2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト
無料ブログはココログ

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月の記事

2012年4月29日 (日)

嗚呼!黄金週前半

世間ではGWが始まっている。しかしボクの昨日は休日出勤。

いつも通り出勤前にジョグを12㎞。
朝は涼しいぐらいだったが、日中は暑かったcoldsweats02。屋外での勤務だったので今年初めての日焼けをしてしまったsun。晩に風呂に入ってビックリ。しっかり日焼けの跡が付いていた。まぁ、日焼けをしようが全く気にしないし、これからますます黒くなっていくことだろう・・・・。

今日は朝から毎週土曜日に買い出しに行くはずの“業○スーパー”に買い出しに次男と行く。夕方から妻が夜勤の仕事、さらに明日の夕方からも妻が仕事なので、GW前半はどこにも行かずpaper。唯一、今日の午後から近所の図書館とイ○ンへ子どもたちと行く。

GW後半もボクや妻の仕事が入ったりして今のところ全く予定なしthink。もしかして妻の実家へ田植えに行くかもしれないが、今のところ連絡もないcoldsweats01


本日の早朝ラン。
9㎞目覚ましのジョグ。その後有酸素ラン8㎞。1km/4'42から入って、最後は1km/4'15まで上げる。平均1km/4'30。その後3㎞ダウンジョグ。
今日もいい天気だ。どこにも行かないのはもったいない天気だsun

2012年4月27日 (金)

『3つの真実 人生を変える“愛と幸せと豊かさの秘密”』  野口嘉則

51vviaocqsl_bo2204203200_pisitbstic

amazon 紹介文より

ミスター目標達成を襲ったアクシデント!「成功法則にも賞味期限があるのか?」「本当の幸せって何なんだ?」中心軸、つながり、愛、怖れ、宇宙、自尊心、家族…数々のキーワードがひも解かれ、まるでパズルが完成するように、人生の秘密が解き明かされる!ミリオンセラー『鏡の法則』から2年。著者渾身の最新作。

続きを読む "『3つの真実 人生を変える“愛と幸せと豊かさの秘密”』  野口嘉則 " »

2012年4月24日 (火)

『マスカレード・ホテル』 東野圭吾

51s8tzwtoal_sl500_aa300_1
amazon 紹介文より

待望の新ヒーロー誕生! 極上の長編ミステリ
都内で起きた不可解な連続殺人事件。次の犯行現場は、超一流ホテル・コルテシア東京らしい。殺人を阻止するため、警察は潜入捜査を開始し・・・。1行たりとも読み飛ばせない、東野ミステリの最高峰。

続きを読む "『マスカレード・ホテル』 東野圭吾" »

2012年4月22日 (日)

猫と人間

人間と猫の関係はいつの頃から始まったかかわからないが、猫は人間の生活と密接に関係している生き物だとつくづく思う。


猫を題材にした小説が多く書かれているのもその一端。

「吾輩はねこである」「百万回生きた猫」「長靴をはいた猫」など・・・・。


そして猫を使った言葉も多い。

「猫をかぶる」「猫背」「猫舌」「猫に小判」「猫の目」・・・・。

猫を飼うようになって、いろいろと猫のことを考えるようになった今日この頃である。

P1030187

洗濯もののなかに潜りこむのも好きなようであるthink


本日の早朝ジョグ14km。
天気予報ではかなりの雨だと覚悟していたが、小雨につきジョグを敢行。ついでに最後は長男と2kmほどジョグ。今日は長男はしっかりとボクについてきていました。

2012年4月21日 (土)

歓送迎会

昨日は宝塚ホテルにて職場全体の歓送迎会が行われた。別れがあれば出会いがある。ボクの高校時代の同級生も今春転勤となり、複雑な思いであった。

さて、今回新しく転任された方でかつてマラソンを走られた方がおられた。なんとその方の記録が2:21とのこと。しかも篠山でcoldsweats02。もっとも元実業団のSに所属されていたそうで、7~8年前の記録とのこと。当然優勝されていた。現在は走られていないようだが、すごい人が来られたものだ。昨日の歓談でいろいろとランニングについて話を聞かせていただいた。

