2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト
無料ブログはココログ

« 地図 | トップページ | 部活の行方 »

2013年4月21日 (日)

『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』 村上春樹

41naeswpuwl_sl500_aa300_1

amazon 紹介文より

良いニュースと悪いニュースがある。

多崎つくるにとって駅をつくることは、心を世界につなぎとめておくための営みだった。あるポイントまでは……。

楽しみにしていた村上春樹の最新刊。発売と同時にTVのニュースでも話題になっていたが、ようやくゲット。あっという間に読んでしまった。

いつも通りの不可思議な村上ワールドと言ってもいい。そして、出てくる主人公の多崎つくるも村上ワールドの典型的な主人公だった。その主人公がボクに何となく似ているのが、ボクが村上春樹に惹かれる理由かもしれない。


本日の早朝ジョグ13㎞。

昨晩の雨は上がっていたが、いつも走るグラウンドはぬかるんでいたので町内をブラブラとジョグ。しかし、今日は風が強かった・・・・。

昼から阪神戦を観戦。3点目が入って勝利を確信した後に兵庫リレーカーニバルを観戦。

« 地図 | トップページ | 部活の行方 »

読書」カテゴリの記事

コメント

さすがですねshine
さっそく読んでますねsmile

転勤は阪神間ですか・・・ならまぁ距離的には
問題ないですね♬

新年度が始まって1ヶ月ですが・・・もう今年は3/1が終わった・・・
時間の流れがものすごく早い・・・
特に子供が小学生になってからはすごいスピードです・・・(^◇^;)

うちの職場の異動は5月にあります。一人仲のいい友人が異動になります。
病院って規模にもよりますが、うちの病院なんかは
病棟が違うと同じ建物にいてるのに何ヶ月も会わないんです・・・
ナースは交替勤務もしているので余計ですが、
本当に会わない・・・・だから同じ建物の中の異動でも
とても寂しいものです・・・(><)

こんばんはwink。お疲れさまです。4月は私の職場も毎年定期異動、新年度という時期で忙しいですcoldsweats01。特に今年は私自身も少し責任の重い立場になり余計に・・・。
そんな中、21日(日)は三木防災公園で行われた兵庫トライアスロン実行委員会主催のマラソン大会(ハーフ)に出場しましたrun。風強くdash、気温低く、時折にわか雨rainというあまり良いとは言えないコンディション、何より業務多忙等による私自身の練習量の不足、それでも今日は練習の積み重ねと思って走ってきました。
案の定、タイムは良くなかったですが、相対的に他のランナーも低調で総合順位は昨年と同じでした(32位)。アップダウンのある公園のコースを3周半するのですが、かなりきついです。タイムもあまり期待できないし、コース自体におもしろみもないからか、参加者はあまり多くありません。昨今のごった返しぶりからみるとある意味狙い目かもしれません。
そういえば私の職場も5月ですが、宝塚市内で歓送迎会bottleをします。職場は西宮なのですが、人数が20人を超えるのでほどよい店がなく、幹事が宝塚市内の程よいお店を見つけてきたようです。
最近の読書ですが、いま映画公開中の『舟を編む』を読みました。辞書編纂とそれにまつわる人間模様を描いたものですが、なかなか読み応えがありました。
ミヤーンさんはタイガースファンですか? 私はパ・リーグ党で元近鉄バファローズです。今のオリックスはあまり好きになれません。でも19日はそのオリックスが近鉄のユニフォームで試合をするという企画があったので、京セラドーム大阪まで行ってしまいましたcoldsweats01

マーチさん

職場によって異動っていうのもいろいろありますね。
異動があるというのは別れもありますが、新しい出会いもあるわけで、そういうことも踏まえて考えていかないといけませんね。
もう、4月も終わりですね。GWまで何とか頑張ります。

あら25さん

強風の中、レースだったんですね。さぞかしたいへんだったんじゃないでしょうか?お疲れ様でした。ボクは4月は福井がDNSだったので5月までレースがありませんweep。とりあえず、次のレースに向けて気持ちを切らさないように頑張っています。
毎年思うんですが、この年度初めの時期は仕事でバタバタして思うように練習できませんね。体調も崩しやすいし・・・・。それも含めてランニングと付き合っていかないといけないのかなぁ、と思っています。

実は今『舟を編む』を読んでいます。図書館で予約していたんですがようやくまわってきました。最初から引き込まれますね!三浦しをんさんは結構すきで、『風が強く吹いている』を読んでとても感動した記憶があります。

ボクもパリーグなら近鉄でした。いてまえ打線、なんて良かったですね。今は消滅してしまって残念ですが・・・・。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1347620/51319890

この記事へのトラックバック一覧です: 『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』 村上春樹:

« 地図 | トップページ | 部活の行方 »