2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト
無料ブログはココログ

« タガメ観察日記② | トップページ | 連日の熱帯夜だが・・・・ »

2013年8月12日 (月)

『風の中のマリア』 百田尚樹

Photo

amazon 紹介文より

命はわずか三十日。ここはオオスズメバチの帝国だ。晩夏、隆盛を極めた帝国に生まれた戦士、マリア。幼い妹たちと「偉大なる母」のため、恋もせず、子も産まず、命を燃やして戦い続ける。ある日出逢ったオスバチから告げられた自らの宿命。永遠に続くと思われた帝国に影が射し始める。著者の新たな代表作。

オオスズメバチを擬人化した物語だが、単なるファンタジー物ではなく、自然の厳しさがヒシヒシと伝わってくる作品だった。昆虫の世界の見方が少し変わった気がする。昆虫好きの次男に大きくなったら読ませたい作品。

百田尚樹さんの作品なのでかなり期待したが、『永遠のゼロ』『モンスター』『ボックス』『海賊と呼ばれた男』などと比べたら、ボクの中では少し期待外れだった・・・。

一方、印象に残ったのはチャノミガとの会話。
「すべての虫は子孫を残すことが一番の目的なんだ。しかしあんたたちスズメバチのワーカーは交尾もしなければ、子どもも生まない。一体、何のために生きているのか、わからないね」

改めて一体、人間は何のために生きているのだろうか、と考えさせられた???

ちなみに百田尚樹さんは、わが川西市在住!


本日の早朝ジョグ21㎞。右ふくらはぎに少々違和感ありcoldsweats02。気を付けなければ・・・。しかし、相変わらず暑い!

今日の午前中は実母の墓参り。昼から妻の実家=能勢へ帰省。多分日帰りだけど・・・・。

« タガメ観察日記② | トップページ | 連日の熱帯夜だが・・・・ »

読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1347620/52755047

この記事へのトラックバック一覧です: 『風の中のマリア』 百田尚樹:

« タガメ観察日記② | トップページ | 連日の熱帯夜だが・・・・ »