2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト
無料ブログはココログ

« タガメ観察日記③ | トップページ | 飛行機デビュー »

2013年8月18日 (日)

『きみはいい子』 中脇初枝

Photo_2

amazon紹介文より

ある雨の日の夕方、ある同じ町を舞台に、誰かのたったひとことや、ほんの少しの思いやりが生むかもしれない光を描き出した連作短篇集。
夕方五時までは帰ってくるなと言われ、雨の日も校庭にたたずむ生徒と新任教師との心のふれあいを描く「サンタさんの来ない家」をはじめ、娘に手を上げてしまう母親とママ友との物語、ひとり暮らしが長くなった老女と、家を訪ねてきたある男の子との物語など、胸を打つ作品を五篇収録。
人間の優しさとその優しさが生む光が、どれほど尊くかけがえのないものかをあらためて感じさせる感動作。

第一回静岡書店大賞 小説部門 受賞
キノベス! 2013 第2位
第二十八回 坪田譲治文学賞 受賞

子育て真っ最中のボクにとってジワッと来る内容の小説だった。短編小説だが、それぞれの話がつながっている手法は重松清作品を思い出させる。内容的にも似た感じの所があった。

そして、ボク自身もっと子どもを抱きしめてやらない、と思い、読んでからよく次男とハグするようにしている。長男ともするべきだが、長男は恥ずかしがって、いやがる・・・。まして長女・次女は論外!


本日の早朝ジョグ12㎞。

腰がかなり張っている。注意せねば!先日、陸上部の次女に腰をもんでもらったが、「何!この硬さ」と言われてしまった・・・・。

世界陸上男子マラソン、中本選手5位入賞おめでとう!抜群の安定感が素晴らしい。

« タガメ観察日記③ | トップページ | 飛行機デビュー »

読書」カテゴリの記事

コメント

高野進さんの見ました♫
陸上関係者やマラソンの人たちは5位入賞をすごくたたえているし
本当にすごいことなのに、TVなんかでは、メダルでないからかサラリとしてるんですよね・・・・
世界陸上やってる織田裕二でさえサラリと流して、「ボルト・ボルト」って・・・・
メインキャスターなんかするんだから、ちゃんと陸上の勉強をするべきだと思う。
先頭集団みんな黒人で、その中に一人黄色人種の中本さんですよwobbly
もともとの身体能力が違いすぎる中で黒人たちと互角に戦えるところまで
もっていけてる中本さんの5位をもっと取り上げて欲しいです!!

まぁそこがスポーツの厳しさなのかなぁ・・・やっぱりメダルを取らないと
ダメなのかなぁ・・・・

しかし、ロンドンの時もですが、あの地味でクールな感じが素敵ですよね・・・・
地味でクールで華やかさはないけど、コツコツ頑張って結果を出すタイプ♫
あの雰囲気が大好きです♫

そして、ミヤーン家の飼育状況すごいですね・・・・(^_^;)
油断してたら本当に共食いや死んでたりしそうで、忙しいですね・・・・
ヘラクレスも2年幼虫ですか?うちはコーカサスの幼虫ですが、2年です。

この本私も読みます。図書館に行ってきます♫
ブログの次男とハグして長男は恥ずかしそうで、長女次女は論外が
笑ってしまいました♫
思春期の娘を持つお父さんの心情がすごくリアルに的確に表現されてる一文です♫

でもミヤーンさんのところはそんなに大きな反抗期などない感じですけど・・・・
よそはスマホを一日中触ってあまり話もないようですよ・・・・・
スマホはいかがなものかと思います・・・・・

マーチさん

世界陸上は多分視聴率などTV界の裏の部分があるんではないでしょうか?
でも、福士さんのメダルと木﨑さんの入賞のようにメダルを取る、取らないは大違いなんでしょね。

ミヤーン家も反抗期はありますよ。現在、中1の次女が反抗期。全然いうことを聞きません。正直、家人もボクも手を焼いています。でも、反抗期は成長の過程で必要なことだと思うし・・・・。難し年頃です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1347620/52797066

この記事へのトラックバック一覧です: 『きみはいい子』 中脇初枝:

« タガメ観察日記③ | トップページ | 飛行機デビュー »