティと軌跡が存分に味わえる著者初、待望の文庫オリジナル短編集。巻末には貴重なロングインタビュー2本も併録。

今まで読んだ重松作品とは少し違うタイプの作品が多数あった短編集。作者の懐深さを垣間見た気がした。一方、従来通りの重松風の作品もあった。

ボクが気に入ったのは「5月の聖バレンタイン」。ボク自身の青春時代と重なる部分があった。

「デンチュウさんの傘」もなかなか味がある。

そして、「失われた文字を求めて」は星新一風のブラックミステリー。重松さんはこういう作品も書くんだ、と驚きthink

本日の早朝ラン11km。

6km(WS5本を含む)ほどジョグをして目を覚まし、その後1kmを2本レースのイメージで走る。力を抜いてリラックスすることを心懸ける。2本とも3'43(間1kmジョグ5'15でつなぐ)。起きて間もない早朝の時間帯でこのペースなら合格点かなぁ?

ジョグの最中も小雨だったが、終了と同時に本降り。今日もナイスタイミング。
篠山マラソンの当日もこのタイミングでお願いしたい。

« 篠山マラソンへ向けて | トップページ | ひな祭り »

読書」カテゴリの記事

コメント

ダメですよsign03
篠山、ミヤーンさんゴール直後はまだ私は30Kにも達していないですからねcrying
雨は「スタートから5時間後」でお願いしますsmile
でも大丈夫、てるてるぼうず作りますから♪

マーチさん

スタートから5時間後も大丈夫ですpaper。どうやら篠山の天気は晩から雨みたいなのでマーチさんがゴールする頃も雨はなさそうですね。さっそくテルテル坊主の効果が出た、って感じでしょうか!おまけに風も弱そうhappy01。まぁ、折り返してからの風は毎年のことなので安心はできませんが・・・・。

happy02shinesun
やったぁぁぁぁ♪
今、明日の篠山の天気見ましたsun
福知山どうようやはりテルテル坊主効果です♪素晴らしいですsun
としかし、この間の久々ルンルン10KRUNの後夜から膝が痛い・・・・
昨日一晩中夜勤の間動かしたり、なんやかんやしてみてはいたんですが・・・・
痛い?ぐじゅぐじゅ?って感じで・・・・
福知山の時はスタート前体のどこにも違和感もなくスタートラインに立てたのですが・・・・
今回はどうやら無理そうな気配。
でも天気が持つようなので凍死することがないということで、
やはり予定通りのペース配分で走っていこうと思っています。
痛みがあろうと、違和感があろうと、雨でも、風でも、寒くても、
やはりみなさん私より速いし、どんな状態でもみんな条件はおなじですからね。
痛みや悪天候でも折れない心を普段の練習で積み上げていかなければと
思っています。一人で黙々と走ることを考えれば大勢の人と楽しく走れる
レースは痛みがあっても、悪天候でも楽しく思って走れます♪
明日へ向かってアドレナリンが出始めていますup
準備は整いました♪あとは号砲を待つだけですup

マーチさん

天気は大丈夫みたいですね。やはりテルテル坊主の効果はあるかもしれません。

普段ボクも一人で走っている分、レースで多くの人たちと一緒に走れるとなるとやはり気持ち的に随分違います。集団の力は大きいと思いますし、その力で一人の時より楽に走れることが多いです。でも、それにつられて前半飛ばしすぎると後半痛い目にあいますが・・・・。
膝の状態が心配ですが、ここまで来たら違和感もアドレナリンで飛んでいくと思います。

重松さんの総決算は3.11後の話。

重松さんの新作「希望の地図」、3.11の被災地を徹底的に
調査されているようですね。
新作は鎮魂だけじゃないそうです。
http://www.birthday-energy.co.jp

『かっぽん屋』では、ちょっと違う重松さんが垣間見られるようですね。
ちょっと、図書館行ってみようと思います!。

玉緒さん

初めてのコメントありがとうございます。そして「希望の地図」のご紹介ありがとうございました。
そういう本を出されているとは知りませんでした。
非常に興味深そうな内容なので是非読んでみたいと思います。
今現在も重松清さんの作品を読んでいる最中です。感想はまた後日ということでpaper

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1347620/44157167

この記事へのトラックバック一覧です: 『かっぽん屋』 重松清:

« 篠山マラソンへ向けて | トップページ | ひな祭り »