2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト
無料ブログはココログ

« 『監督‐挫折と栄光の箱根駅伝‐』 川嶋 伸次 | トップページ | 第33回 神鍋高原マラソン全国大会 ハーフの部 »

2012年8月24日 (金)

『良いトレーニング、無駄なトレーニング』 アレックス・ハッチソン

良いトレーニング、無駄なトレーニング 科学が教える新常識

amazon 紹介文より

元カナダ代表の中・長距離ランナーで、物理学の博士号をもつ科学ジャーナリストが、スポーツ科学の成果をもとにトレーニングに関する驚きの情報をわかりやすく紹介。これまでの常識や根拠のない思い込みによってではなく、世界各地の研究者による400以上の論文と、100以上のインタビューから得た「たしかな証拠」にもとづき、フィットネスに関するよくある疑問に答える。

疑問に抱いていたトレーニングのことについて実際のデータを検証しながら解説している。たとえば、

トレッドミルと屋外ランニングの違いとは?
フルマラソンなどハードな運動から回復するのに必要な時間は?
体調が悪い時も運動した方がいいか?

など、ふと考え込んでしまうトレーニングのことに関して科学的に論じられている。もちろん個人差があることは十分承知しているが、今後のトレーニングの参考できる内容が多々あった。


本日の早朝ジョグ15㎞。
暑い・・・・。身体も重い。

« 『監督‐挫折と栄光の箱根駅伝‐』 川嶋 伸次 | トップページ | 第33回 神鍋高原マラソン全国大会 ハーフの部 »

読書」カテゴリの記事

コメント

やっぱりぃぃぃhappy02sign03
ランナーズ見てて、マイトレのところ読んでた時に「尼練」とか書いてあったので
「もしかしてミヤーンさんがはしってるところなのかなぁ・・・・」
と思っていたのですが、やっぱりそうでしたかshine
働きながら、男子とは言え、女子のトップランナーたちと変わらないタイムや
それ以上で走ったりする男子市民ランナーたくさんとは言わないけどいますからね。
なんかすごいですよね。トップランナーの人たちは仕事が走る練習ですからね。
マラソンって簡単に言ってしまえば「走るだけ」だから本当にレベルから内容から
様々で幅広い。そして奥が深い。単純なスポーツだからこそ奥が深くなるんだろうな。
複雑なことやモノって意外と浅かったりもするけど、単純なことって実は深い。
そんな気がする。
今月は目標の250Kには少し届かないかもしれませんが、200K大丈夫です。
200K以上にはなります。8月は夏休みを投入したけど、やっぱり家族で出かける
ことが多いので250Kは厳しかった。かえって9月の方がいけるかも♬
去年の7月は135K。8月にいたってはお盆に遊びすぎて家族全員夏風邪をひいたせいもあり
85Kしか走れていなかったのが、今年は7月・8月ともに200K超えですshine
一応目標の練習はできている。あとは故障なくこのまま11月まで練習を重ねることが
できたらいいなぁ・・・・やっぱり走るのって楽しい♬

マーチさん

ランナーズのマイトレ見られましたか!
世の中にはすごい人がまだまだゴロゴロおられます。
尼の練習会はそういう人が切磋琢磨しています。
ボク自身も元気やモチベーションを分けていただいています。

マーチさんも夏の練習が順調に進んでいるようでなによりです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1347620/46658604

この記事へのトラックバック一覧です: 『良いトレーニング、無駄なトレーニング』 アレックス・ハッチソン:

« 『監督‐挫折と栄光の箱根駅伝‐』 川嶋 伸次 | トップページ | 第33回 神鍋高原マラソン全国大会 ハーフの部 »