2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ

« 『技術者たちの敗戦』 前間孝則 | トップページ | 大学でお勉強 »

2013年12月12日 (木)

『幸福な生活』 百田尚樹

Photo_2

amazon 紹介文より

「道子さんを殺したのは、私なのよ――」
認知症が進んでから母はよく喋るようになった。
しかし、その話の大半は出鱈目だ。妻は自分がいつ殺されたのと笑うだろう。
施設を見舞うたびに進行していく症状。子どもの頃に父が家出して以来、女手ひとつで自分と弟を育ててくれた母をぼくは不憫に思えてならない。
久しぶりに訪れた実家の庭でぼくは、むかし大のお気に入りだった人形を見つける。
40年ぶりに手にした懐かしい人形。だが、それはおそろしい過去をよみがえらせた……(「母の記憶」より)。サスペンス、ファンタジー、ホラー……、様々な18話の物語、そのすべての最後の1行が衝撃的な台詞になっているという凝った構成。

『永遠の0』『ボックス!』『錨を上げよ』で話題の百田尚樹は長編だけじゃなかった。星新一、阿刀田高、筒井康隆という名手顔負けの掌編小説集を世に送り出した!

長編小説のインパクトが強すぎたので短編は少々物足りない気もするが、よくできた話ばかりだった。

やはり、探偵ナイトスクープの構成作家!ナイトスクープの小ネタ集、みたいな感じだった。じっくり読むのでなく、サッと読んでサッと終わる内容。昼の弁当を食べながら読めるお話???


本日の早朝ジョグ14㎞。

福岡国際マラソンが終わって10日が過ぎた。身体の疲れは徐々に癒えてきた感じがする。腰は相変わらずだが、少しずつましにはなってきているような気がする。

« 『技術者たちの敗戦』 前間孝則 | トップページ | 大学でお勉強 »

読書」カテゴリの記事

コメント

鵞足炎の記録読ませていただきました・・・・
レベルは違っても苦しみは同じ感じですね・・・・

ミヤーンさんはその時でもサブ3ランナーですし、「練習のしすぎ」の何ものでもない
ですが・・・私の場合何もしてないのに・・・・でもやはり原因はスピードです。以前主人と
50mダッシュを何本かした時にも股関節を痛めました。なんせ短距離な走りを
するとダメなんです。でも5K・10Kのレースで痛めたことはないんですけどね・・・・
5Kも10Kも23分・48分と記録で両方キロ5分は切って走っているのに・・・・
そのへんがわからないのですが、練習でTTするとダメみたい・・・・

MRIまで撮ったのには驚きました。私も整形でこれで痛みが治らなければMRIでもっと
詳しく見てもいいかも・・・・と言われましたが、「これで治らなければ」って
何もしてないやんsign02治療なんて!!痛み止め出しただけやんかぁsign03
もう自分でどうにかするしかないなぁ・・・と。
痛みはロキソニンのんでも取れないけど、まぁウォーキングなどして、様子見て・・・
宝塚はダメでも来月12日の武庫川ハーフに間に合えば???
ミヤーンさんの長引きようの記録を見てたら来月でも行けるか?と不安も
ありますが・・・・今でもう1ヶ月はたってますからね・・・・・
しかし・・・おそろるべしMRI・・・・MRIやCTって高すぎですね・・・・

マーチさん

MRIについては医療現場で働くマーチさんですので釈迦に説法という感じですが、痛い出費でした。

練習について一言。
やはりスピード練習は、走力の土台ができてからでないと故障のリスクは高いと思います。まずはゆっくりでもいいので長い距離を走り込める強い脚を作って、スピード練習に移行する方が故障は少なくなると思います。そういう意味では、まずはしっかり走り込んでから次のステップを踏んでみてはどうでしょうか。
極論かもしれませんが、サブ4ならスピード練習にそんなにこだわらなくてもいいかとも思います。インターバルより、ペース走が有効化も。短い距離ならジョグの後に100mぐらいのWS(ウィンド・スプリント)も好いかもしれませんよ。

医療従事者はかなり医療費についてうといんです・・・・
MRIやCTも実際どれくらいかかるかわかってないですからね(^_^;)
ミヤーンさんのコメントで「高いとは聴いてるけどどれくらいなんだろう・・・」と主人と話し、
ミヤーンさんの故障の記録で7000円と見てwobbly驚きました(^_^;)
結構患者さんたちから「手術でこんなにかかった」とか前のカテーテルやったら
こんなに高いねんで・・・とか聞いて驚くという場面は多々あります。
患者の心身の不安と経済面の不安の軽減に勤めていけるように些細なところまでの
勉強をしないといけないなぁ・・・・といつも思います。
経済面の不安はメンタルに直結してますからね、そしてメンタルは体へとつながるので。
色々とコメントありがとうございますm(_ _)mゆっくり治していきます。
今回のことでやはり医者は治せないと痛感しました。
私の大好きな先生が引退の時にこう述べてました。
「患者さんは自分で病気を治していきます。医者はそれをホンの少し手伝うだけです。
『治してる』なんて思ってはいけない」って・・・・本当にそう思います。
この世で一番の名医は自分自身です。20年弱努めて最近は特にそのことを強く感じます。

マーチさん

確かに、お金のことは事務のことですしね。そして、やはりお金のことは重要な問題です。
7000円と聞いて後悔しました。これで保険がきいているんですから、一体総額いくらやねん!って感じでした。

ご指摘のとおり、故障は自分で直していかにと仕方がないと思います。骨折とかねん挫とか患部が目に見えるものならいざ知らず、目に見えないものって結局分からずじまい。安静が一番かもしれませんね。ボクの腰もそんな感じです。別に腫れてるわけでもなく、触ってもどうってことないのですが・・・・。
しかし、いいお医者さんですね!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1347620/54224956

この記事へのトラックバック一覧です: 『幸福な生活』 百田尚樹:

« 『技術者たちの敗戦』 前間孝則 | トップページ | 大学でお勉強 »