2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト
無料ブログはココログ

« 第32回 小浜若狭マラソン | トップページ | 『キャベツ炒めに捧ぐ』 井上荒野 »

2012年4月17日 (火)

『岳』

51iwmpvztvl_sl500_aa300_1

amazon 紹介文より

雄大な北アルプス山系。そこには、誰よりも山を愛する男・島崎三歩(小栗旬)がいた。
世界中の巨峰を登り歩いてきた三歩は、山岳救助ボランティアとして登山者たちの命を守っている。
彼は、山のように大きな包容力を持ち、仮に要救助者が死んでしまっていても「よく、頑張った」と労わりの言葉をかける男である。
そんな三歩の暮らす山に、新人救助隊員の椎名久美(長澤まさみ)がやってくる。
久美は過酷な訓練を乗り越え成長していくが、実際の救助では遭難者の命を救うことが出来ない日々が続く。
そんな折、猛吹雪の冬山で多重遭難が発生。仲間と共に救助に向かう久美を待ち受けていたのは、想像を絶する雪山の脅威! その時、三歩は……!?

久々のDVD鑑賞。

次男の名前がこのタイトルと同じ『岳』。もちろん映画の原作であるマンガも読んだことはあるので、実写版の映画はどのよう仕上がってるのか興味があった。もともとボクの趣味は登山なのであった。(過去形?)

実際リアリティに欠ける部分が多々たったのは残念だった。現実の山ではありえない状況や場面設定が多々あった。まぁ、原作がマンガなのでやむを得ない部分もあるのだろうが・・・・think


ボクのおススメの山岳映画は『アイガー北壁』と『剣岳 点の記』か?特に『アイガー北壁』はリアリティをかなり追求した跡がうかがえる作品。

特に『アイガー北壁』の最大の見所はあまりにリアルな山岳映像にある。「殺人の壁」とも呼ばれたアイガー北壁の非情な姿がスクリーンの中にこれでもか!と展開していく。高所恐怖症の方なら目を開けて観ていられないほどの迫力がある。

悪天候下の北壁の、巨大なちり雪崩のシーン、吹雪の中でろくな装備のなくビバークを重ね、手や顔が凍傷のために黒く変色していくリアルな描写も凄まじかった。

そして物語は衝撃のラストへと突入する。誰がこの残酷な結末を予想できたであろうか。

番外編として『クリフハンガー』や『バーティカル・リミット』がある。これはまさにハリウッド仕様という映画かthink



本日の早朝ラン12.5km。
日曜日のレースで違和感があった右膝はランの最中にはなんともなかった。
しかし、仕事中ふとした拍子にチクリと痛みが走るcoldsweats02。大事に至らなければいいのだがthink

« 第32回 小浜若狭マラソン | トップページ | 『キャベツ炒めに捧ぐ』 井上荒野 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

なんなんでしょうね?なんか、故障?とまでは行かない違和感や痛みなど
走っている最中って意外となんともないんです。でもRUNとは全く関係ない
仕事中や普通の歩行家の階段など日常生活で痛みや違和感を感じる・・・
で、走るとやっぱり走ることにはそんなに支障はないcoldsweats01
体って不思議typhoon

山登りがすきなんですねfuji私はあまり山登りなどは好きではないのですが
走るようになってからはなんだかトレーニングにもなりそうだし、登ってみたいなと
思うこともあります。「ウォーキングの先にランニングはない」らしいけど
「ランニングの先にウォーキングはある」らしいです。
誰かの本に書いてました。ウルトラのウルトラの3日ぐらいかけて走る海外のレース
(この話だと岩本さんですね)だと歩くこともあるだろうと、トレーニングで
60Kくらい?だったかな歩いたらランニングでは筋肉痛にならないのに
ウォーキングで筋肉痛になり普段使わない筋肉にも刺激を入れれた・・・・とか
書いてありましたしね。
色々なことを組み込み色々な筋肉へ刺激を与えることもいいトレーニングになりそうです。
今日は16KRUNでした。

マーチさん

多分ちょっとした炎症かな、と思いますが身体の声を聞きながらのランニングです。
16kmも走られるようになったんですね。いよいよ本格的に再開ってとこですか?
歩くことも良い運動ですね。ここ数年山へは行ってませんが、昔穂高に登ったとき頂上手前で足が痙りました。ランニングで未だかつて痙ったことはないのに・・・・。登山もハードなスポーツです。
もっとも、その頃は今ほど走っていませんでしたがcoldsweats01

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1347620/44714059

この記事へのトラックバック一覧です: 『岳』:

« 第32回 小浜若狭マラソン | トップページ | 『キャベツ炒めに捧ぐ』 井上荒野 »