宝塚ホテルの豪華な食事をたらふく食べて至福の一時を過ごすことができた。ただ、最近アルコールは控えめ傾向で、ビールはコップ一杯のみpaper。あとはオレンジジュースやウーロン茶で“お茶を濁した”(笑)。


昨日食べたもののカロリーを消費すべく、本日の早朝ラン21㎞。

2012年4月20日 (金)

穀雨

今日は二十四節気の「穀雨」。穀物の恵みとなる雨が降り、種まきにいい時期だとか。そういう意味ではまさに今日の天気は穀雨。

今朝、起きてみると天気予報通りの雨。シトシトした小降りの雨なので濡れてもいいかと思いながらのジョグを12km。今日は雨につき長男のジョグは中止rock。よく寝てましたsleepy

2012年4月19日 (木)

久しぶりの神戸

本日は出張のため神戸の元町へ行ってきた。久しぶりの神戸である。
普段は車(バイク)通勤のため電車に乗ることもあまりないが、道中の電車の中では多くの人がスマホをいじっていた。もはや時代の趨勢はスマホか?
都会の人混みや満員電車は疲れるが、電車のなかでたくさん本が読めたhappy01


本日の早朝ラン12㎞。
今日も長男と2㎞ほど一緒に走る。

2012年4月18日 (水)

『キャベツ炒めに捧ぐ』 井上荒野

41tw37syxxl_sl500_aa300_1

出版元紹介文

小さな町の、小さな商店街の中にあるお惣菜屋「ここ屋」で働く3人の女性たちの日常をすくい取った物語。
オーナーの江子は61歳。その下で働く辛口の麻津子と新入りの郁子は60歳。自分の偏見だとは承知しながらも、その年齢設定には驚きを隠せない。仕事帰りに3軒隣のスナック『嵐』によってお酒を嗜むことや、米屋の新人・進くんに3人揃って恋(?)をしたりと奔放な行動や発言が微笑ましいが、それぞれの悲しい過去や切ない想いが次々と明らかになるにつれ、ほろ苦さがこみあげてくる。

続きを読む "『キャベツ炒めに捧ぐ』 井上荒野" »

2012年4月17日 (火)

『岳』

51iwmpvztvl_sl500_aa300_1

amazon 紹介文より

雄大な北アルプス山系。そこには、誰よりも山を愛する男・島崎三歩(小栗旬)がいた。
世界中の巨峰を登り歩いてきた三歩は、山岳救助ボランティアとして登山者たちの命を守っている。
彼は、山のように大きな包容力を持ち、仮に要救助者が死んでしまっていても「よく、頑張った」と労わりの言葉をかける男である。
そんな三歩の暮らす山に、新人救助隊員の椎名久美(長澤まさみ)がやってくる。
久美は過酷な訓練を乗り越え成長していくが、実際の救助では遭難者の命を救うことが出来ない日々が続く。
そんな折、猛吹雪の冬山で多重遭難が発生。仲間と共に救助に向かう久美を待ち受けていたのは、想像を絶する雪山の脅威! その時、三歩は……!?

続きを読む "『岳』" »

2012年4月15日 (日)

第32回 小浜若狭マラソン

昨年に引き続き若狭までハーフマラソンを走りに行ってきた。
この大会は年間ボクが走るハーフでは高速コース(だと思う?)。記録は狙えるコースだと思うのだが、ここ数年ハーフの記録は停滞している。

今年はハーフの記録を更新すべく、篠山マラソン以降長い距離へのこだわりは捨て去った。そして坂ダッシュ・インターバル・LT走をメニューに入れてこの大会に備えた。

直前の練習でハーフの記録は更新できる感触はあったが、さてどこまでいけるか?
一応ハーフのベストは大したものではないが、昨年の福岡のハーフ地点の通過タイム1:18'08。ハーフのレースでは09年の今は無くなった京都シティハーフでの1:18'24。
何とか1:18は切りたい。最低限ベスト更新。そのためのペースは3'40/1kmで押していかねばならないのだが、どこまでいけるか?

