2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト
無料ブログはココログ

« 溶連菌恐るべし | トップページ | 退院 »

2013年12月 8日 (日)

『八日目の蝉』 角田光代

41odvnuovvl_bo2204203200_pisitbstic 

amazonn紹介文より

逃げて、逃げて、逃げのびたら、私はあなたの母になれるだろうか…。東京から名古屋へ、女たちにかくまわれながら、小豆島へ。偽りの母子の先が見えない逃亡生活、そしてその後のふたりに光はきざすのか。心ゆさぶるラストまで息もつがせぬ傑作長編。第二回中央公論文芸賞受賞作。

久しぶりに角田さんの著書を読んだ気がする。今まで読んだ角田さんの本とは少し違ったタイプの小説だった。

親子とは何なのか?改めて考えさせられた作品だった。映画化された本だということだが、映画にも興味が出てきた。

一方、舞台の一つとなった小豆島。1度行ったことがあるが、この作品を読んで再び行きたくなった。若いころに行った時とはまた違う印象があるかもしれないなぁ・・・。


本日の早朝ジョグ18km。まだまだだなぁ~。

« 溶連菌恐るべし | トップページ | 退院 »

読書」カテゴリの記事

コメント

八日目の蝉は、NHKでドラマ化され、そのあと映画化もされました。
ドラマはよかったですよ♫映画版はDVDを借りましたがまだ見てないですね(^_^;)

そして!!!!息子さん大変じゃないですかcrying入院だなんて・・・・(><)
お大事にしてあげてくださいm(_ _)m

ミヤーンさんも週末の勉強?頑張ってください!

膝は本当に治らないので、スポーツ外来をやっている整形外科があるので
そこに行ってみます・・・・半月板とか損傷していたらどうしよ・・・・
あまりに走っていないのでしんどいです・・・(^_^;)

マーチさん

ボクはあまりTVを見ない人間なのでNHKは知りませんでしたが、我が家にも妻が借りたDVDがあったような・・・。一度、時間があればと思いますが、中々時間がありません。

大変な週末でした。やっぱり健康が第一ですね。
そういう意味では故障、一度みてもらってください。


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1347620/54186919

この記事へのトラックバック一覧です: 『八日目の蝉』 角田光代:

« 溶連菌恐るべし | トップページ | 退院 »