2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト
無料ブログはココログ

« 第67回 福岡国際マラソン 速報 | トップページ | 44回目 »

2013年12月 2日 (月)

第67回 福岡国際マラソン 完走記

9時過ぎにホテルを出てレース会場の平和台競技場に向かう。雨が降っている・・・・。今シーズンは9月の丹後、10月の能勢、11月の淀川と雨のレース続き。丹後などは走るかどうか逡巡するぐらいだった、今回はどんな雨でも走るつもりでいた。だが、日ごろの行いか、スタート直前から雨はやみ、風も止み、気温は高くなく低くなく良いコンディションになった。

今回のレースプランはいつも通りの2:40切り。ここ数年の自分の目標。そのための設定ペースはこれまた昨年と同様のタイムにした。

25kmまでは3'45で押していく。それ以降ペースが落ちてくることをふまえて25km~35kmを3'48、35km以降を3'55で走れば40分が切れる。


12:10にスタート。スタート時のロスは6秒ほど。はじめの1kmが3'43なのでまずまずのペース。毎年のことながら驚くほどの大集団。昨年の転倒のこともあるのでなるべく外側を走り、集団の中に入らないように注意する。2kmが3'40、3kmが3'38。依然として大集団は続いている。少し速いかもしれないと思うが、このペースに身体をゆだねることとする。

10kmを越えてから少し脚が重くなってきた。ここは序盤の踏ん張りどころと思い、今いる集団に食らいつく。一庫マラソンでほぼ一緒にゴールしたまんちーさんが少し前に見える。その姿を見て大丈夫だ、と自分に言い聞かせる。

案の定、15km付近で少し楽になってきた。そして、昨年のポイントとなった15km過ぎの給水地点。昨年はここで転倒してしまったので、慎重に給水をする。少々、まごつきながらの給水だったが、なんとかクリアー。昨年の悪い記憶を払拭した。


ハーフの通過が1:18’11。昨年、一昨年とほぼ同じか。25km地点のタイムで設定ペースより50秒ほど貯金ができている。しかし、この辺りから右膝に違和感が・・・。丹後の時も、淀川の時もきた痛みにも似た違和感。しかもこの膝をかばった走りをしたからか、右足の親指のマメが潰れ、右足がしびれてきた。万事休すか?

しかし、まだ40切りの可能性は十分ある。その一方でペースはデッドラインを越えつつあった。25kmを越えてから設定タイムである3'48をオーバーし始めたのだ。26km=3'50、27km=3'50・・・・。

30km地点を通過。まだ1分近くの貯金もある。やがて、折り返し地点をむかえる。3年前は到達することができなかった場所だ。折り返しのコーン(?)にタッチ!その時、少し前にN須さんを発見。ボクより速い同年代のランナーさんだ。32km付近で追いつき、そのまま併走することとなる。

一方、1kmあたりのラップは落ち続け、32kmで3'56、ついに33kmのラップが4'05となる。34kmで3'51と持ち直すが、中盤から気になっていた左腰痛から左の臀部の筋肉、さらに左のハムストリングスが痙攣しかかってきた。脚は限界にきつつある。路上では歩いているランナーや脚が痙ったのだろうか、立ち止まっているランナーもいる。とりあえず、完走だけはしなければ・・・・。並走しているN須さんの呼吸もあらい。ボクも踏ん張らなければ!