9:25スタートなので起床は5:30。6時に自宅を出て8時には現地到着。アップを4㎞してスタート地点へ。最前列からのスタートだ。

始めの1㎞地点の表示を見落とした。一体どれぐらいのペースで走れてるか解らない。挙句2㎞の表示も見落とす。
ようやく4㎞地点の表示を発見。14'18(164)。少し貯金ができたようだが頭の中では微妙な計算ができない。

5㎞=17'59(158)。ここで貯金が20秒あることが判明。途中で3'40/1kmをオーバするところがあると思うので、この貯金はありがたい。

7㎞までは3'40前後で走れるが8㎞から3'44-'44'ー48と明らかにペースが落ち始めた。

10㎞=36'35(171)。

いつもハーフのレースではこの辺で中だるみが入るので集中することを心掛ける。そしてこのコースは折り返してからは下り基調なので後半はペースアップできるはず。

後半は残り距離の表示の為1㎞ごとのペースを確認しながら走る。ラスト4㎞ぐらいまで非常に力の入らないフォームの方の後ろにつかせてもらいフォームの勉強をさせてもらった。

ラスト1㎞で1:14'34のタイム。あと1㎞を3'25で走れば1:18切りができる。まだ余力はあるが、ラスト3㎞で右膝に違和感があり少し右膝をかばう走りになっていた。ゴール手前の登りを粘って登り、いよいよラストスパート。この段階では膝の違和感は吹っ飛んでいた。

後ろから迫ってくる足音がある。直前にも一人いるが追いつけない。最後はインターバルのつもりでフィニッシュラインへ。ゴール。そしてコースに一礼。時計を見るとボクの時計は1:17'59を差していた。だが、公式タイムは・・・・?

続きを読む "第32回 小浜若狭マラソン" »

2012年4月14日 (土)

しだれ桜

自宅の近所に高原寺という名刹がある。このお寺に立派なしだれ桜があり、毎年観に行くことにしている。
昨年は見損ねてしまったが、今年は朝ジョグで偵察をしていたので散る前に何とか観に行くことができた。

バイクでちょこっと観に行ったが、行く道中にはたくさんの見物の人が歩いていた。

P1030543
三脚を持参してしっかりと写真を撮っている人もいた。

P1030545

天気も快晴で桜が映える。



本日の早朝ラン8.5㎞。
小雨が降っていたが、おいしく朝食を頂くため少しジョグ。
明日の天気は良さそう。好コンディションのレースとなりそうで言い訳ができなくなったcoldsweats01

2012年4月13日 (金)

猫の習性

猫を飼い始めて気づいたが、どうやら猫は狭いところが好きみたいだthink

P1030287
本棚で寝たり・・・・sleepy

P1030164

ボクの『一澤さんのかばん』の中に入りこんだりする。

なかなか可愛いものだheart04


本日の早朝ラン13km。
週末のレースに備え1kmを2本走り刺激を入れる。3'26/1km・ 3'23/1km。思ったより速いペースで走れたgood

2012年4月12日 (木)

『誰かが足りない』 宮本奈都

51lod8lcsol_sl500_aa300_1 amazon 紹介文より

予約を取ることも難しい、評判のレストラン『ハライ』。10月31日午後6時に、たまたま一緒に店にいた客たちの、それぞれの物語。認知症の症状が出始めた老婦人、ビデオを撮っていないと部屋の外に出られない青年、人の失敗の匂いを感じてしまう女性など、その悩みと前に進もうとする気持ちとを、丹念にすくいとっていく。

続きを読む "『誰かが足りない』 宮本奈都" »

2012年4月11日 (水)

お疲れモード

ボクの椅子で愛猫のソラが寝ている。

P1010538


子どもたちがいじりたおすのでお疲れのようだ。本人(猫)はそっとしておいてほしいのだろう。

ボクも今週は疲れ気味think。あと2日頑張らねばpaper


本日の早朝ラン16km。
雨が降ったり止んだりgawk。雨が強くなると某所に避難してジョグ。なんとか濡れながらも走り終えることができた。

2012年4月10日 (火)

『ユリゴコロ』 沼田まほかる

41cay59ool_bo2204203200_pisitbstick

amazon 紹介文より

亮介が実家で偶然見つけた「ユリゴコロ」と名付けられたノート。それは殺人に取り憑かれた人間の生々しい告白文だった。創作なのか、あるいは事実に基づく手記なのか。そして書いたのは誰なのか。謎のノートは亮介の人生を一変させる驚愕の事実を孕んでいた。圧倒的な筆力に身も心も絡めとられてしまう究極の恋愛ミステリー!

続きを読む "『ユリゴコロ』 沼田まほかる" »

2012年4月 8日 (日)

源氏祭り 2012

本日は地元川西の多田地域で行われる源氏祭りに子どもを連れて行った。ただし、連れて行ったのは長男と次男のみ。

川西の多田は、歴史の教科書にでてくる源氏の発祥の地。毎年4月のこの時期は多田神社で催し物や懐古行列が行われる。

ボクたち家族は多田駅前の“おもろ広場”で時間をつぶし懐古行列を待つ。子どもたちはゲームをしたりいろんなものを食べたりして楽しんでいた。

P1030538

この懐古行列はいろんな人物に扮した人などが通り過ぎる。源義経や頼朝など・・・・。源頼光が鬼退治をした酒呑童子の話も有名だが、鬼も行列に参列している。うちの子は皆この鬼に毎年泣かされていのだが、やはり次男も怖がっていた。鬼が来ると隠れようとする。

P1030540

懐古行列が通り過ぎると“おもろ広場”で抽選会が行われる。一等は折りたたみ自転車。数年前に子どもの自転車が当たったことがあったので、俄然気合が入るが、気合を入れてもくじは当たるものではない。なんとか、福袋を2つゲット。なにか当たるだけでもラッキーな方だ。

P1030542

ちなみに走友の大将は折りたたみ自転車が当たっていた。



本日の早朝ラン8㎞。
朝は寒かったが源氏祭りの時間帯であるお昼頃は春らしい陽気だった。

2012年4月 7日 (土)

『白い猫は何をくれた』 佐藤義典

51be8dmyoal_bo2204203200_pisitbstic

amazon 紹介文より

◆◆ネコが人間の人生を変えた!

本書の内容は、白いネコが人間の人生を変えてしまう物語です。

「仕事も恋愛もうまくいかないサラリーマン」実直と「不思議な白いネコ」ボロが出会います。
そして、マーケティングを使って人生の戦略を考え、実践していくことによって、人生を劇的に変えていく成長と感動の物語です。

主人公である日向実直(ひなた・さねなお)は、多くの人と同じように様々な悩みを抱えています。
そして、人生に希望をみいだせない、絶望的な状況にあった彼はなぜ、変われたのか?
それはマーケティングを使った人生戦略があったからです。

それでは、なぜマーケティングが人生戦略で使えるのか?

それは……(以下略)

続きを読む "『白い猫は何をくれた』 佐藤義典" »

2012年4月 6日 (金)

そば処 三佳

昨日の夜はボクが初めて勤務した所でお世話になった先輩と久しぶりにお会いした。本当に久しぶりで先輩は白髪が増えていた。

この先輩(Fさんとしておく)かなりのグルメで飲んべぇ。ボクにおいしい日本酒もたくさん教えてくれた。そのFさんがおススメという、宝塚の逆瀬川駅前にある『そば処 三佳』に連れて行ってもらった。もちろんボクは初めてpaper

K705300v1


けっこう雰囲気のあるお店です。

K705300ps11
中は大きなテーブルと2人がけのテーブルが3列あるだけで、落ち着いた雰囲気がにじみ出ている。

Fさんは次から次へと日本酒を飲んでいたが、ボクは“にしんそば”と“親子丼”をいただく。禁酒しているわけではないのだが、最近あんまり身体がアルコール類を欲しないので・・・coldsweats01

現在の職場や家庭のことなど話題は尽きなかったが、ボクの家庭の事情であまり長居できなかったので9時にはお開き。最後にFさんが“そばがき”を食べてみたら、と言われた。“そばがき”???かきの一種?てんぷら?初めて聞く料理。Fさんが一度食べてみたらいいわ!と、言われたので注文することに。一体どんなものが出てくるのか、期待に胸躍らせるlovely

