2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト
無料ブログはココログ

« 『モンスター』 百田 尚樹 | トップページ | Merry Christmas! »

2012年12月23日 (日)

都大路

今日は全国高校駅伝の日だった。 ボクは午前中は仕事だったため、女子のTV中継は見ることができず。女子の終盤をラジオで聞いていた。

順位はさておき、鳥取○央育英高校が途中でたすきがつながらなかった。どうやら途中で転倒があっての棄権らしい。転倒して走れなかったということはよっぽどひどいこけ方だったのだろうか?

ボクも福岡国際マラソンで派手な転倒をしてしまったが、その後何とか完走はできた。駅伝では襷は何があってもつなげればなければならないもののはず。それが転倒で途切れたというのは相当大きなけがだったのだろうと想像する。そして、選手の無念さは計り知れないものがあると思う。転倒した選手のことを思うと心が痛む。


午前中で仕事が終わり、男子のスタートには何とか帰宅。もちろん、わが兵庫代表の西○工業が目当て。

昨日にN○Kで17:00から特番で西○工業の練習の取組が報道されていたが、つくづくこのチームの選手はスゴイと思う。監督はあまり指示をしない。監督の指導のスタンスは生徒に“考えさせる”こと。監督が辛抱強く見守る。駅伝のメンバーは選手が話し合いで決める。しかも5000mが14分台の選手が20人以上いる。その中で都大路を走れるのは7人のみ・・・・。

その西○工業は優勝候補とされていたのでTVにかじりついて応援していたのだが・・・・。1・2区で出遅れてしまった。3区でさらに差が広がり決定的な差に。後半盛り返して2位になったのは良かったというべきか、優勝できなかったのは残念だったというべきか?


いずれにせよ、本番で実力を発揮し、自分の力以上のものを出し切ることの難しさを感じた駅伝だった。


本日の早朝ジョグ12㎞。
故障の膝の違和感の場所が今まで“面”の感覚だったが、“点”に変わってきた。多分、炎症の場所が小さくなってきているのだと思う。そろそろ全快に向かいつつあるのかなぁ・・・?ここが我慢のしどころだthink

« 『モンスター』 百田 尚樹 | トップページ | Merry Christmas! »

ランニング」カテゴリの記事

コメント

駅伝、私も女子は見逃してしまい、男子を見ました、
兵庫県残念でしたね・・・・実家で見ていたんですが私も父も西○を応援していました♪

そして昨日はクリスマスイブxmas宝塚ハーフマラソンでした♪
厳寒の中のスタートでした。
スタート5分前からGPS時計の受信をしていたのですが、曇の中
建物に囲まれていたせいか受信せず・・・・ほかの人たちも「なかなか受信しない」
とか声があったがみんな「あ、受信した」という声が聞こえ始めても
私のは受信せず・・・結局時計は使えないままスタート・・・・(^◇^;)

目標は2時間きり。福知山で切ったから行けるだろうと思っていたのですが・・・
時計がないせいで距離やタイムが曖昧なまま、後半失速を恐れ
ビビリながら走ったせいか、2時間2分でした(^◇^;)

もう少し行けたかもしれませんが、まぁ今の実力です。
去年の4月に始めて芦屋のハーフをはして以来のハーフマラソンレースでしたが、
タイムは前回は2:12だったので更新はしています。
前回は脱水になり、帰りに梅田で吐いてと散々な結果でしたが、今年は
やはり余裕でゴール。楽しく走れました♪コース的には走りやすかったです♪
道は狭いですけどね。
まぁ相変わらず、芦屋と一緒でサンスポなんで給水所は水オンリーですが(^◇^;)
来年も走りたいですが、クリスマス時期は結構家が忙しいので、昨日もバタバタ
したので、どうかなぁ・・・・

マーチさん

宝塚ハーフ、お疲れ様でした。自己ベストが更新できたことは良かったですね。
しかし、サブ4を狙うにはタイム的に心もとないですね。
まぁ、課題が見つかって良かったんじゃないですか?

やはりこの時期はクリスマスでバタバタしますね。今年はこの時期レースを控えたので、そういう意味ではボクはよかったですが・・・・。もっとも今の状態ではレースを走ることすらままならないので、エントリーせずに正解でした。が、レースがないとモチベーションが高まりませんね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1347620/48437226

この記事へのトラックバック一覧です: 都大路:

« 『モンスター』 百田 尚樹 | トップページ | Merry Christmas! »