とうとう38kmから4分オーバーを連発。この時点で40分切りはジ・エンド。目標を40分台と下方修正するものの、ラップの落ち込みはどうすることもできない。ただ、このあたりに来ると福岡市民の方の応援が俄然多くなる。それを励みにとにかく脚を前にやる。

いよいよ、平和台競技場への上り坂が見えてきた。あと少しだ。相変わらず、N須さんとの併走は続いてる。競技場に入った。これで、完走はなんとかできた。もう後はゴールだけ。タイムはもうどうでもいい・・・。早くこの苦痛から解放されたい。でも、最後にN須さんより一足早くゴールを、とスパートを試みるが、逆にN須さんにペースを上げられ、あとは流すのみでゴールとなった。


苦しいレースから解放された瞬間だった。いつものようにコースに一礼。スタッフの方に一礼して、タオルを掛けてもらった。疲れ切った身体にいつもに比べて少しだけ優しく包み込んでくれた感じのしたタオルだった。


05k=18:28
10k=18:22
15k=18:41
20k=18:31

中間1:18'11

25k=18:33
30k=19:16
35k=19:45
40K=20:30
ラスト=09:22

2:41’28


30kmまでは計画通りだった。しかし、後半にその計画が音を立てて崩れてしまった。やっぱり、マラソンは後半、特に30km以降の落ち込みをいかに最小限に抑えるかが成否を分けるのだと改めて痛感した第67回福岡国際マラソンだった。

そして、この後半潰れるパターンは今シーズンの丹後60kmのレースでも淀川フルでもあった。やはり、マラソンの練習は嘘をつかないということか。今シーズンの夏場の走り込みが、昨年ほど納得できるものとなっていなかったことを再び思いだした。

ただ、今回はレースをむかえるにあたって、2年前ほどの意気込みがなかった気がする。たしかに、腰痛や直前の体調管理のミスがあり、テンションが上がりきらなかったが、今年で6回目の参加の大会、少しマンネリ化したきらいがあったような?

F

2月の別府大分毎日マラソンはエントリーしたものの家庭の都合で不参加が確定。今回の記録で2:40を切れなかったので、福岡国際マラソンの参加資格タイムが2:40のままだと来年の大会は角番。もしかして、生涯最後の福岡国際マラソンになるかもしれない。そういう意味ではテンションは上げざるを得ない。おもしろいことになってきたぞ。いよいよ来年が勝負の年だ!


本日は完全休養日!

昨晩は身体がガタガタcoldsweats02。腰から下が言うことをきかない。当然走る気力もなければ、身体も動かなかった。特に左腰、左臀部、左ハムストリングスが酷い。やはり、走りが悪かった時は身体に大きな負担がかかっているのだろう。大きな大会もないことだし、齢も齢だし、しばらくゆっくりして身体を労わってやらねばなぁ。

« 第67回 福岡国際マラソン 速報 | トップページ | 44回目 »

マラソン結果」カテゴリの記事

コメント

お疲れ様でした。
詳しい話をまた聞かせてください。

お疲れ様でした♫
大分にいながら、福岡国際のTVを見て、夜にミヤーンさんが速報を入れてるはずと
妹のスマホでブログをチェックしました。
本当に難しい・・・・
健康のために始めたランニング・マラソンに一日の半分以上悩まされる
始末で(^_^;)こんなちんけなレベルの私でさえこの状態・・・
ミヤーンさんクラスになるともっと色々シビアになりますよね・・・・
体は本当にいたわってください。
きちんとケア休養です。

ミヤーンさんのランニングを始めたきっかけは何ですか?
私はダイエットのためにウォーキングを初めて、そこから歩いてるだけでは
寒いので走り出しました。

初めてコメントします。

先ずは福岡、本当にお疲れ様でした!

実はかなり前からブログは拝読しておりましたが、あまりにも走力に乖離がありコメントするのも
恐縮しておりました。

猪名川、三ツ塚、篠山で御一緒しているかも!?
後、淀川…。

いつか直接お話出来ればと憧れてます。

当方、走り始めて3年で年齢も四十に近いのですが。
何とかサブ3は達成したいと夢だけ見て、練習全然してません…。

福岡お疲れ様でした。
それと厳しい関門を突破しての完走、そして、40分切りはならなかったものの、
いろいろと不安を抱える中での41分台は立派です。
40分切りという大きな目標はあるものの、市民ランナーゆえにランニングだけに
集中出来ない点、そして加齢もある中、このレベルを維持し続ける事は本当に
至難の業だと思いますよ!
別大は無理でも篠山エントリーしてますよね?福岡で40分切りがだめだったら、
篠山で切りましょう!前から言ってますが、私はどのレースでも40分切りを
目指してますよ!
これからのミヤーンさんの益々のご活躍を祈ってます。

ミヤーンさん、お疲れさまでした。ご自身としては納得のいかない走りだったかもしれませんが、見事に2時間41分台での完走、立派だと思います。かなりの疲労が溜まっていることと思います。心身共にゆっくりされ、回復させて、また次の大会に臨んでください。
私は同じ時間帯に、奈良県山添村におり、第23回山添村布目ダムマラソンの15キロに参加していました。私自身、23回目の参加、つまり皆勤出場している唯一の大会です。結果は1時間5分31秒で昨年よりも約2分タイムが悪くなりましたが、現況の自分としては一杯いっぱいという感じでした。

若大将さん

年末よろしくお願いします。日程調整大丈夫なのかな?

マーチさん

大分から気にかけてくださいありがとうございます。
タイム的にはイマイチでしたが、悔いはありません。
今はホッとしています。

ボクがなぜ走り始めて、マラソンにハマった経緯は話すと長くなりますのでまた別の機会に!

あおむしさん

初めてのコメントありがとうございます。
走力の差なんてあんまり気にしないでください。マラソンっていろんなレベルでの楽しみ方があると思います。ボクも走り始めたころは、サブスリーなんて夢物語だと思っていました。でも、試行錯誤で練習していく中で、よもやのサブスリー!そこから少しずつ記録が伸びて今に至ったきた次第です。

あおむしさんはボクより年齢的に若いと思われますので、サブスリーは夢ではないと思います。もちろん、それ相応の練習と気持ちが必要だと思いますが・・・。運動能力はあまり関係ないですよ。ボクは陸上の経験者でもないですし、スポーツはやっていましたが、ランニングは大っ嫌いなタイプ。そんなボクさえサブスリーができました。是非、あおもしさんもサブスリーのドアをノックしてみてください。

いろんな大会がかぶっているようですので、会場で見かけたときは気軽に声をかけてください。そして、今後とも、このブログを宜しくお願いいたします。

ユニオンさん

今回は、レース前日からり気にかけていただき、そして激励のメールを頂きありがとうございました。
結果的には残念なタイムでしたが、不思議なもので悔しさみたな感情はあまり湧いてこなかったです。齢ですかねぇ?それとも、闘争心がなくなってきかのでしょか?後者だったら、ゆゆしき事態です!どちらかというと、ボクは気持ちで走るタイプですので・・・。

今度はユニオンさんのチャレンジが続きますね!陰ながら応援しています。もしかして、来年ボクは福岡が最後になるかもしれませんが、来年福岡を一緒に走ることができればいいですね。

ユニオンさんのようにどの大会も高い目標をもって走りたいのですが、どうも気持ちにバイアスがかかってしまいます。そういう意味ではユニオンさんの気持ちを見習わなければいけませんね。前述した「気持ちで走るタイプ」と自己矛盾していますね???

今シーズンのマラソンは篠山を残すのみとなってしまいました。

あら25さん

あら25さんもレースお疲れ様でした。ボクはとりあえず終わった、って感じです。ホッとしています。
距離の差はあれ、やはりレースは疲れるものですね。

しかし、23回連続参加ってスゴイですね。記録ものですよ!ボクはそこまで参加している大会は無いのですが、これから走り続けていき歴史を造っていきたいと思います。

あら25さんのフルマラソンは次はいつなんでしょうか?是非、目標を達成してくださいね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1347620/54125976

この記事へのトラックバック一覧です: 第67回 福岡国際マラソン 完走記:

« 第67回 福岡国際マラソン 速報 | トップページ | 44回目 »