2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ

« 修学旅行 | トップページ | 代替わり »

2012年6月 6日 (水)

『還るべき場所』 笹本稜平

51w719jkl_sx230_1
amazon 紹介文より
スケールの大きな冒険小説で定評のある笹本稜平氏の新境地。登攀中に恋人を遭難で失った主人公・矢代翔平。過去の悲しみを乗り越えるため、登山ツアーのガイドとして「悲劇の現場」K2に再び戻ってきた。圧倒的な迫力で描く感動の山岳小説。

本の表紙がK2。チョモランマより標高は低いが難易度はチョモランマを凌駕するといわれている。多くの有名な登山家が亡くなっている。そして、山の形状が美しいのも特徴。

以前に著者の『未踏峰』を初めて読んだが、こちらの小説の方が評判が良かったので早速読んでみた。

たしかにこの小説の方が迫力があった。そして、出てくる登場人物の登山に対する考えが面白い。例えば

「とことん自己を追求していくと、知らない間に普遍を突き抜けるものなのだ」P139

「人間は夢を食って生きる生き物だ。夢を見る力を失った人生は地獄だ。夢はこの世界の不条理を忘れさせてくれる。夢はこの世界が生きるに値するものだと信じさせてくれる。そうやって自分を騙しおおせて死んでいけたら、それで本望だとわたしは思っている。」P149

「山が人惹きつける理由について、わたしなりに考えたことがあります。しかし答えは得られませんでした。『山がそこにあるからだ』というマロリーの言葉は、たぶんその答えではなく、それが回答不能なといであることを示したにすぎないものです。それは言葉ではなく、生きることによってしか表現できないなにかなんです。」P247

本日の早朝ジョグ13㎞。

昨日より長男・長女が感染性胃腸炎(?)の為学校を欠席。本日の夜は尼崎NRの日だが、帰宅することにpaper。実はAKBの総選挙結果が気になっただけかもしれないといううわさも・・・・?
幸い、長男も長女も学校を休んで復活していたので一安心happy01。今週の水曜の晩は自宅でゆっくりと過ごす。

« 修学旅行 | トップページ | 代替わり »

読書」カテゴリの記事

コメント

感染性胃腸炎やなぜか風疹もはやってますよ。たしか兵庫県は風疹1位だった気が・・・・
なんせこの辺で流行ってるらしいです。
AKB総選挙気になりましたか?smile
私はものすごく気になったし、娘もです♪
私は昨日は夜勤だったんですが、患者さん達は9.9バレーを観てました。
たった一人60代男性が総選挙見てました。
普段はAKBには興味ないが、この選挙だけは気になると(笑)
まぁ社会現象ですからね。ある意味政治の選挙よりガチだと言われていますからね。
そこは納得です。

そしてOTTYを日曜日に控え、またしても風邪・・・・down
走るようになって本当によく風邪をひきます。
ひどくはならないいんですが、小さな風邪を年間3~4回・・・
走る前を大きな風邪を年間1か2でした。
なぜか必ずレース前に風邪がやってきます・・・・
足首のほうは大分マシになっています。ストレッチが効いてる感じがします。
風邪と故障対策が今後の課題です・・・・ヤクルト400も飲んでいるのに・・・
しかも高いから私だけ飲んでるんです。夜勤をしている私が一番弱る可能性
があるため飲んでます。でも効果が・・・・down

マーチさん

そうですね・・・。兵庫県では風疹が流行っているそうで他人事とは思えません。
AKBの選挙は全然知りませんでした。ブログのことは冗談ですよ!自宅に帰ってTVを見て初めて気づきました。
でも社会現象であることは間違いありませんね・・・・。ボクらの世代の“おニャン子”だと解釈しています。

OTTYい向けて少し不安があるものの、体調を整えるのみです。
どうしても夜勤があれば体調がうまくいかないのはありますね。ボクも宿泊を伴う仕事の時はしんどいです。お大事にしてくださいpaper

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1347620/45405158

この記事へのトラックバック一覧です: 『還るべき場所』 笹本稜平:

« 修学旅行 | トップページ | 代替わり »