2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト
無料ブログはココログ

« オオクワガタ | トップページ | 2012 兵庫陸上競技記録 Top50 »

2013年3月14日 (木)

『夏から夏へ』 佐藤多佳子

Photo


amazon紹介文より

速く走るだけでは世界を相手に戦えない。リレーでは、速く確実なバトンつなぎも重要だ。2007年世界陸上大阪大会でアジア新記録を樹立。08年北京五輪のメダルにすべてを賭ける日本代表チームに密着した、著者初のノンフィクション。酷暑のスタジアム、選手達の故郷、沖縄合宿へと取材は続く。大阪と北京、2つの夏の感動がよみがえる!

長距離と短距離の種目は違えどアスリートの競技にかける情熱は伝わってくる作品。物語は少し古いが大阪世界陸上のアジア記録更新までで終わる。我々が感動したのはもちろん北京でのメダルだが作者もまさか北京でのこんな結末が待っているとは思わなかったのではないだろうか。

4継(400mリレー)のメンバーと控えの選手にインタビューをするのだが、練習に対する考え方に共通点があるような気がした。

末續選手は

「僕らには無数の練習方法があるんですよ。足が速くなるための方法って、もう山積みされていて、高校生だってできるわけですよ。でも、ただやるだけだと、それはもう本当に“方法”なんで、だれでもできるんで。膨大に情報の中で、自分に合っているものを探して、それを一番原点に戻って考えてみて、これは本当に自分に必要なんだろうかと、いろいろやってましたよね」

高平選手も同じようなことを言っている。

「これをやったら絶対に結果が出るという教科書的な練習方法はない。自分でとことん考えて手探りでやっていくしかない。去年これをやったけどあまり効果が出なくて、今年はそれを削って違う部分を鍛えようかな、という試行錯誤を繰り返していく中で、自分のやれる範囲、キャパシティーが広がっていくんです」

さらに控えの小島選手も

「よりいいものを求めて、とりあえず取り入れてみて、それがダメだったら捨てますし、ちょっといいなと思ったら続けてやってみますし、その繰り返しですね。やっぱりやってみないとわらないものなので。(中略)
年齢を重ねるにつれて、いらないものは捨てて、必要なものだけを取ってくる。
技術も必要ですし、それができる身体作りが必要ですし、それに耐えられる心も必要ですし」

本日の早朝ジョグ20㎞。

寒の戻りのようだが、6時頃には明るくなってくるので同じ寒さでも冬の寒さとは違う。でも、ジョグを始める時間はまだ暗いのだが・・・・・。

« オオクワガタ | トップページ | 2012 兵庫陸上競技記録 Top50 »

読書」カテゴリの記事

コメント

なんかタイトルが心のくる本ですねshine
ジャンル関係なくものすごい数の本を読みますよね・・・・
年間の走行距離同様、年間の本の数はどれぐらいですか?

昨日はホワイトデーでした♬娘がバレンタインデーに同じクラスの仲良しの
男の子にあげていてheart04ただ恋心であげたのではなく、男子女子仲のいいクラスで
女子にあげる友チョコ同様であげました。でも男子にはそこ一人にしか渡してません♬
その彼が昨日家にホワイトデーのお返しを持ってきてくれましたheart04
残念ながら娘は習字に行っていていなくて・・・・夜勤明けでユニクロのフリースを着た
すっぴんの私が「ありがとうね♬」と受け取りました♬
彼と私も仲良しなんです(笑)

でもそんな彼の生まれて初めてのホワイトデーの甘い思い出は
「残念ながらその子のおかんが出てきて・・・おかんに渡したわ・・・down
と大人になったらほろ苦い思い出として語られるのかな(笑)と思いました♬

娘は手作りチョコを少しあげただけなのに、彼からは4倍返しほどの
プレゼントが送られてきたので、ママ友に彼のママのメアドを聞き、
お礼のメールをしました♬バレンタイン喜んでいたようでheart04
ホワイトデーお返しも彼が選んだようです♬娘はかわいいと♬早速今日から
使ってます♬(文房具)
男はいつの時代も大変ですsweat012倍4倍返しって・・・・・
ちなみに私はホワイトデーをもらったことがありません。
なぜなら3月13日が誕生日だからです(笑)
誕生日に吸収合併されてしまいます。

今年は30代女子の部最後のマラソンです♬
来年、次の次シーズンからは激動の40代マラソンにいよいよ突入ですsign03

マーチさん

手当たり次第に読んでいます。一体何冊読んでいるのかわかりませんが、これも仕事の一環です。
そういえば3・13に我が家にも男の子がモノを持ってきていましたが、娘は公文に行ってました。インターフォンはボクが出ましたが、さすがに応対は妻に任せました。

3.13が誕生日なんて、複雑ですね。あっ、お誕生日おめでとうございます。(おめでたくないか?)
40歳台という新しい世界へあと少しですね。これも好いのやら悪いのやら・・・・??。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1347620/49933750

この記事へのトラックバック一覧です: 『夏から夏へ』 佐藤多佳子:

« オオクワガタ | トップページ | 2012 兵庫陸上競技記録 Top50 »