続きを読む "そば処 三佳" »

2012年4月 5日 (木)

『乳酸を使いこなすランニング』 八田秀雄

41dwt8arwil_aa115_1
amazon 紹介文より

乳酸を「悪者」にするのは、そろそろ止めにしませんか。短距離走からマラソンまで、ランナーのからだの中で何が起こっているのか疲労の原因、からだのエネルギー、トレーニング、栄養など、役立つ情報が満載。

続きを読む "『乳酸を使いこなすランニング』 八田秀雄" »

2012年4月 4日 (水)

清明

昨日の爆弾低気圧は驚きの一言。職場の駐車場に置いていたボクの車に何か物が飛んでこないかハラハラしながら仕事をした一日だった。幸い帰宅難民にもならず普通に帰宅できてホッとしている。

さて、今日は二四節気の『清明』。毎日新聞の一面に、清明とは「清浄明潔の略とされ、すべてが生き生きとして清らかに見れるさま」とある。確かに我が家の庭を見るとつぼみだった“水仙”が咲いていた。昨日はあんな強風だったのに・・・・think

P1030537_2
この水仙の学名はNarcissus。ギリシャ神話に登場する美少年ナルキッソスに由来する。ナルキッソスは、その美しさにさまざまな相手から言い寄られたものの、高慢にはねつけ恨みを買った。
ついには、そんな彼への呪いを聞き入れた復讐の女神ネメシスにより、水鏡に映った自分自身に恋してしまった。水面の中の像は、ナルキッソスの想いに決して応えることはなく、彼はそのまま憔悴して死ぬ。
そして、その体は水辺でうつむきがちに咲く水仙に変わった、というものである。だからこそ水仙は水辺であたかも自分の姿を覗き込むかの様に咲くのである。

ちなみに“ナルシスト”の語源もこのギシリャ神話の話からきている。
そして、ボクは妻からよくナルシストと言われている(笑)。ボクには全くそのつもりはないのだが・・・・coldsweats02


本日の早朝ジョグ17㎞。そのうち今日も長男と3㎞ほど走る。

2012年4月 3日 (火)

『見張り塔からずっと』 重松清

519ah1trzfl_sl500_aa300_1
amazon 紹介文より

発展の望みを絶たれ、憂鬱なムードの漂うニュータウンに暮らす一家がいる。1歳の息子を突然失い、空虚を抱える夫婦がいる。18歳で結婚したが、夫にも義母にもまともに扱ってもらえない若妻がいる…。3組の家族、ひとりひとりの理想が、現実に浸食される。だが、どんなにそれが重くとも、目をそらさずに生きる、僕たちの物語―。「カラス」「扉を開けて」「陽だまりの猫」。

続きを読む "『見張り塔からずっと』 重松清" »

2012年4月 1日 (日)

『ドラえもん のび太と奇跡の島』

今日は春休み恒例の「ドラえもん」の映画へ。かれこれ、長女の頃からずっと続いている。さすがに中1になった長女は卒業したし、次女はすでに友達と観に行った。残った長男と次男を伊丹のDSへ連れて行く。

春休みの4月1日ということで混んでいるだろう、と思い朝イチ(8:50)の上映を観に行く。

自宅を8時には自宅を出たいので、出発に間に合うように朝のランに出かけ、7時過ぎに帰宅して、予定通り出発。

さて、今回の映画だが、次男にとって「ドラえもん」の映画はデビュー戦!昨年の同時期は「ウルトラマンゼロ」を観たが、途中で愚図って退場weep。今回は最後まで観てるか心配だったが、無事最後まで座って、愚図ることなく観ることができた。

内容的には、過去に上映されていた方がグレードは高かったような・・・・?今回はもう一つ感動する場面が少なかった気がする。ジャイアンが“いい男”になる場面もなかったし・・・。まぁ、子どもが満足してくれればいいんだがconfident


本日の早朝ラン20㎞。
7㎞目覚まし。その後有酸素ラン8㎞(平均4'35/1km)。

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »