2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ

« カブトムシとオオクワと | トップページ | 『井田寛子の気象キャスターになりたい人へ伝えたいこと』 井田寛子 »

2013年7月14日 (日)

次男と山へ

昨晩に近所の山のクヌギの木に次男と蜂蜜を塗りに行った。この山のカブトムシやクワガタが朝方には来るはずとの計算でpaper

暗い山に入っていくと、次男は少しおびえたようだったが、適当な場所に蜂蜜を仕掛けて帰宅。翌朝を楽しみに、次男と就寝した。


そして、朝になった。次男の方が先に目覚め、ボクと一緒に階下へ。次男と二人で昨晩の山へと向かった。

しかし、蜂蜜に集まっていたのはカナブンのみcoldsweats01


ボクが小学生のころ、田舎の三田へ帰った時は、木をけったらカブトムシやクワガタがバラバラと落ちてきたのだが・・・・。今はそんなに簡単には取れないということか。


次回は、能勢の田舎に帰った時に、『バナナ&焼酎』でリベンジしようと次男と約束。


本日も完全休養。

大腿四頭筋の痛みもだいぶんましになってきた。が、ここは無理せず休養。

« カブトムシとオオクワと | トップページ | 『井田寛子の気象キャスターになりたい人へ伝えたいこと』 井田寛子 »

子育て」カテゴリの記事

コメント

小学生の頃は夏に近くの山に行ってカブトムシやクワガタを取りに行ったのを思い出しました。
校舎のプールの側の路地で勝手に虫を売りに来てたオッサンがよくいましたが、自分で取りに行くからオッサン来んでもええわ!て言ってました。
そして秋になるとバッタとカマキリ採り。当時は空き地ばかりだったんでたくさんいて一日30匹位採れました。
無計画に乱獲したので三年くらいで激減してしまいましたが、おかげで理科の虫の授業は勉強しなくても楽勝でした。

若大将さん

今はすっかり状況が変わってしまいましたね。
かなり山奥へ行かないとだめなようです。清○台の岩根山にははいるはずなんですがね・・・・。
確かに理科の勉強にはなると思いますね。次男ももっぱら昆虫博士です!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1347620/52448442

この記事へのトラックバック一覧です: 次男と山へ:

« カブトムシとオオクワと | トップページ | 『井田寛子の気象キャスターになりたい人へ伝えたいこと』 井田寛子 »