2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ

« 飛行機を見に行く | トップページ | オオクワガタ »

2013年3月10日 (日)

『何者』 朝井リョウ

Photo
amazon 紹介文より

「あんた、本当は私のこと笑ってるんでしょ」就活の情報交換をきっかけに集まった、拓人、光太郎、瑞月、理香、隆良。学生団体のリーダー、海外ボランティア、手作りの名刺……自分を生き抜くために必要なことは、何なのか。この世界を組み変える力は、どこから生まれ来るのか。影を宿しながら光に向いて進む、就活大学生の自意識をリアルにあぶりだす、書下ろし長編小説。

昨年の直木賞受賞作品ということで手に取ってみた。初めて読む作者の本。

40歳を過ぎたボクにとっては少し畑違いだったのかの知れない。ボクらの頃の就職活動と今は全く違っているのがよく分かる。「ES」「WEBテスト」なんてはじめ何のことか分からなかった。ESってエントリーシートなんですね・・・・。

しかも、その就活と並行して登場人物たちはツィッターでつぶやく。そのやりとりも若者的だ。そしてボクの世代には少し理解できない。

ストーリー自体は就活する人間のみならず、ボクも持っているかもしれない人間の奥深い闇の部分が描かれ、最後のほうは一気読みだった。

そして印象的な場面がここだ。就活中の登場人物の瑞月が生きていくことについて友人に語る。

生きていくことって、きっと、自分の線路を一緒に見てくれる人数が変わっていくことだと思うの。今までは一緒に暮らす家族がいて、同じ学校に進む友達がいて、学校には先生がいて。常に、自分以外に、自分の人生を一緒に考えてくれる人がいた。学校を卒業するって言っても、家族や先生がその先の進路を一緒に考えてくれた。いつだって、自分と全く同じ高さ、角度で、この先の人生の線路を見てくれる人がいたよね。これからは、自分を育ててくれた家族を出て、自分で新しい家族を築いていく。そうすれば、一生を共にする人ができて、子どもができて、また、自分の線路を一緒に見てくれる人が現れる。
そういうことだと思うんだ。自分以外の人と一緒に見てきた自分の線路を、自分ひとりで見つめるようになって、やがてまた誰かと一緒に見つめる日が来る。
                    (中略)
私たちはもう、たったひとり、自分だけで、自分の人生を見つめなきゃいけない。一緒に線路の先を見てくれる人はもう、いなくなったんだよ。進路を考えてくれる学校の先生だっていないし、私たちはもう、私たちを産んでくれたときの両親に近い年齢になってる。もう、育ててもらうなんていう考え方ではいられない。私たちはもう、そういう場所まで来た。

なるほど・・・・・。


本日の早朝ジョグ13㎞。暖かいので軽装でスタートdash

その後休日出勤の為名古屋ウィメンズを観ることができず。帰宅後、ネットで結果を知る。野口さんの復活を印象付ける走りに元気をもらいました。世界選手権に選ばれるといいですね。

昼から冷たい雨が降りましたが、京都マラソンはどうだったのでしょうか?帰宅途中の車の中で「ABC万博マラソン」のラジオ中継がありましたが、こちらはすごい雨だったようですねrain

夕方、次女と3kmほどジョグ。

« 飛行機を見に行く | トップページ | オオクワガタ »

読書」カテゴリの記事

コメント

京都マラソンも10Kすぎからスコールのような雨が降り・・・
そのあとは気温が下がり、風が吹き・・・・雨は小雨になって・・・・
また最後本降りになり・・・・結局去年の篠山同様ずぶ濡れで、凍えてゴール。
しかも・・・アップダウンがすごく・・・・フルマラソンでこのアップダウンは
キツイ・・・五月山と箕面の滝がフルマラソンコースに有り、街中も緩やかに?
いやきついとこもあったな・・・アップダウンばかり・・・・
都市型マラソンとは程遠いコースでした・・・・
もちろんタイムは惨敗に終わりなんと初フルマラソンより
遅い4:43でしたdown
惨敗には天候と気温差とコースもありますが、やはり練習不足。
ハーフのタイムで2時間切れてないのはダメです。
次のシーズン、もうあすから次のシーズンですが、
次はハーフのタイムを縮めていきます。ハーフのレースを多くこなします。
こんな悪天候、アップダウンコースでも自己ベスト更新されている人が
たくさんいてましたからね。
練習不足の何もんでもないです。

