2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月の記事

2012年11月27日 (火)

『室伏広治 超える力』

41fzlpol6hl_bo2204203200_pisitbstic

amazon紹介文より

三度のオリンピック出場。アテネでは金。2011年の世界選手権でも金メダルを獲得し、今夏、ロンドンオリンピックでの金メダル最有力候補と言われている室伏広治。まさに“成熟”の期を迎えている彼が、これまでのハンマー人生を語り尽くしました。
第1章、2章では、これまであまり深く語られてこなかった、オリンピックや世界選手権での一投、一投について。その準備と結果。第3章では、常につきまとうドーピング問題。現役アスリートがここまで詳細に語ったのは初めてでしょう。そして第4章では、偉大なる父とともに歩んできたアスリートとしての道。第5章では、中京大学准教授として続ける、ハンマー投の研究と、後輩アスリートへの助言。「世界でもまれることが大事だ」と彼は言います。すべての言葉が、王者ならではの説得力を持って語られています。
幼少の頃からを単に追ったストーリー本ではありません。「大人のアスリート本」が出来上がりました。「室伏広治」に出会えます。

続きを読む "『室伏広治 超える力』" »

2012年11月23日 (金)

音楽会

本日は次女・長男が通っている小学校の『音楽会』があった。妻は仕事が入っていたので、ボクは次男と一緒に発表会をみに行った。

ボクの小学校時代を思い出すと、こういう行事は“大”の苦手・・・・。リコーダーや楽器は全くダメな子どもだったので憂鬱な思いをしたものだ。


しかし、わが子の発表をみていると、ボクに似ずにホッとした。

Img_4019_5

Img_4007
ピアノを習っている次女は大丈夫だと思っていたが、長男も、それなりにリコーダーや楽器をこなし、頑張っていたようだ。

Img_4036_3
Img_4028
最後は、5・6年生合同の合唱『栄光の架橋』。ボクの好きな曲なので、しみじみと聞き入っていしまった。


いつもは、ボクが写真撮影で妻がビデオ撮影をするのだが、今日はボクが一人二役。三脚を持参してビデオを固定しつつ、写真撮影をしていたのだが、迂闊なことにビデオのバッテリーが足りなかった。次女の発表が最後まで取れない、という失態を犯してしまった。次女よ、すまん・・・・。

発表会が終わり外に出ると冷たい雨。体育館に長時間いると足先が冷える~。


本日の早朝ジョグ12㎞。
心配していた雨も小降りだったので助かった。

2012年11月22日 (木)

13冊目

本日は『ランナーズ1月号』の発売日。

さっそく帰宅途中に本屋によって購入。毎年1月号だけは買うことにしている。いわばこの時期の風物詩。付録の『ランニング・ダイアリー』が目的なのだ。かれこれ、これで、13冊目になる。

まだ今年のメインレースの福岡国際マラソンが終わってないので、来年のことは考えたくないが、いよいよ年末、と言ったところか。


本日の早朝ジョグ12㎞。
そろそろ、練習量を減らしていく時期に入ってきた。

2012年11月20日 (火)

『贖罪』 湊 かなえ

51sowni6epl_bo2204203200_pisitbstic
amazon 紹介文より

誇るべきところは空気のきれいさ、夕方六時にはグリーンスリーブスの音色。そんな穏やかな田舎町で起きた、惨たらしい美少女殺人事件。犯人と目される男の顔をどうしても思い出せない四人の少女たちに投げつけられた激情の言葉が、彼女たちの運命を大きく狂わせることになる――これで、私の罪は、償えたのでしょうか? 衝撃のベストセラー『告白』の著者が贈る、新たな傑作。

続きを読む "『贖罪』 湊 かなえ" »

2012年11月18日 (日)

第31回 川西一庫ダム周遊マラソン ハーフ

福岡国際マラソンに向けての最終調整レースを走ってきた。地元の大会でいつもよりゆっくり起床。よく寝た、と思いつつ、いつも通り納豆の朝食を食べた。

会場にはスタート1時間ちょい前に着き、ぼちぼちアップを始めてスタートを待つ。

目標は最低80分切り。できれば昨年よりいいペースで走りたいと思っていたが、淀川マラソン前後の体調不良を鑑みれば、望みすぎかもしれない。


05㎞=18'43(165)
10㎞=18'53(171)
15㎞=19'20(170)
20㎞=19'21(171)
ラスト=3'58(173)

1:20’18(平均心拍数169)


初めの1㎞の入りが3'35だったので悪くないと思ったが、2㎞付近から北風が吹いてきた。

4.5㎞の折り返したところでハム下さんとK辺さんが追いついてきた。昨年はここからハム下さんについていくことができたのだが、今年は徐々に背中が遠のいていく・・・・。そして、突然の雨。身体が冷えるbearing

その後、K辺さんと並走状態が続くこととなる。途中、何度も心が折れそうになったが、福岡のことを考えると、折れている場合ではない!粘りの走りを心掛ける。

15㎞のラップが19'20。80分を切るためには、次の5㎞を18分台で走らなければいけない。ロングスパートを試みるが、スパートしているのかどうかわからない・・・・。と言うか、もう一杯一杯!

20㎞のラップが19'21と分かった時点で80分切りが遠のく。もう後は、できるだけ追い込むのみ。ラストの直線を必死で走る。

ゴール後、コースやスタッフの方に一礼。でも今日は思わずふらついてしまった。いかんいかん!


福岡に向けて、不安を残すレース結果となってしまった。今シーズン、10月までのレースでは、コース・ベストや内容のいい走りができていたが、11月に入って、停滞状態。年間のバイオリズムで考えると今が底の状態のような気がする。福岡までしっかり疲労を抜き、調整していきたい。


帰宅後、昨年のタイムを確認すると1:19'54。今年とそんなに変わらないと思っておくことにした。レースのタイムに一喜一憂しても仕方がない。常にいい時が続くはずもなく、悪い時もあるのがマラソンであり、人生。これでいいのだpaper

2012年11月16日 (金)

猫の風景

我が家のソラはノルウェージャン・フォレストキャットという種類だが、この猫は運動神経が他の猫より優れているらしい。家の中でも所狭しと走り回っている。(実際、狭い家だが・・・・)

そしてこんなこともする。


P1040230

P1040234
まさに曲芸。猫というのはバランス感覚に優れた生き物だと痛感。


本日の早朝ジョグ16㎞。
一庫マラソンに向けて流しをするつもりだったが、今考えたら忘れてしまっていたcoldsweats01



2012年11月13日 (火)

『少しだけ欠けた月』 重松 清

Photo_2

amazon 紹介文より

静かな、静かな、ひとりぼっちの月。ぼくたちは明日から、もう家族じゃない。澄んだ光に満ちた秋が、かけがえのない時間を連れてくるものがたりの歳時記―「秋」の巻、12編。

続きを読む "『少しだけ欠けた月』 重松 清" »

2012年11月12日 (月)

結婚記念日

11月9日は16回目の結婚記念日だった。ただ、9日の金曜日は妻が夜勤の仕事だったため、結局、昨日の日曜日に“つかしん”の『ワールド ビュッフェ』に行って、プチ・パーティをした。

この店は長女のオススメの店で、長女は友人達とすでに経験済み。ボクはどんな店だろうと期待と不安でいっぱいだった。

尼崎までは日曜日の雨と言うことで大渋滞。おまけに駐車場に入るのも渋滞。かなり飢餓状態のまま店に突入。

Img_442574_7783399_01_2

基本洋食のバイキングだった。そして、いつものように腹一杯食べてしまった・・・・。まぁ、記念日だし、たまにはいいか?

Img_442574_7783399_11
2時間ほど食べたり、飲んだりした後、尼崎のコストコへ買い出し。ここでもかなりたくさんの買い物をして散財してしまった。

Img_442574_7783399_21

帰宅後は長女と次女が作ってくれたクッキーやスウィート・ポテトをよばれたdelicious

Img_442574_7783399_31

P1040237_2

充実した日曜日だった????。


本日の早朝ジョグ13㎞。
ようやく先週のレースの疲れが取れてきた感じ。

2012年11月 9日 (金)

