2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト
無料ブログはココログ

« 初体験 | トップページ | 『カール』の行方 »

2012年3月13日 (火)

『毎日長い距離を走らなくてもマラソンは速くなる!』 吉岡利貢

412fveufhyl_bo2204203200_pisitbstic


amazon 紹介文より

◎日本人ランナーの“距離信仰”に異議アリ!

「今月は300km走った」「月間500km達成!」

こんなふうに“月間走行距離”を伸ばすことに励む市民ランナーが、なんと多いことか。
市民ランナーだけでなく、日本の長距離アスリートたちも同じ。
月間1000km以上距離を走っていることも多い。
こうした“距離信仰”は、日本独特のもの。
その影で、故障に泣くランナーが後を絶たないのも事実だ。

マラソンランナーとして成長するには、長い距離を走ることは欠かせない要素。
しかし、日本人ランナーは、諸外国のランナーと比べても距離を追い求めすぎ。

あるレベルまでは、走行距離を重視したトレーニングでもパフォーマンスは上がるが、
さらに上を目指すなら、重視すべきは距離よりも強度。

パフォーマンスを上げるために走る距離の長さにこだわりすぎると、
走るスピードが低下して、パフォーマンスが上がらないという皮肉な結果に陥ってしまうのだ。

そこで本書では、走行距離を減らして故障を防ぎ、
とても効率的にパフォーマンスを上げられる独自のメソッドと、効果的なトレーニング法を徹底的に紹介する。


◎本書のトレーニング法の成果

☆月間走行距離80kmで2時間46分38秒(著者)
☆走行距離を半分に減らして自己ベスト更新(35歳女性)
☆自己ベストを30分以上短縮、サブスリー目前(39歳男性)

ボクにとって著者の主張は頭の痛い指摘である。

ボクはどちらかというと練習では距離を踏むタイプ。確かに故障もいろいろ経験した。そういう点からすると著者の言わんとすることは理解できるのだが・・・。

著者は故障のリスクを減らすために自転車によるマラソンの練習を推奨する。自転車は膝や脚への負担が少ないからだ。アメリカなどでは“クロストレーニング”として最近は脚光を浴びている。

まぁ、自転車を取り入れた練習方法やスクワットやハムストリングスの強化など試してみる価値はあるかもしれない。

現状を打破するためには新しい取り組みも必要だと思う。そういう観点からすると参考になった。

後はボク自身がそれを実行に移すかどうかだ!家の裏に最近使わなくなり、少し錆びたマウンテンバイクがあるが、それを通勤に使うとなると・・・・・。

本日の早朝ラン17km。

昨日の激務のためか?はたまた冷え込みのためか、布団から出るのがおっくうだった。

でもいつも通りのラン。途中から長男と合流。妻に起こしてもらいグランドまでやってきたのだがいつもより来るのが遅い。
何かあったのか、と帰宅してから妻に聞くと「走りに行きたくない」と妻に泣いて訴えていたそうだ。ん~・・・・。少しやばい?

« 初体験 | トップページ | 『カール』の行方 »

ランニング」カテゴリの記事

コメント

う~ん・・・・こうなった時の子供への対応をどうしようかまだ何もない時期から悩みます。
ミヤーンさんのところで言えば、「あほか!そんな根性でどうするねん!行くぞ!」
っと巨人の星のように強行するか、「嫌なら無理はやめよう。いいよ」
としてしまうか・・・・これを間をとっていい感じにあきらめない心を養うように持っていくのは
かなり難しい・・・特に私は苦手で・・・どちらかというと巨人の星タイプで・・・・
女の子なら巨人の星でいいかもしれないけど、男の子は逆に自分の力で
自分の気持ちで始めるまで待つほうがいいのかもしれない。
バレーボールの名監督が以前に女子は怒って怒ってそれについてくる。
男子は違う方法でないと・・・・話していた。
難しいです・・・・・本当に。

そして走行距離・・・月間走行距離の数字は確かにモチベーションになり、
一目瞭然の成果なのでわかりやすいし、日本人はコツコツ数字を積み上げることが好きですからね。
だから貯金も好き♪(←私はあまりできないタイプです。確実に浪費家です)
ランニングシューズの薄さや軽さを求めるのもやはり日本人。
小出監督曰く海外の選手は一流の選手でも平気で分厚いシューズで走っていると。
あまり気にしない人も多いと。
ひと月に1000Kともなると、そうかもしれませんが、私のような
月間200Kを250Kへなんていのはやはりそれでパフォーマンス性は上がると思います。
ただ長く走るだけではだめなんだろうな・・・とは
思います。
自転車は意外にしんどい・・・・私は2年前7段変速の自転車で伏尾台や
猪名川を走りまくっていましたが・・・・ランニングのほうが楽で楽しい。
自転車はおしりも痛い・・・・bearing

昨日で池田猪名川まらそんからちょうど一年。私の38歳の誕生日でした。
私は去年の37歳の誕生日の日に池田猪名川マラソン5Kで25分13秒で6位入賞でした。
あれから1年。昨日同じコースで5KのTT。結果25分6秒・・・・
少しショックでした・・・・フルマラソン2回も走り、毎日の走行距離もそのころは月間80K
くらいだったのに・・・今は200Kも走っているのに・・・・・
たぶん私がいかにスピード練習ができていなかったかという一年間の結果
です。このところ毎日スピード・TTばかりです。
しばらくはこれで行きます。

マーチさん

決して進歩していないわけではないと思いますよ。レースで多くの人と走るのと一人でTTをするのは全然違います。ましてやレースのタイムより速かったわけですから!良しと思いましょう。スピード練習のやり過ぎにはくれぐれも注意してくださいねpaper

子どものことは日々悩みの種が尽きなせん。長女も先日期末考査の全体の結果が返ってきたのですが成績はdown。ついつい叱ってしまいました。こういうときの対応の仕方も初心者なもので試行錯誤の毎日です。ついつい感情的になってしまうのですが、いけませんねcoldsweats02

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1347620/44296992

この記事へのトラックバック一覧です: 『毎日長い距離を走らなくてもマラソンは速くなる!』 吉岡利貢:

« 初体験 | トップページ | 『カール』の行方 »