2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト
無料ブログはココログ

« しだれ桜 | トップページ | 『岳』 »

2012年4月15日 (日)

第32回 小浜若狭マラソン

昨年に引き続き若狭までハーフマラソンを走りに行ってきた。
この大会は年間ボクが走るハーフでは高速コース(だと思う?)。記録は狙えるコースだと思うのだが、ここ数年ハーフの記録は停滞している。

今年はハーフの記録を更新すべく、篠山マラソン以降長い距離へのこだわりは捨て去った。そして坂ダッシュ・インターバル・LT走をメニューに入れてこの大会に備えた。

直前の練習でハーフの記録は更新できる感触はあったが、さてどこまでいけるか?
一応ハーフのベストは大したものではないが、昨年の福岡のハーフ地点の通過タイム1:18'08。ハーフのレースでは09年の今は無くなった京都シティハーフでの1:18'24。
何とか1:18は切りたい。最低限ベスト更新。そのためのペースは3'40/1kmで押していかねばならないのだが、どこまでいけるか?

9:25スタートなので起床は5:30。6時に自宅を出て8時には現地到着。アップを4㎞してスタート地点へ。最前列からのスタートだ。

始めの1㎞地点の表示を見落とした。一体どれぐらいのペースで走れてるか解らない。挙句2㎞の表示も見落とす。
ようやく4㎞地点の表示を発見。14'18(164)。少し貯金ができたようだが頭の中では微妙な計算ができない。

5㎞=17'59(158)。ここで貯金が20秒あることが判明。途中で3'40/1kmをオーバするところがあると思うので、この貯金はありがたい。

7㎞までは3'40前後で走れるが8㎞から3'44-'44'ー48と明らかにペースが落ち始めた。

10㎞=36'35(171)。

いつもハーフのレースではこの辺で中だるみが入るので集中することを心掛ける。そしてこのコースは折り返してからは下り基調なので後半はペースアップできるはず。

後半は残り距離の表示の為1㎞ごとのペースを確認しながら走る。ラスト4㎞ぐらいまで非常に力の入らないフォームの方の後ろにつかせてもらいフォームの勉強をさせてもらった。

ラスト1㎞で1:14'34のタイム。あと1㎞を3'25で走れば1:18切りができる。まだ余力はあるが、ラスト3㎞で右膝に違和感があり少し右膝をかばう走りになっていた。ゴール手前の登りを粘って登り、いよいよラストスパート。この段階では膝の違和感は吹っ飛んでいた。

後ろから迫ってくる足音がある。直前にも一人いるが追いつけない。最後はインターバルのつもりでフィニッシュラインへ。ゴール。そしてコースに一礼。時計を見るとボクの時計は1:17'59を差していた。だが、公式タイムは・・・・?

完走証をもらいに行くと1:18'00。惜しくも18分切りはならずcrying。ラスト1㎞は3'24で走れたのだが、ボクの時計の公式時計の微妙な差か?

とりあえずベストは更新できたのでpassか。ちなみに40歳代の年代別順位は7位。昨年は1:21かかって5位だったが、順位ばかりはどうしようもない。3'40を最後まで押していけなかったのは今後の課題だが、後半は思ったより粘れたのが大きな収穫!そして折り返してから、やはり今年も風に悩まされたcoldsweats02。ただ、昨年よりスピード持久力というかLTのレベルは上がっていると感じた。

P1030549

表彰式は早く帰らないといけないので今回は欠席させていただいた。

P1030552

この大会の参加賞のTシャツは毎回デザインや素材がいいので楽しみの一つ。今回はミズノ製だった。おまけに若狭名物のお箸もいただける。さらに抽選会で4等がでてもう1セットお箸をゲット。

小浜までの道中は桜が満開。桜の開花がこちらでも遅いようだ。

P1030551

例年のこの時期は桜が散っている。一方、毎年はコース途中の河川敷の菜の花がきれいなのだが、今日は菜の花はちらほら。帰りの道中の大野ダムではさくら祭りが開催されていて、峠道なのに渋滞が・・・・sad

« しだれ桜 | トップページ | 『岳』 »

マラソン結果」カテゴリの記事

コメント

自己ベスト更新upと7位おめでとうございますshine
すごいです♪去年よりもスピードがついているなんてup
昨日は天候はよかったけど、暑かったsweat01
そんな中自己ベストなんて・・・・shine
私は昨日は家族で家から歩いて家族で五月山に登りました♪
ひょうたんコースで上がり、上で弁当を食べて、さつき台コースで下ってきました。
そして池田駅前でお茶して帰宅。計8Kのウォーキング♪子供たちも
よく歩きました♪
私は帰宅後猪名川へ10KRUN♪さすがに少し疲れもあり、今日は夜勤前RUNは休みます。
猪名川RUNで暑くて暑くて・・・・
こんな暑い中ハーフって・・・「天候を言い訳にできない」なんて書いてあったが
暑いわ~ぁぁbearingsweat01と思いながら走っていましたcoldsweats01
去年の今頃どんなペースで走っていたのか時計などなかったからわかりませんが
きっと今より遅かったのかな・・・去年よりすごく暑く感じるししんどい気がします。
足は順調に回復し、走っているときの痛みはゼロです。
5:30/Kペースで10K~15K走っています♪
10日間休んでいる間にやはり体重が少し増加up
もう少し落とさないと・・・・健康診断もあることだし・・・・

マーチさん

脚の調子がよくなってきたみたいで何よりですgood
五月山は良い季節になってきましたね。ひょうたんコースとは懐かしい。おまけにお茶をするなんて!良い休日を過ごされましたね。多分我が家は行ってもふもとの公園の滑り台で遊んで、動物を見るぐらいでしょうか?

