2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト
無料ブログはココログ

« 夏休み | トップページ | セミ取り »

2013年8月 1日 (木)

『こころ』 夏目漱石

Af6ed0920ea02c916c78f110l_aa300_1

amazon 紹介文より

鎌倉の海岸で、学生だった私は一人の男性と出会った。不思議な魅力を持つその人は、“先生"と呼んで慕う私になかなか心を開いてくれず、謎のような言葉で惑わせる。やがてある日、私のもとに分厚い手紙が届いたとき、先生はもはやこの世の人ではなかった。遺された手紙から明らかになる先生の人生の悲劇――それは親友とともに一人の女性に恋をしたときから始まったのだった。

高校生の現代文の教科書の定番になっている小説。しかし教科書に掲載されのは一部分のみ。全編読んだのは初めてだった。意外と読みやすい文章だったが、内容的にはあまり共感する部分はなかった。

たまにはこういう古典的な小説を読むのもいいと思ったが、ボクにはどちらかと言うと苦手なタイプ。深読みすればいろんな読み方ができるんだろうけど、ボクはそこまで深く読みこなすことできない。amazonのレビューにはすごいことがたくさん書いてあったけど・・・・。


本日の早朝ラン:アップ9km、ダウン7km、インターバル1km×6(間2分ジョグ)3'44~3'33。

ランニング人生の中で初の早朝インターバル。起床してからあまり時間がたっていないので、大丈夫か危惧したが、これぐらいのタイムならまずまずか?もともとスピードがあるわけでもないし・・・・。涼しいし意外といけるかも!

« 夏休み | トップページ | セミ取り »

読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1347620/52655660

この記事へのトラックバック一覧です: 『こころ』 夏目漱石:

« 夏休み | トップページ | セミ取り »