2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト
無料ブログはココログ

« 『ヒア・カムズ・ザ・サン」 有川 浩 | トップページ | 「敬老の日」だった・・・ »

2012年9月17日 (月)

第12回 歴史街道丹半島ウルトラマラソン 60km

昨日、2年ぶりに丹後半島を走ってきた。

P1040042_2
2年前は春先からの故障もあったが、レースに対する強い気持ちが足りなく、反省しきりのレースだった。今年はある意味2年前のリベンジ。


今回から事前にパンフレットが送られていたので出走者をチェック。

過去4度優勝され、隠岐の島ウルトラマラソンでは公務員ランナー川内さんに勝ち優勝された枚方マスターズの山○さんがいる。
四万十ウルトラマラソンで優勝されているMRCの阿○君もいる。
2回前の大会2位で4時間一桁走られた九州のかたもいる。

事前に分かる限りで3つの席は決まった。ん~。この人達は除いてなんとか6位までに入りたいものだが・・・・。


スタートの1:30前にはスタート地点に着き、じっくり準備をする。前回はこの待ち時間にパンを食べ過ぎたので今回は自重。2個のみとする(これでも食べ過ぎ?)。さらにスタート30分前にバナナ。

アップはなし。スタートして5kmまでをアップとする。アップをしていたずらに体力を消耗したくはない。なんせスタート前から太陽がギラギラ。日なたで待ってるだけでも汗が出る。天気予報では最高気温が32度らしい。実際もっとあったような・・・・。


さて9:00に最前列からスタート。案の定、阿○君と九州のかたが3kmぐらいから前に出て2人のトップ争い。

ボクは3位グループで4人の集団で走る。ボクが集団を引っ張ったり、山○さんが引っ張ったりと七竜峠までこの4人で走る。


しかし、峠の登りで3人に離されてしまう。正直この登りはきつかった。過去の大会はあっと言う間に終わった気がしたが、今回はバテてしまった。

だが、下りになると復活。登りで離された人たちに次々に追いつき追い抜く。今回のレースで「ボクは下りは速いんだ」と気付いた。

ここから30km前の“あじわいの郷”のエイドまで一人抜かれて、一人と併走。“あじわいの郷”をこえて併走した人はいなくなったが・・・・。

30kmを過ぎて九州のかたを発見。追いつき追い越す。さらに前方で阿○君が歩いている。


これで2位になってしまった。さらに前方を見ると先導車が見える。“あじわいの郷”の前で離された人が見えたのだ。先導車を目標に走る状態が続く。

このレースのコースは、35km前で100kmの人と分かれてる。このコースの一番しんどいところだ。過去の経験でここからの10kmで落ちてくる人がいるのは経験済み。先頭の人も落ちてくるかも、と淡い期待を抱くものの一向に差が縮まらない。


そうこうしているうちに、こっちが切れてしまった。暑い。ボーとする。もう順位なんてどうでもいい・・・・。歩きたい・・・・。フルマラソンの後半の脚が動かない感覚。いかん、いかん!とりあえず次のエイドまで走ろう・・・・。

もうすでに前方の先導車は見えず。エイドでは頭から水をかぶる。脚にも水をかける。靴が濡れてしまった。ベチャベチャして走りにくいが、それももうどうでもいい・・・。この区間は5'00/1km以上かかってしまった。


さらに47.25kmエイド“てんきてんき丹後”で山○さんに追いつかれた。万事休す。でも、ちゃっかりこのエイドでもコーラ2杯にスポーツドリンクを飲む。

とにかく走らなくては、3位は死守したい。山○さんより先にスタートしたものの、後ろから追ってくる足音の気配はなし。どうしたんだろう?

何とか脚は動くものの、ジョグ状態。ここからはとにかく次のエイドを目標に脚を動かすのみ。もはや走っている、というよりただただ脚を動かしているだけ。でも最後まで歩かずに走りきりたい。ここで歩いてしまったらダメだ!


