2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ

« 『なぜあの時あきらめなかったのか』 小松成美 | トップページ | ソラの手術 »

2013年2月 8日 (金)

『夢をかなえるゾウ2』 水野敬也

Photo

amazon 紹介文より

200万部突破のベストセラー待望の続編! !
お待たせしました! 史上最悪の師匠、5年間の沈黙を破り再び人間界に降臨!
笑って泣ける自己改革エンタテインメント小説、第2弾。


「夢をかなえるゾウ2」著者コメント

「夢を追い始めるとき、最大の障害になるものは何か?」この問題についてずっと考えてきました。そして、周囲の人たちを見ても、自分自身の経験からも、それは間違いなく「お金」だと思います。
もしお金が十分にあったら、人は一番やりたいことをするはずです。
しかし、私たちは明日を生きていかなければなりません。将来のことも考えなければなりません。養うべき人がいるとこの問題はさらに大きくなります。こうして多くの人が、お金に対する不安を解消できぬまま、やりたいことを――夢をあきらめていくのです。 夢をかなえようとする人は、「お金」とどう向き合っていけばいいのでしょうか?
この問題に一つの解答を示したのが本書です。
もちろん、前作と同じように、いや、それ以上に、ガネーシャは自分勝手のひどい神様です。ガネーシャの手によって、事態はどんどん悪い方へと向かっていきます。しかし、今回は他の神々(貧乏神)も加わって、「お金」という問題に一つの明確な解答を示してくれます。
今、やりたいことはあるけど一歩踏み出そうか迷っている人、そして、どの道に向かえばいいのか分からず行き詰まっている人に、ぜひ読んでもらいたいと思います。本書は、新しい道を進み始める大きなきっかけになるはずです。

最初の「夢をかなえるゾウ」はインパクトがあった本だったが、今回はそれに比べると少しインパクトに欠けたか?まぁ、こういう本にはありがちなことだけど・・・・。でも、オッ、と思う部分も当然あった。その部分を引用。

本を読むことに関してガネーシャは言う。

「本読んで解決せえへん問題なんてあれへんで。仕事、お金、人間関係、幸せ……人間の悩みなんちゅうのはいつの時代も同じや。そんで本ちゅうのは、これまで地球で生きてきた何億、何十億ちゅう数の人間の悩みを解決するためにずっと昔から作られてきてんねんで。その『本』でも解決でけへん悩みちゅうのは何なん?自分の悩みは地球初の、新種の悩みなん? 自分は悩みのガラパゴス諸島なん?」

ガネーシャ曰く、成功する人間の特徴について

「最終的に成功する人間ちゅうのはな 『自分には才能がない』ちゅう『不安』を持ってる人間なんや。そういう人らが、人の意見に耳を傾けて、試行錯誤していくことで最初の頃には想像もでけへんかったような成長を遂げるんや。自分も知ってるやろ? 天才や天才やてもてはやされたことで、お客さんが望んでへんようなもん作ってもうてる人らをな。
もちろん他人の批判を恐れずに自分を貫くんも大事やで。でもほとんどの人が他人の意見を聞かへん本当の理由はな、『直すのが面倒だから』やねん」

今回出てくるのはガネーシャ以外に貧乏神の「幸子さん」。一見、貧乏神というとマイナスイメージがつきまとうが、この幸子さんがなかなか鋭い、貧乏神のイメージとはかけ離れている。その幸子さんがハローワークにて

職安(ハローワーク)に行ったときにクレームをつけている男がいた。幸子さんはうれしそうに言った。
 「あの人、きっとこれからも貧乏ですよ」
 「どうしてそんなことが分かるの?」
 「だって、あの人は気持ち良さそうに人を責めてるじゃないですか。人を責めたり批判したりするこ、とが好きな人って、他人が不幸になることを望んでいる人ですから。そういう 言葉を口にすればするほど貧乏神というのはその人に近づいていきたくなるんです」そして幸子さんは続けた。
 「『言葉』というのは、その人の一番最初の行動ですからね。私たち貧乏神は人間を見るときは言葉に注目するのです」
 「なるほど……」僕はうなずきながら言った。

本日の早朝ジョグ21㎞。

日曜の猪名川町彫刻の道マラソン(5㎞)に向けて流し5本。相変わらず鼻水はズルズルだが・・・・。
 

« 『なぜあの時あきらめなかったのか』 小松成美 | トップページ | ソラの手術 »

読書」カテゴリの記事

コメント

夢をかなえるゾウはドラマ化もされてましたね♬
ドラマは全部は見てなくてところどころしか見てなくて、本は読みたいなぁ
と思っていました。これを機会に2冊とも読んでみます♬

貧乏神の幸子さん。納得ですね。
言霊ですね。「言葉が変わると、行動が変わり、行動が変わると、人生が変わる」
つまり言葉は人生までも変えてしまうのです。だから不幸になるのも、幸せにになるのも
はじめの第一歩は「言葉」なんですんよね。

今年はみんな風邪や体調不良に悩まされているランナーが多いです・・・
今日も職場の男性が17日泉州国際マラソンフルに出場予定なのに風邪で
全然走れていないと嘆いていました・・・・
インフルエンザか?と調べたくらいしんどいようですね・・・・
マラソンシーズンは寒くウィルスが流行する時期で・・・
走り込む人たちほど体脂肪も落ち風邪はひきやすいですからね・・・・
体のモニタリングと管理、そしてランニング。
このバランスを保ちながら走るのは大変ですが、その大変さもまた楽しさの
一つなんでしょうね♬

マーチさん

この本はおススメです。特に最初の本は!ボクもドラマは少し見ましたが、本の方が断然いいですよ。
どこも風邪が大流行のようで、兵庫はインフルエンザ警報も・・・。子どもの小学校では学級閉鎖もチラホラ。
この寒い時期は体調管理とモチベーションの維持が大変です。今年は特に痛感している次第です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1347620/49271347

この記事へのトラックバック一覧です: 『夢をかなえるゾウ2』 水野敬也:

« 『なぜあの時あきらめなかったのか』 小松成美 | トップページ | ソラの手術 »