2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト
無料ブログはココログ

« 祝!一歳 | トップページ | 福岡国際マラソンまでの展望 »

2012年10月17日 (水)

『男の本懐』 城山 三郎

Photo

amazon 紹介文より

途中、何事か起こって中道で斃れるようなことがあっても、もとより男子として本懐である―。第一次世界大戦後の慢性的不況を脱するために、首相・浜口雄幸と蔵相・井上準之助は金解禁を断行した。性格も境遇も正反対の二人の男を軸に人間の生きがいとは何かを静かに問いかける、城山文学の真骨頂。歴史の教訓によって現代を照らし出す。

城山三郎氏の本は初めて読んだ。読みたいと思いつついつの間にか月日が経過していた。

日本史の授業で浜口雄幸・井上準之助の名前は出てくる。そして第一次世界大戦後の不況を打開すべく「金解禁」を行ったのも有名な話。さらに2人がテロの標的にされたのも知っている。

その状況を城山氏はたくさんの史料を駆使して歴史・経済小説に仕上げている。2人の生き様がリアルに表現されていて、歴史の教科書の表面的なこと以外に分かったことがたくさんあった。

この2人の政策はまさに日本の国のことを考えてのこと。多数の反対意見が渦巻き、非難の矢面に立たされるが、自分の信念をまげることなく突き進む姿は、今の政治家にはみじんも見られない。これからの日本に果たして2人のような政治家が出てくるのだろうか?

本日の早朝ジョグ12.5km。

« 祝!一歳 | トップページ | 福岡国際マラソンまでの展望 »

読書」カテゴリの記事

コメント

毎年恒例の秋行事ですね♬
稲刈りもしてましたよね?もう稲刈りは終わってる時期ですか?
うちの近所の田んぼは稲刈り終わってたなぁ・・・・

ランニングのほうは徐々に調子が上がってきていますup
「福知山でサブ4」と意気込んでいましたが、どう見積もっても4時間チョイってところなのかなぁ
って気は少し弱気になっていまが、調子はいいです♬
大阪30Kのレースと、18日の一庫ダムの10Kでどれぐらいの走力がついているか
判断していくしかないのかな。

マラソンの練習をしていると1年ってあっという間ですね・・・・
ランニングと・仕事・家事・子供の行事ですぐに終わってしまいます。

あ!この間NHKでやっていた「アルプス大縦断」見ましたか?
7日間かけて3つのアルプスを超えて太平洋まで412K?くらいだったかな。走る。
睡魔と披露との限界と自分との戦い。
選ばれた27人に女性が一人いてましたね。
そのうち完走は22名。
すごかったです。感動もしたし、強いなぁ・・・・と。

アルプス縦断とまではいきませんが、来年の夏あたりは箕面の滝道の途中の
穴からつながる、五月山→妙見山への縦断20数キロを主人とできれば
いいなぁと思っています(笑)

夏前から走り始めた主人が今日今まで最長の12Kを走れたと喜んでいました。
雨が降り出す前に猪名川から五月山公園の方まで上がっていったようですshine

マーチさん

順調に練習が進んでいるようですね。実際レースになると+αの力が出ると思いますので、意外と行けるかもしれませんよ。実際2つのレースで何か課題が見えてくるのではないでしょうか?それを踏まえて練習→レースですね。

もちろんNHkの番組は見ました。帰宅したときは番組の途中だったので録画したのを後日じっくり観るつもりですが、途中から見た感想は、ボクがかつて登った山が懐かしく思えました。ほとんどの山はすでに上ったことがあります。
番組中南アルプス『聖岳(聖岳)』が出てきたみたいで、観ていた子どもたちが「私の名前がのっている!」と言っていました。ちなみに次女は聖(ひじり)、次男は岳(がく)です。もちろん山好きのボクが付けた名前です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1347620/47321506

この記事へのトラックバック一覧です: 『男の本懐』 城山 三郎:

« 祝!一歳 | トップページ | 福岡国際マラソンまでの展望 »