ベストを更新したものの、まだまだ世の中にはすごい人がいるものです。ボクの記録なんて恥ずかしいかぎりです。

ミ―ヤンさん

初めまして、7th haevenことワタナベと申します。ブログ拝見させて頂いております。
大変恐縮ですが、一つ質問させて頂きたい事があります。
現在、2012年12月の福岡国際参加標準記録2h42m切りを目指して、日々トレーニングしています。今年2月の別大では残念ながら残り100mのトラック第三コーナーで2時間42分を超えてしまい、今回最後のチャンス5月20日の洞爺湖マラソンでリベンジ、秒読み段階です。
別大、福岡等でもハーフのタイムを切る若しくは同レベルの走りでフルマラソンを走られて、最後まで押して行けている様で、衝撃を受けております。 
1、怖くないですか?行けなかったら?とか。。。
2、ハーフとフルマラソンの走る意気込みというか、気合いは同じですか?
3、ハーフを過ぎて30kも35kも乗り越える為の何かありましたら、教えて頂けたら感謝感激です。
ちなみに、ハーフベストは1h17m43ですが、このペースで42kはかなりキツイです。。。

 こんな事を他人様にお聞きしているレベルで、よく福岡を目指すな?とお思われるかもしれませんが、
今回の福岡は最初で最後のチャンスになりそうで、どうしてもなんとかしたいので、どうぞ1つでもご返答頂けたら幸せです。 突然のメールで大変失礼しました。どうぞ宜しくお願い致します。有難うございます。

7th heavenさん

コメントありがとうございます。ボクのつたないブログにお付き合いいただいて恐縮しております。
別大では本当に残念でしたね。心中お察しします。ボクもかつてあと数十秒で2:40が切れなかったことがありますので、気持ちは充分わかります。

さて、ご質問の件ですが、
1、怖くないですか?行けなかったら?とか。
→マラソンの後半の撃沈は経験済みです。2年前の福岡は撃沈(?)してDNFも経験しました。
でも昨年の福岡の場合は怖いという気持ち以上に、このまま押し切ってやろう。やれる、という気持ちが勝っていました。やはりマラソンは後半の粘りだと思いますが、気持ちの要素がかなりあると思います。ただ、100パーセント気持ちではありません。やはりそれなりの脚力がなければ走れないと思います。

2、ハーフとフルマラソンの走る意気込みというか、気合いは同じですか?
→フルマラソン、特に福岡や別大においてはしっかりと調整します。普段のハーフのレースはそれほど調整しません。たとえば福岡の前日はほとんどノーラン状態ですし、2週間目から徐々に練習量も落としていきます。食事も考えます。体重も調整します。でもハーフのレースの場合はそのような調整はしません。前日も10㎞前後は走ります。そういう意味では、全く違うと言ってもいいかもしれませんね。

3、ハーフを過ぎて30kも35kも乗り越える為の何かありましたら、教えて頂けたら感謝感激です。
→よく30kや35㎞の壁といいますが、やはりこの壁を乗り越えるためには距離を走り込むことだと思います。単なるジョグだけやLSDだけでなく、それなりに設定タイムやスピードも必要ですが・・・・。昨年の福岡前の走り込みである夏場の時期(7~8月)は月間900㎞走り込みました。ただ、洞爺湖マラソンを直前に控えておられる 7th heavenさん にはあまり参考になりませんね。レース当日のボクの秘策(?)は30㎞を越えてから「ここからがレースの後半だ」と言い聞かせます。声に出して言います。ハーフを越えた時点ではまだまだ序盤だと思っています。そして自分を鼓舞すべく「ファイト」や「よっしゃー(大阪弁)」と掛け声を実際に声に出して叫びます。そうすると萎えかけてきた気持ちが引き締まります。周りの人は奇異な目で見ているかもしれませんが、集中しているので気になりません。自分の世界に入っている状態かもしれませんね。

思ったことをつらつらと書きましたが、何か参考にできることがありましたら幸いです。
ラストチャンスと位置付けられておられる洞爺湖マラソン。最高のコンディションで走られることを願っております。

goodミ―ヤンさん

早速のご返信有難うございました。
もう秒読み状態なので、気持ちをしっかり整え、いざ出陣に向けて色々整理し始めようと思いました。

やはり、マラソンはマラソンランナーにしか分からない事が沢山ありますね。
有難うございました。今年の12月、福岡でランシャツを着て是非お会いしたいです!(^^)!(応援ではなく。。。)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1347620/44892707

この記事へのトラックバック一覧です: 第32回 小浜若狭マラソン:

« しだれ桜 | トップページ | 『岳』 »