2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ

« 年度末 | トップページ | ヘラクレスオオカブト »

2013年3月28日 (木)

『天才! 成功する人々の法則』 マルコム・グラッドウェル

Photo_2


amazon紹介文より

・世界の一流スポーツ選手に共通する、ある「幸運」とは?
・ビートルズやゲイツ、ジョブズが生まれた本当の理由は?
・IQ190“全米一の天才”が大成できなかったのはなぜ?
・「ユダヤ人」「移民」「服飾業」が成功する弁護士の条件だった?
・頻発した大韓航空機事故。最大の原因は“文化の違い”?
・アジア人の「数学的才能」は水田から生まれた?
・NY・ブロンクスに生まれた“秀才学校”の正体?

天才や偉人に関する分析は、伝記などその本人に対する分析にかたよりすぎていた。その観点から社会学的に、文化的に、歴史的に(この場合はタイミングと言うべきか)分析した著書。

得心したのは練習量についての記述。専門家たちは、世界に通用する人間に共通する“マジックナンバー”があると言う意見で一致している。それが1万時間である。この時間は途方もない時間である。一日約3時間の練習でも毎日続けて10年近くかかる数字だ。世界の一流と言われる人たちは幼少からのいろんな環境のもとで時間の積み重ねがあったという事実。これは本人の努力だけでなく外的要因、時代背景、環境なども影響すしていたことに著者は注目している。

しかし、この1万時間。ボクもランニングの練習がそろそろ1万時間になるか?まだか?集計する根気はないが・・・・・。


それはさておきもう一つ印象的な記述。

「自主性」「複雑さ」「努力に見合う報酬」の三つが満足いく仕事に求められる特性らしい。さてボクの仕事はどうなのか?


本日の早朝ジョグ13㎞。暖かい朝だった。ポツポツ雨も降ってくるし・・・。

« 年度末 | トップページ | ヘラクレスオオカブト »

読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1347620/50689294

この記事へのトラックバック一覧です: 『天才! 成功する人々の法則』 マルコム・グラッドウェル:

« 年度末 | トップページ | ヘラクレスオオカブト »