2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ

« 『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』 村上春樹 | トップページ | 藤田淳史 »

2013年4月22日 (月)

部活の行方

4月から中学に入学した次女がようやく入る部活を決めた。ソフトテニスか陸上かで、随分悩んだようだった。

テニスは友達が入っているからいいが、体験入部ではあまり面白くなかった。陸上は面白そうだが、同じクラスの友達がいない。どうしよう・・・・

そして日曜日の晩に入部する部活をボクに言ってきた。

「陸上部にする」

本人なりに色々と考えた末の結論だろうが、ランナーの父親としてはホッとしている。

さっそく、月曜日の帰宅後部活のことを色々と話してくれた。流しをしたり、ラダーをしたり、縄跳びをしたり、と。かなり疲れているようで、帰宅後ダラダラしていたが、しばらく慣れない日々が続くだろう。

とりあえず、4人の子どもの中でも最も体力がない次女。走るのが速くなる、ならないにかかわらず、体力をつけてたくましくなってほしいものだ。女の子だが・・・・。


本日の早朝ジョグ16㎞。

« 『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』 村上春樹 | トップページ | 藤田淳史 »

子育て」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1347620/51347483

この記事へのトラックバック一覧です: 部活の行方:

« 『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』 村上春樹 | トップページ | 藤田淳史 »