2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ

2011年 第65回 福岡国際マラソン完走記

6:30起床。よく眠れたほうだ。少しベットで本を読みながら7:00にベットから出てロビーへ。寝ざめのコーヒーを飲みながら新聞を読む。西日本新聞は地元の福岡国際マラソンのことも書いていたので興味深く読む。

近所もコンビニで朝食を買ってから一風呂浴びて朝食を食べる。いつものようにおにぎり3つと餅2つ。

宿泊先から平和台競場までは少し距離はあるが散歩がてらに歩く。3キロ弱か?

競技場の控室はまだ人はあまりいない。壁際のところに荷物を置き、集中すべく、ヘッドホンで音楽を聴いて時間を過ごす。

アップと1次コールを済ませて、いよいよスタートラインへ。最終コールの後列を詰めていき、いよいよ運命のスタート。

今回の目標は2:40切り。そのための設定ペースは

20kまで・・・・・3'45

20k~25k・・・・3'46

25k~30k・・・・3'48

30k~35k・・・・3'50

35k~40k・・・・3'55

40k~ラスト・・8'25

これで2:40ちょうど。前半のどこかで貯金ができるはずなので40分はきれるはず。

さて、いよいよすスタート。初めの1㎞は3'42。スタートのロスが4秒あったのでまずまずいいペースか。ただ、この大集団はかなり密集していて走りずらい。こけないように注意しながら走る。2kと4kのポイントを見落とすものの、まずまずいいペースで走れている感じ。

5㎞=18'13

次の5kの区間もところどころ1kごとのポイントを見逃す。走りに集中していたということか?昨年はこのあたりから異変を感じつつあったが今年はまだ大丈夫のようだ。

10km=18'23

一発目の登りもペースを落とすことなくクリアー。ペースも3'40前後で推移している。

15km=18'32

15k過ぎにコース最大の登り。この登りで少し脚を使った感があるが、ペースはそれほど落ちず。

20㎞=18'46

それまで、集団を引っ張っていた人のペースが落ちてきた。22kから23kで3'50をオーバーした。これはいかんと思い前に出る。前に出ると福岡の人がNoカードをみて名前を呼んでくれる。「宮○さん!」呼ばれたほうを見ると小柄なおばあちゃんだ。なんとなく今は亡き母に似ている・・・・。もし、まだ生きていたら走っているボクを見てどう思うだろうか、とふと思う。

ハーフの通過タイムが1:18'06。今までのハーフのベストよりも速い!!このままで大丈夫か、とうことより「よし!、おもしろいやなか。行ってやろう」と思う。再び先頭を引っ張っていた一人が追いついてきて、少し会話を交わす。その人曰く「折り返してから向かい風になりそうですね」と。結局その人はボクの次にゴールしたことになるのだが。

25km=18'37

いよいよ昨年の鬼門が近づいてきた。でも昨年とは違う自分がいる。28k付近で先頭のランナーとすれ違う。中央によって右手を上げる。背中がTVに移っているだろうか?そして日本人トップ集団。今井選手が見える。再びTVカメラに向かって右手を挙げたが・・・。あっ、川内選手だ。いつもの粘りの走り?ボクも粘らなくては!しかし横腹が痛くなってくる。時々起る例のやつだ。ひどくならないように少しペースを落として様子を見る。

30km=18'51

いよいよ折り返し。昨年はここまで来ることができなかった。昨年の分も含めてコーン(?)にタッチ。だが、やはり折り返してからは向かい風。しかも大きな集団はなく単独走が続く。というか、ボクがどんどん前の人を抜いていく展開。ここまで2分弱の貯金がある。設定ペースでこのままいくと2:38台が見えてきた。しかも、ほぼ設定ペースで走れている。

35km=19'04

いよいよ終盤。この5kは3'55でいい。そう思うと体の力が抜けて、リラックスした走りができる。フォームをしっかり保ちつつ走り続ける。あっ!中国電力の○形選手が歩いてる。かつての名選手だが・・・。ボクのほうはなんとか設定タイムに収まっているが、足の筋肉が悲鳴を上げ始めている。無理をすると攣るかも?ここで攣ってしまっては洒落にならない。少し力を抜いて無理をせず。

あと2k。この辺りから応援ががぜん多くなってくる。力が湧いてきた。40k~41kは3'43。ペースアップできてる。吠える。あとは坂を上って競技場だ。昨年はここに帰ってこれなかった。今年は違うぞ!競技場に入ると時計は2:36台。さあ、どうだ!37分台か?38分台か?トラックに入り、ラストスパート。しかし、第3コーナーで時計は2:38に・・・。でも力を抜くことなくゴールへ

40km~ラスト=8'22。

ゴール後、いつものように一礼。

                 2:38’28 

だった。今年2月の別大の「自己ベストを大幅に上回る記録。

スタート前から気迫はみなぎっていた。そして、職場で『キットカット』をプレゼントしてくれた人たちのためにも無様な走りはできない。気合はいつも以上に入っていた。それが走りに乗り移ったかもしれない。

当初は2:40を切れたらいいと思っていたが、想定外の好走に自分でも少し信じなれない。

このことについては後日に後述しようと思う。

P1020636

その後すぐに帰路につく。なんとか8時に帰宅することができた。帰宅タイムも自己ベストかもしれない。