でもあのコースはやっぱり辛いな・・・・weep

私もマーチ♪さん同様、京都マラソンrunに出場しました(初)。起伏の激しいタフなコースでした。気温も予想通りなのか外れたのか、朝は高めでしたが、マーチ♪さんが書かれたとおり、雨rainが途中で来て、路面もかなり水がたまってる箇所ができ、気温も急降下downという感じで最後は手先・足先がかなり冷え込みました。暑さ対策と寒さ対策の両方が必要でしたね。タイム(ネット)は3時間30分42秒。3回目のフルで一応過去2回のタイムを上回ることができました。ほぼキロ5分ペースで最後まで行きました。30キロを過ぎて加茂川河川敷を行くコースがあるのですが、もの凄い追い風で背中を押してくれたのが助かりましたが、すぐまた道路に出て折り返しは今度は逆風で大変でした。私がゴールした後、また激しい雨で後続の方は大変だったと思います。ミヤーンさんの日記上で少し恐縮ですが、マーチ♪さん、本当にお疲れさまでした。練習不足を反省されていますが、この気候とコースは経験がないとしんどい気がします。3週間前に30キロ走されておられたりと、刺激を受けました。私はその1週間後に30キロ走をしました。実はもっと走る予定だったのですが、体調不良でガス欠を起こしたのですcoldsweats02
このような都市型で大規模な大会に初めて出場しましたが、人に酔いそうでしたbearing。またレース前のトイレなども一苦労ですsweat01。早めに荷物も預けなければならず、一人で参加するとけっこう大変だなと思いました。でも沿道の応援やエイドは充実しているように思い、その点は満足感があります。

マーチさん

京都マラソンお疲れさまでした。
あいにくの天気だったようで残念でしたね。
しかも、初フルより悪いタイムとは・・・・。でも、マラソンって気象条件やコースレイアウトにもよるところが大きいので割り切って考えてください。
でも、書かれていたように課題が浮き出てきたようなので、次のマラソンに向けてそれを克服していけばいいんじゃなないでしょうか?
とりあえず、次でに向けてスタートです。その前に、マラソンの疲労をしっかり抜いてくださいね!

あら25さん

京都マラソンお疲れさまでした。そしてベスト更新ですよね!おめでとうございます。
噂には聞いていたのですが、アップダウンが多くタフなコースのようですね。
さらに、急激な気象変化という悪条件を考えると立派なものです。条件さえ整えばまだまだ、記録は伸びいると思いますよ。

しかし、ボクも大阪マラソンで経験しましたが、1時間前から並んでそれ以前に荷物を預けて、20分もトイレに並び・・・、と大変でした。これもマラソンブームの影響ですね。篠山マラソンもトイレは大渋滞でしたよ。

あら25さん、ねぎらいのお言葉ありがとうございましたm(_ _)m

ミヤーンさんもあら25さんもトイレのことを書いてますが、
女子は比較的空いてますよ♪最近は簡易トイレでも男女別にしているところもあり
そうなると女子は空いてます。マラソンブームもやはり男子の増加率が
高く、フルマラソンともなると増えたといっても割合的に女子は少ないのかもしれませんね。

辛い京都マラソンでしたが、大会としては震災支援のマラソンで、黙祷から始まり
絆でつなぐマラソン、コンセプトはとても素敵な大会です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1347620/49724901

この記事へのトラックバック一覧です: 『何者』 朝井リョウ:

« 飛行機を見に行く | トップページ | オオクワガタ »