2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

2013年12月の記事

2013年12月31日 (火)

大晦日

あっという間に12月31日が来てしまった。年末の休みに入ってからもバタバタしてしまっていつの間にやら大晦日・・・・。

先ほどやっと年賀状を書き終えることができた。毎年、遅すぎると思い、早く準備をせねばと思うのだが、学習機能が欠落しているようで年々同じことを繰り返している。仕事は早めに準備をするタイプなのだが、私生活は準備不足なことが多い。


さて、今朝も朝のうちの20㎞ほどゆっくりをジョグを済ませて今年の走り納めは終了。

思えば今年のランは浮き沈みが激しかった。3月の篠山マラソンでコースベストを出したものの、それを秋以降のマラソンシーズンにつなげることができなかった。

結果として福岡国際マラソンでは2:40を切ることができなかった。今年は2:40を一度も切ることなく終えることになる。でも、気持ちは前向きになりつつある。とりあえず今シーズン、あと1本篠山マラソンが残っているのでその篠山に向けてやることをしっかりとやっていきたい。

去年の今頃は福岡国際マラソンの転倒でまともに練習ができなかった。そのことを思えば去年の今頃より状態はいいはずだ。


閑話休題。

さて、4つの写真に関する共通点はなんでしょうか?(ヒント:来年は○マでしょう!)

P1050882

P1050883

P1050885

P1050888

続きを読む "大晦日" »

2013年12月30日 (月)

六甲山スノーパーク

本日は長男(小5)をスキースクールへ連れて行った。長男の通う小学校は5年生で自然学校と称して1月中旬にスキー実習を行う。しかし、スキーはほとんど経験がないため、六甲山スノーパークへ連れて行った。

P1050928

数年前に長女・次女を連れてった時は空いていたのだが、年末休みの為かかなりの混雑ぶり。入場券を買うのに20分。板を借りるのも10分・・・・。おまけにそんなに寒くないとたかをくくっていたが、六甲山はかなり寒かった。待っている間ボクはずっと震えていた。なんとかスキー学校の開校式にギリギリ間に合った。

P1050929
午前の部は11時から13時。ボクはスキーはせず、待っている間本を読むなどして時間をつぶし、13時の休憩に長男を迎えに行き昼食を。しかしここでも大混雑。

P1050930
食券を買うのに20分。長男に食券の列のに並ばせておいて、悪戦苦闘しつつ席を確保。席を確保するので疲れた。そそくさとカレーだけを食べ午後のレッスンへ。

P1050931
なんとか基本的なことだけはマスターしたようだった。ただ、長男はかなり疲れたようで、帰りの車ではぐったりしていた。ボクは終始震えが止まらなかった。


本日の早朝ジョグ20㎞。

昨晩は高校の同級生との飲み会があり、そのせいか身体が重かった。少々寝不足・・・・?

2013年12月29日 (日)

高校受験に向けて

昨日は昼から長女をインフルエンザの予防接種に連れていく。料金は格安で2,000円也。ただし、予防接種は長女のみ。受験生なので用心して特別に接種した。


その後、家族で京都へ。向かう先は「北野天満宮」。言わずと知れた学問の神様である菅原道真を祀る。やはり最後は神頼みだ。名神高速を使い、1時間30分ほどで北野天満宮に到着。寒波の影響で京都は雪だった。

P1050906

本殿でしっかりとお参りをする。

P1050909

「勧学守」と「絵馬」を購入。志望校合格の願いを込めて絵馬に志望校を書く!

P1050913
物珍しそうに弟たちが眺めている。妹は一歩引いたポジションから・・・・。


これで長女の受験の準備は完了。あとは本人の努力あるのみ!?


本日の早朝ジョグ20km。

福岡国際マラソンあとの身体の疲れはだいぶん抜けてきた感じがする。腰はボチボチだが、福岡前後はかがむこともままならなかったことを思うと快方に向かっているようだ。

2013年12月26日 (木)

恐竜ブーム

どうも「ジュラシックパーク」を観てから次男の恐竜熱が冷めないようだ。

クリスマスプレゼントも恐竜系。ばあちゃんのプレゼントでもらったTレックスにワニを食べさす??

P1050865

学校の図書館で借りてくる本も恐竜図鑑。舌をかみそうな恐竜の名前をボクに報告してくれる。

P1050869

そこまで好きなら、と本日ボクは年休を取得して三田にある「人と自然の博物館」へ次男を連れて行った。

この博物館は数年前に「丹波竜」が発見されて、恐竜の化石が展示されていると聞く。幼稚園では遠足で行ったらしいが、それから色々と経験して行ったら新たな楽しみがあったようだ。展示物を見ると大興奮。あちらこちらに積極的に動きまわる。

P1050874
P1050875

P1050876
P1050877

流石に疲れたのか帰りの車の中では熟睡状態だったZZZZ・・・・。


本日の早朝ジョグ20㎞。

身体の疲れは少しましか?



2013年12月25日 (水)

メリー・クリスマス

昨晩のクリスマス・イブは外食だった。我が家の御用達のつかしんの「ワールドビュッフェ」にてクリスマスパーティ??。クリスマス・イブだったので混んでいると思いきや、意外と空いていた。やはり、ホームパーティが最近の主流なのか?

今回の「ワールドビュッフェ」での良かったメニューは豚レバーの炒め物。何気なくとったハムみたいな肉料理だったが、食べてみると豚レバーだった。ラッキー!やはりランナーはレバーだ。

そして一晩明けて朝になるとサンタさんが我が家にも来ていた。

P1050868
DSのソフトがサンタさんからのプレゼント。恐竜の化石はじいちゃんから、Tレックスのラジコンはばあちゃんからのプレゼントだった。相当興奮気味の次男だった。


本日の早朝ジョグ13㎞。

身体中痛いところだらけ・・・。こんなにまでしてなぜ走らんとあかんのか、自問自答の日々。

2013年12月23日 (月)

『あの日、僕は旅に出た』 蔵前仁一

Photo_3
amazon 紹介文より

バブル前夜、グラフィックデザイナーだった著者は、そのあまりの忙しさ(朝4時に仕事の依頼が来て、正午に締め切りとか日常茶飯事)に嫌気がさし、インドへ飛び出した。もう二度と行くものかと思った最悪の旅がすぐに繰り返され、なぜかその面白さにとりつかれて、雑誌「旅行人」を創刊し、とうとう30年間も旅を続けることになった。アジアに向かって、スピリチュアルなものを求めた旅の時代、ゲーム的な楽しみとしての旅の時代、逃避としての旅の時代など、さまざまな旅のスタイルの変遷を著者はずっと見てきた。その間、日本も世界も大きく変わっていった。バックパッカーの教祖が、30年間、世界中を旅して見つけたもの、旅の果てにつかんだものとは?

続きを読む "『あの日、僕は旅に出た』 蔵前仁一" »

2013年12月22日 (日)

都大路

今日で京都の某大学でのお勉強はしばらくお休み!そして京都は高校駅伝だった。

12月から連続3週で週末は京都。京都は寒かった。今日の北部の山は雪景色。寒いはずだ

Photo

9時前に西大路通りから大学へとジョグっていたら高校生や大会関係者の方々の姿がチラホラ見えた。残念ながら駅伝はTVでも見れず、帰宅後TVのニュースで結果を知る。男子は大接戦だったようで・・・・。TVで観たかったなぁ。


本日の早朝ジョグ&大学まで往復ジョグ20㎞。

2013年12月21日 (土)

『ロスジェネの逆襲』 池井戸潤

Photo_6

amazon 紹介文より

人事が怖くてサラリーマンが務まるか!
ドラマ化も果たした「半沢直樹」シリーズ第3弾となる『ロスジェネの逆襲』は、バブル世代の主人公が飛ばされた証券子会社が舞台。
親会社から受けた嫌がらせや人事での圧力は、知恵と勇気で倍返し。
ロスジェネ世代の部下とともに、周囲をあっと言わせる秘策に出る。
直木賞作家による、企業を舞台にしたエンタテインメント小説の傑作!

続きを読む "『ロスジェネの逆襲』 池井戸潤" »

2013年12月20日 (金)

誕生日

昨日は次女の13回目の誕生日だった。2000年生まれだったので年齢が数え易いのがありがたい。

P1050833
中一の難しい年ごろだが、精神的にもう少し成長してほしいものだ・・・・。


一応、次女の誕生日ということで次女の好きなピザ・ラザニア・チキンなど豪勢なディナー。食べ過ぎてしまい食後胃が苦しかった。やってしまった・・・・。

これから年末にかけて行事が続いていく。食べ過ぎに注意したいのだが、まぁいいか!?


本日の早朝ジョグ13㎞。

2013年12月18日 (水)

『オレたち花のバブル組』 池井戸潤

Photo_5
amazon 紹介文より

今度の敵は小役人。
お前ら、まとめて面倒みてやるぜ!

あのバブル組が帰ってきた!

東京中央銀行営業第二部次長の半沢は、巨額損失を出した老舗のホテルの再建を押し付けられる。おまけに、近々、金融庁検査が入るという噂が。金融庁には、史上最強の“ボスキャラ"が、手ぐすねひいて待ち構えている。一方、出向先で、執拗ないびりにあう近藤。また、精神のバランスを崩してしまうのか……。空前絶後の貧乏くじをひいた男たち。そのはずれくじを当りに変えるのは自分次第。絶対に負けられない男たちの闘いの結末は?!

前作の「オレたちバブル入行組」から、責任もピンチもパワーアップして帰ってきました。連載時とは結末もキャラクターもがらりと変わり、ほろ苦さも加わったバブル組をお楽しみください。
すべての働く人にエールをおくる痛快エンターテインメント小説

続きを読む "『オレたち花のバブル組』 池井戸潤" »

2013年12月15日 (日)

『オレたちバブル入行組』 池井戸潤

Photo_4

amazon 紹介文より

大手銀行にバブル期に入行して、今は大阪西支店融資課長の半沢。支店長命令で無理に融資の承認を取り付けた会社が倒産した。すべての責任を押しつけようと暗躍する支店長。四面楚歌の半沢には債権回収しかない。夢多かりし新人時代は去り、気がつけば辛い中間管理職。そんな世代へエールを送る痛快エンターテインメント小説。

続きを読む "『オレたちバブル入行組』 池井戸潤" »

2013年12月14日 (土)

大学でお勉強

今日も先週に引き続き京都の某大学で学んできた。

P1050787

先週以上に新たな学びがあり、有意義な一日だった。やはり人間一生学び続けないといけませんね!

某大学ですが、阪急電車の西院(さいいん)駅で下車して、西大路通りをジョグで北上するんですが、この西大路通り、高校駅伝のコースなんですね。

P1050786
来週の日曜日が都大路の高校駅伝。来週も土・日と大学でお勉強です。昼休みに生(ナマ)で見に行けると思いきや、ちょうど昼休みの時間帯は走っていないようです・・・・・。

ちなみに先ほどの西院(さいいん)。阪急電車では「さいいん」と読むんですが、嵐電では「さい」。もともと「さい」の読み方が正解だそうで、平安京の頃の京都の西院周辺はさびれたところということから、「賽(さい)の河原」=あの世とこの世の境目で「さい」の地名が付いたそうな。

今日の講義で教授が話されていたことです。


本日の早朝ジョグ+西院から大学までまで往復ジョグ、合計20㎞。

2013年12月12日 (木)

『幸福な生活』 百田尚樹

Photo_2

amazon 紹介文より

「道子さんを殺したのは、私なのよ――」
認知症が進んでから母はよく喋るようになった。
しかし、その話の大半は出鱈目だ。妻は自分がいつ殺されたのと笑うだろう。
施設を見舞うたびに進行していく症状。子どもの頃に父が家出して以来、女手ひとつで自分と弟を育ててくれた母をぼくは不憫に思えてならない。
久しぶりに訪れた実家の庭でぼくは、むかし大のお気に入りだった人形を見つける。
40年ぶりに手にした懐かしい人形。だが、それはおそろしい過去をよみがえらせた……(「母の記憶」より)。サスペンス、ファンタジー、ホラー……、様々な18話の物語、そのすべての最後の1行が衝撃的な台詞になっているという凝った構成。

『永遠の0』『ボックス!』『錨を上げよ』で話題の百田尚樹は長編だけじゃなかった。星新一、阿刀田高、筒井康隆という名手顔負けの掌編小説集を世に送り出した!

続きを読む "『幸福な生活』 百田尚樹" »

2013年12月11日 (水)

『技術者たちの敗戦』 前間孝則

Photo

amazon紹介文より

零戦の設計主務者である掘越二郎、新幹線の生みの親・島武雄など、昭和を代表する技術者6人を紹介。戦争や敗戦の体験がその後の人生にどのような影響を及ぼしたのか。事実を丹念に追うばかりでなく、取材ノート的な要素も盛り込まれ、エリート技術者であった彼らの素顔や性格までも垣間見える。

続きを読む "『技術者たちの敗戦』 前間孝則" »

2013年12月10日 (火)

退院

昨日、長男が何とか退院することができた。

何とか、というのはやはりまだまだ疲れが残っている様子なので・・・・。

今日、帰宅して、横になるとZZZ・・・。夕食が終わり、ふと横をみるとZZZ・・・・。

久しぶりの学校での疲れと薬の副作用があるようだ。まだ、本調子には程遠なぁ。


と、同様にボクの腰痛もボチボチ。ボクも本調子には道半ば。


本日の早朝ジョグ15㎞。

走り始める時に小雨。走っていると、雨が止んだ。しかし、昨晩の雷と嵐はすごかった。

2013年12月 8日 (日)

『八日目の蝉』 角田光代

41odvnuovvl_bo2204203200_pisitbstic 

amazonn紹介文より

逃げて、逃げて、逃げのびたら、私はあなたの母になれるだろうか…。東京から名古屋へ、女たちにかくまわれながら、小豆島へ。偽りの母子の先が見えない逃亡生活、そしてその後のふたりに光はきざすのか。心ゆさぶるラストまで息もつがせぬ傑作長編。第二回中央公論文芸賞受賞作。

続きを読む "『八日目の蝉』 角田光代" »

2013年12月 7日 (土)

溶連菌恐るべし

火曜日に溶連菌に罹患した長男の熱が3日間経っても一向にひかなかった。そのため昨夕時間外で大きな病院へ連れて行った。いろんな検査をしたが、血液検査の結果が悪かったため入院することとなった。結果的には、しっかり病院で診てもらうことになり安心した次第だが、昨晩からバタバタした。

本来なら入院した病院へ今日お見舞いいくべきなのだが、今日から3週間の週末は京都の某大学へ勉強をしに行かなければならないのだ。朝7時には家を出なけらばならないし、帰宅は20時すぎ・・・・。


日中に様子を見に行った妻に聞くと、快方に向かっているようなのでホッとしている。


本日の早朝ジョグ13㎞。

まだ腰に違和感があるし、ハムストリングスも張りが残る。福岡のダメージはかなり大きい。そして今日は大学で6時間の講義とテストがあったが、ずっと座り続けるのはつらい・・・・。

2013年12月 5日 (木)

博多にて

福岡国際マラソンの帰路、博多駅で零戦の展示があった。前日に読んだ福岡の地元紙で11/30(土)から映画『永遠のゼロ』で使用した零戦を博多駅前で展示している、という記事があったので立ち寄った。たくさんの人だかりだった。『永遠のゼロ』の注目度が窺い知れる。

01

以前にもエントリーした読書録で『永遠のゼロ』のことを書いたが、年末から上映される。原作にいたく感動したが、それがどう映画化されているのかは興味津々。なんとか観に行きたいと思うのだが・・・・。


昨日の晩飯は誕生日の12月3日に引き続き豪勢だった。懇意にしている後輩が誕生日にH百貨店の鮮魚店から造りの盛り合わせを持って来てくれたのだ。感謝感激です。ありがとう!

P1050774
中トロ(?)にカツオのタタキ、タイ等々。刺身を腹いっぱい食べ、マラソンの疲れが消えてしまった、とはなかなかいかないが・・・・。


本日の早朝ジョグ12㎞。

やはり、腰の状態はまだまだか。それにかこつけて布団から出るのが遅くなった。やる気スイッチがどこかへ行ってしまったような感じ。

2013年12月 4日 (水)

44回目

昨日の12月3日で44回目の誕生日を迎えることとなった。ここ数年、福岡国際マラソンの後先の日なので困ることもあるのだが、今年は暦的にマラソンが終わって誕生日をなのでいろんな意味でラッキーだった。

ただ、早く帰宅したものの長男が夕方から発熱。近所の病院へ連れて行くと「溶連菌感染症」と診断された・・・・。今日から長男は出席停止。今朝も熱が39.5°ときている。

それはさておき、妻も奮発してくれて晩飯は「すき焼き」。マラソンのダメージが回復したような気がする。子どもたちも普段食べている肉とは異質な肉を絶賛しつつ口を動かしていた。ただ、長男は食欲がなく、部屋で寝ていたのは言うまでもない・・・・。


食後は恒例のケーキ。遠慮することなく食した。長男も起きてきて、ケーキだけは食べにきた。

P1050767

そして、子どもたちから順次プレゼントをもらった。

P1050778

そして、メッセージも!まずは長女・次女のメッセージ。

P1050776
次男も長い手紙を書いてくれました。小学校1年生なので少し意味不明なところもあるが・・・・。

P1050781

少し涙腺が・・・・。お父さんも大好きだよ!


本日の早朝ジョグ15㎞。

まだ、左ハムは違和感がある。もちろん腰も変な張りが取れない。ボチボチやるしかないなぁ・・・・。

ジョグの帰りに次女の陸上部の早朝練習シーンに遭遇。一生懸命走っていたようだ。ジッと見ていたら、次女の顔がニタニタとしていた。ヤッタ!



2013年12月 2日 (月)

第67回 福岡国際マラソン 完走記

9時過ぎにホテルを出てレース会場の平和台競技場に向かう。雨が降っている・・・・。今シーズンは9月の丹後、10月の能勢、11月の淀川と雨のレース続き。丹後などは走るかどうか逡巡するぐらいだった、今回はどんな雨でも走るつもりでいた。だが、日ごろの行いか、スタート直前から雨はやみ、風も止み、気温は高くなく低くなく良いコンディションになった。

今回のレースプランはいつも通りの2:40切り。ここ数年の自分の目標。そのための設定ペースはこれまた昨年と同様のタイムにした。

25kmまでは3'45で押していく。それ以降ペースが落ちてくることをふまえて25km~35kmを3'48、35km以降を3'55で走れば40分が切れる。


12:10にスタート。スタート時のロスは6秒ほど。はじめの1kmが3'43なのでまずまずのペース。毎年のことながら驚くほどの大集団。昨年の転倒のこともあるのでなるべく外側を走り、集団の中に入らないように注意する。2kmが3'40、3kmが3'38。依然として大集団は続いている。少し速いかもしれないと思うが、このペースに身体をゆだねることとする。

10kmを越えてから少し脚が重くなってきた。ここは序盤の踏ん張りどころと思い、今いる集団に食らいつく。一庫マラソンでほぼ一緒にゴールしたまんちーさんが少し前に見える。その姿を見て大丈夫だ、と自分に言い聞かせる。

案の定、15km付近で少し楽になってきた。そして、昨年のポイントとなった15km過ぎの給水地点。昨年はここで転倒してしまったので、慎重に給水をする。少々、まごつきながらの給水だったが、なんとかクリアー。昨年の悪い記憶を払拭した。


ハーフの通過が1:18’11。昨年、一昨年とほぼ同じか。25km地点のタイムで設定ペースより50秒ほど貯金ができている。しかし、この辺りから右膝に違和感が・・・。丹後の時も、淀川の時もきた痛みにも似た違和感。しかもこの膝をかばった走りをしたからか、右足の親指のマメが潰れ、右足がしびれてきた。万事休すか?

しかし、まだ40切りの可能性は十分ある。その一方でペースはデッドラインを越えつつあった。25kmを越えてから設定タイムである3'48をオーバーし始めたのだ。26km=3'50、27km=3'50・・・・。

30km地点を通過。まだ1分近くの貯金もある。やがて、折り返し地点をむかえる。3年前は到達することができなかった場所だ。折り返しのコーン(?)にタッチ!その時、少し前にN須さんを発見。ボクより速い同年代のランナーさんだ。32km付近で追いつき、そのまま併走することとなる。

一方、1kmあたりのラップは落ち続け、32kmで3'56、ついに33kmのラップが4'05となる。34kmで3'51と持ち直すが、中盤から気になっていた左腰痛から左の臀部の筋肉、さらに左のハムストリングスが痙攣しかかってきた。脚は限界にきつつある。路上では歩いているランナーや脚が痙ったのだろうか、立ち止まっているランナーもいる。とりあえず、完走だけはしなければ・・・・。並走しているN須さんの呼吸もあらい。ボクも踏ん張らなければ!


とうとう38kmから4分オーバーを連発。この時点で40分切りはジ・エンド。目標を40分台と下方修正するものの、ラップの落ち込みはどうすることもできない。ただ、このあたりに来ると福岡市民の方の応援が俄然多くなる。それを励みにとにかく脚を前にやる。

いよいよ、平和台競技場への上り坂が見えてきた。あと少しだ。相変わらず、N須さんとの併走は続いてる。競技場に入った。これで、完走はなんとかできた。もう後はゴールだけ。タイムはもうどうでもいい・・・。早くこの苦痛から解放されたい。でも、最後にN須さんより一足早くゴールを、とスパートを試みるが、逆にN須さんにペースを上げられ、あとは流すのみでゴールとなった。


苦しいレースから解放された瞬間だった。いつものようにコースに一礼。スタッフの方に一礼して、タオルを掛けてもらった。疲れ切った身体にいつもに比べて少しだけ優しく包み込んでくれた感じのしたタオルだった。


05k=18:28
10k=18:22
15k=18:41
20k=18:31

中間1:18'11

25k=18:33
30k=19:16
35k=19:45
40K=20:30
ラスト=09:22

2:41’28


30kmまでは計画通りだった。しかし、後半にその計画が音を立てて崩れてしまった。やっぱり、マラソンは後半、特に30km以降の落ち込みをいかに最小限に抑えるかが成否を分けるのだと改めて痛感した第67回福岡国際マラソンだった。

そして、この後半潰れるパターンは今シーズンの丹後60kmのレースでも淀川フルでもあった。やはり、マラソンの練習は嘘をつかないということか。今シーズンの夏場の走り込みが、昨年ほど納得できるものとなっていなかったことを再び思いだした。

ただ、今回はレースをむかえるにあたって、2年前ほどの意気込みがなかった気がする。たしかに、腰痛や直前の体調管理のミスがあり、テンションが上がりきらなかったが、今年で6回目の参加の大会、少しマンネリ化したきらいがあったような?

F

2月の別府大分毎日マラソンはエントリーしたものの家庭の都合で不参加が確定。今回の記録で2:40を切れなかったので、福岡国際マラソンの参加資格タイムが2:40のままだと来年の大会は角番。もしかして、生涯最後の福岡国際マラソンになるかもしれない。そういう意味ではテンションは上げざるを得ない。おもしろいことになってきたぞ。いよいよ来年が勝負の年だ!


本日は完全休養日!

昨晩は身体がガタガタcoldsweats02。腰から下が言うことをきかない。当然走る気力もなければ、身体も動かなかった。特に左腰、左臀部、左ハムストリングスが酷い。やはり、走りが悪かった時は身体に大きな負担がかかっているのだろう。大きな大会もないことだし、齢も齢だし、しばらくゆっくりして身体を労わってやらねばなぁ。

2013年12月 1日 (日)

第67回 福岡国際マラソン 速報

なんとか完走しました。2:41’28で・・・・。

後半撃沈する今シーズンのパターンを再現したレースでした。

詳細は後日に報告します。疲れましたzzz。

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »