2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト
無料ブログはココログ

« 2つの“初” | トップページ | 水族館の思いで »

2013年1月 4日 (金)

『ツリー ハウス』 角田 光代

51xpyrzr03l_bo2204203200_pisitbstic

amazon 紹介文より

謎多き祖父の戸籍──祖母の予期せぬ“帰郷”から隠された過去への旅が始まった。満州、そして新宿。熱く胸に迫る翡翠飯店三代記。第22回伊藤整文学賞。

初めて読む作家の本だった。そして、見事にはまった。と、言うか良かった。

親子三代にわたる歴史ものと言ってもいい小説。昭和初期から平成に至るまでの日本の社会が描かれていた。

ボクのは孫の良輔の世代と近いが、ボクが生きてきた時代を思い出しながら読んでいた。

また、父母・祖父母の世代は歴史の教科書の世代。ボクは体験していないことだが、これまたリアルにボクの頭にしみこんできた。

オウム真理教や漫画文化・あさま山荘事件・学生運動・高度経済成長などが登場人物を通して描かれていて、またそれにかかわる人物それぞれが個性的だった。

キーワードは「希望」。なぜ生きるのか、を考え続け良輔が最終的に行きつく結論だ。

しんどくなったら「逃げる」。馬鹿をやったら結局、本人に返ってくる。と、祖母が語るが、ボクも同感!


本日の早朝ジョグ12km。
なぜか脚の動きがスムーズだった。ここ1ヶ月なかった感覚。

« 2つの“初” | トップページ | 水族館の思いで »

読書」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。同じ本の感想記事を
トラックバックさせていただきました。
この記事にトラックバックいただけたらうれしいです。
お気軽にどうぞ。

藍色さん

『粋な提案』=ブログ読ませていただきました。
すごい量の読書記ですね。参考にさせていただきます。
トラックバックも試みたんですが、できているのか不安です・・・・・?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1347620/48420670

この記事へのトラックバック一覧です: 『ツリー ハウス』 角田 光代:

» 「ツリーハウス」角田光代 [粋な提案]
謎多き祖父の戸籍──祖母の予期せぬ“帰郷”から隠された過去への旅が始まった。満州、そして新宿。熱く胸に迫る翡翠飯店三代記。第22回伊藤整文学賞。 謎の多い祖父の戸籍、沈黙が隠した家族の過去。すべての家庭の床下には、戦争の記憶が埋まっている。新宿角筈『翡翠飯店』クロニクル。 どこにでもいそうな、いたって平凡と思える一家の、三世代に渡る物語。 それぞれの時代、各人物像をぶれることなく細か...... [続きを読む]

« 2つの“初” | トップページ | 水族館の思いで »