ラスト10km、5kmとカウントダウンが始まる。少し気力が出てきた。心配していた山○さんの姿も見えない。

網野の市街地に入ると、スタッフの方が増えてきた。応援も多くなってきた。ラスト1km。スパートをかける元気もないが、しっかり走ること意識。ゴールが近づいてきた。2位だ。帽子とサングラスを取ってゴールテープを切った。いつも通りコースに一礼、スタッフの方に一礼する。


         4:29’55(平均心拍数155)


05km-21'12(159)
10km-20'51(148)
15km-21'43(157)
20km-21'17(159)
25km-?(表示見落とし)
30km-44'57(156)
35km-20'42(157)
40km-21'16(160)
45km-23'09(154)
50km-27'10(150)
55km-24'10(151)
60km-23'26(154)


棚ぼた的な2位だったが、この灼熱のサバイバルレースでよく粘りきって(粘っていないか?)走ったと思う。そして無事にゴールできてよかった。これも暑い中、給水やボランティア活動をしていただいたスタッフの方のおかげです。ありがとうございます。


レース後、1位の方と会話を交わす。枚方マスターズの方だった。フルマラソンのタイムは2:24。去年の福知山でも優勝されている方だった。ボクとの力は雲泥の差で、後半追いつけなかったのは当然か。


着替えの体育館で腰を下ろすと、そのままへたり込む。脚や股関節回りが強烈な筋肉痛。しんどかった~。

でも、シーズンの前半でこのように脚が動かない感覚を体験できたことは、この先のフルマラソンにつながると思う。


本日の早朝ジョグ12km。
思ったより脚は動いた。走れるわ!

« 『ヒア・カムズ・ザ・サン」 有川 浩 | トップページ | 「敬老の日」だった・・・ »

マラソン結果」カテゴリの記事

コメント

おめでとうございますshineそしてお疲れ様でしたm(_ _)m

すごいですねhappy02shine2位ですよshine
しかもあの暑さsweat01すごかった・・・・・
私はあの日は家族でUSJのハロウィンに行ってたんですが・・・朝から・・・・
とにかく暑くて暑くて・・・・飲み物の自動飯場機の前が長蛇乗れるになっていましたsweat01
だいじょうぶかなぁ・・・・ミヤーンさん・・・と思っていたんです・・・・
まぁ私なんかの心配にも及ばず、ものすごい走りで何よりです♬

なんか暑さの中こんなに走れるのは何故????
練習にしてもそうなんですよね・・・・・夏に距離を踏んでますもんねみなさん・・・
私なんかのレベルでは暑くて走れないんです・・・・ちょっと寝坊なんかしてしまって
ギラギラ太陽にの時間になると予定してた距離よりも短めで帰ってきます。
なんせ暑さに弱くなってしまって・・・・
今年はいつまでも暑いし・・・・・と言い訳しか出てこないくらい暑い。
本当にミヤーンさんはじめみなさんなんであの暑い中走れるのか???

そして40代やはり元気に肉食系ですね!なんかドンドン成長中ですよね♬
私も頑張ろう\(*⌒0⌒)♪

訂正:自動販売域の前が長蛇の列ですcoldsweats01

マーチさん

USJですか!いいですね。家族の中でもCMが流れていると話題になります。
でも、行くことは当分ないと思いますが・・・・。

丹後は何とか走りきった、という感じです。順位も棚ぼた的で、タイムはコースベストに及ばず。気持ちも途中切れていたし、課題は山積みです。まぁ、これを課題にこれからのフルマラソンにつなげていこうと思います。
暑い中で走るのは正直つらいですよ・・・・。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1347620/47104943

この記事へのトラックバック一覧です: 第12回 歴史街道丹半島ウルトラマラソン 60km:

« 『ヒア・カムズ・ザ・サン」 有川 浩 | トップページ | 「敬老の日」だった・・・ »