2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ

« 第20回 みかた残酷マラソン | トップページ | なんとか耐えた・・・・ »

2012年6月11日 (月)

『つながる読書術』 日垣隆

51kaw5powvl_sl500_aa300_1

amazon 紹介文

読書で得た知識を自分のネタに変換する方法とは? 
つまらない本を損切りするコツとは? 
なぜ今こそ読書会なのか? 
電子書籍で読書は変わるか? 
──プロフェッショナルが惜しまず明かす、本の読み方、伝え方の秘訣。

ガッキーさんの作品2作目(だったと思う)

読書の面白さをいろんな表現で述べている。

著書の中には読書のおもしろさを7つのカテゴリーにわけている。

むやみやたらとおもしろい
背伸びができておもしろい
「いろんな人がいる」ことを学べるからおもしろい
知的好奇心を満たせるからおもしろい
人生の先達に学ぶ近道だからおもしろい
世の中を広く知ることができておもしろい
ありえたかもしれない人生を味わえておもしろい

これはなかなか言い得て妙だ!

最後に「読まずに死ねない厳選100冊の本」がリストアップされている。なかなか興味深い本も選ばれているが、セレクトは著者の独断的な感じが色濃いか?


本日の早朝ジョグ13㎞。

昨日のダメージチェック。ロボット状態ではないにせよ、やはりところどころ筋肉痛はある。しかし、想像していたよりましみたいだ。ちょうど、ガチでフルマラソンを走った翌日みたいな感じがする。

という事は、“残酷マラソン”ってフル並み負担が身体にかかっているってことかなぁ?そして、ジョグをしながら昨日「もう走るものか!」と思っていた気持ちが徐々に薄らいでいく・・・・。これが“残酷マラソン”の魔力(魅力)か!

« 第20回 みかた残酷マラソン | トップページ | なんとか耐えた・・・・ »

読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1347620/45444427

この記事へのトラックバック一覧です: 『つながる読書術』 日垣隆:

« 第20回 みかた残酷マラソン | トップページ | なんとか耐えた・・・・ »