『聖女の救済』 東野圭吾

414rgjfvv2l_sl500_aa300_1_2

amazon 紹介文より

男が自宅で毒殺されたとき、離婚を切り出されていたその妻には鉄壁のアリバイがあった。草薙刑事は美貌の妻に魅かれ、毒物混入方法は不明のまま。湯川が推理した真相は―虚数解。理論的には考えられても、現実的にはありえない。

続きを読む "『聖女の救済』 東野圭吾" »

2012年11月 5日 (月)

『凍』 沢木 耕太郎

Photo_3
amazon 紹介文より

世界最強のクライマー・山野井夫妻を襲った「一瞬の魔」。しばしの逡巡の後、宙吊りになった妻の頭上で迫られた究極の決断とは。『檀』以来十年ぶりとなる、待望久しい最新ノンフィクション長編。

続きを読む "『凍』 沢木 耕太郎" »

2012年11月 4日 (日)

第16回 大阪・淀川市民マラソン フル

福岡国際マラソンまでの調整レースとして淀川市民マラソンのフルを走ってきた。3日前に38℃超えの発熱をしてしまい、不安を抱えたままスタートラインについた。


当初の予定では発熱の体調低下を考慮して4'00/1kでもいいか、と考えていたが、スタートして初めの1kのラップが3'33。少し速すぎる、と思ったと同時に、福岡のペースを試してみようか、と欲が出てきた。

その後、10kmまでは3'50を切るペースで行けたものの、10km以降、身体に余裕がなくなってきた。

10km以降は4'00を切らないように走る事を考えながら走る事にする。

しかし、32km付近の折り返しで逆風が始まった。ここからは4'00をオーバーする展開。しかし、このペースでも前のランナーさんを次々と拾っていった。


結局、2:46’35(平均心拍数156)でフィニッシュ。4'00は切る事ができたが、3'50では走れなかったということ。そして、フルマラソンは“ごまかしが効かない”と痛感したレース結果となった。

05㎞=18'47(167)
10㎞=19'04(161)
15㎞=19'38(156)
20㎞=19'33(155)
25㎞=19'41(153)
30㎞=19'41(153)
35㎞=20'08(153)
40㎞=20'54(152)
ラスト=9'09(161)


福岡に向けて黄色信号が点滅したといえるが、病み上がりでここまで走れた事を良しと考えようと思っている。これでいいのだ!(バカボンのパパ風に)

思えば、今シーズンの4月からのレースでいい成績やタイムが続いてきた。しかし、好調がいつまでも続くはずがない。今日のレースはそういう意味ではいい教訓というか、マラソンの神様に喝を入れてもらった、と思う。


福岡まで泣いても笑っても後1ヵ月。とにかく、しっかり調整していくのみだ。

2012年11月 2日 (金)

発熱

昨晩の夕食時、身体が妙にだるい・・・・。食欲も減退気味(ご飯は2杯食べたが)。体温を測るとなんと38.4℃。熱がある・・・・。しかも38℃越え!こんなに熱があるのは何年振りだろうか?記憶にない。

福岡国際マラソンを走るようになり、体調管理に気を使い生活をしてきたここ数年。おかげさまで、ある意味健康的な生活を続けてきた。そういうなかで、いつの間にか「自分は風邪をひかない」と慢心していたかもしれない。いつもなら、細心の注意をしていかなければならない時期に油断した・・・・。

幸い、早く寝て今日の早朝ジョグはオフにした。ぐっすり睡眠をとるつもりだったが、やはり眠たくなるのはいつもの就寝時間。それまで、うだうだ本を読んでしまった。

そして、朝も早朝ジョグの時間に目が覚めた。しかし、布団のあの温かい感触を味わうべく、しばし惰眠をむさぼる。夕方のニュースによると、今朝は今シーズン一番の冷え込みだったようで、少し得した気分だった。


おかげさまで、本日体調は回復。普通に仕事を遂行することができた。


しかし、この発熱による、体力の低下は否めない。週末の『淀川市民マラソン』の設定ペースは当初考えていた3'50前後から4'00ぐらいに下方修正しなければならない、と考えている。


福岡国際マラソンの直前でなくて良かった、と思うのだが、福岡に向けて不安要素ができてしまったのは事実。さて、週末の『淀川市民マラソン』はどうなることやら・・・・・?

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »